有島武郎のおすすめランキング

有島武郎のおすすめランキングのアイテム一覧

有島武郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)』や『或る女 (新潮文庫)』や『金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-10)』など有島武郎の全418作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)

850
3.61
有島武郎 2003年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「小さき者へ」 なかなか読みづらい文章ではあったけど、親の愛がひしひしと伝わってきた。幼い子供を残したまま死んでいかなければならない母の気持ち、幼い時に... もっと読む

或る女 (新潮文庫)

450
3.74
有島武郎 1995年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水村美苗さんが影響を受けた本だったか好きな本だったかで挙げていらしたので読まねば!と思って積んであった本をやっと。 前篇は、なかなかストーリーがすすまな... もっと読む

金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-10)

321
3.54
有島武郎 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いしいしんじ「サラマンダー」 割と素直に、若かりし頃の初恋の思い出を今でも大事にしているお祖父ちゃんの話かと思って読んでいましたが、金原さんと森さんの対... もっと読む

小さき者へ・生れ出ずる悩み (岩波文庫)

280
3.68
有島武郎 2004年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題となっている短編2作を収録。 ◆小さき者へ 母親を喪った3人の息子たちへの書簡。 妻を失った悲嘆と子を思う慈愛が混在する力強さと儚さは、吐露... もっと読む

一房の葡萄 他四篇 (岩波文庫)

241
3.57
有島武郎 1988年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5編の短編集。子供向けの童集だが楽しめる。 もっと読む

生れ出づる悩み (集英社文庫)

172
3.28
有島武郎 2009年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確実に表紙だけで買った。← もっと読む

みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル文庫 ん 1-13)

163
3.41
有島武郎 2009年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桜庭一樹さんの「A」が読みたくて手に取りました。「A」は、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの「接続された女」が契機となって書かれた作品らしい。確かに設定... もっと読む

一房の葡萄 (280円文庫)

147
3.71
有島武郎 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一房の葡萄のストーリー・テリングに感動して読んでみました。有島武郎の豊かで品格が高く味わい深いお話に読書の幸せを感じました。280円文庫良いですね。ずっと... もっと読む

カインの末裔/クララの出家 (岩波文庫 緑 36-4)

145
3.36
有島武郎 1980年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「カインの末裔」 北海道の農場で、小作人として働く男 その名を仁右衛門という 身体が大きく、また非常に乱暴で しかも何かと僻みがましい男だった ... もっと読む

一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)

136
3.53
有島武郎 1952年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

随分マセた子どもだったようである、初めて読んだのは6歳のころで、小学校3年生のはじめての読書感想文は「一房の葡萄」だったのです…。最早何を書いたんだか記憶... もっと読む

ものがたりのお菓子箱―日本の作家15人による

127
3.18
谷崎潤一郎 2008年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お菓子箱といっても、かなり大人でビター。 苦い味がいつまでも残ってしまうものものもあるので、寝る前に読むと消化不良を起こす危険アリ。 谷崎潤一郎の一編... もっと読む

百年小説

125
4.20
森鴎外 2008年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100殺!ビブリオバトル No.29 午後の部 第4ゲーム(1班) [チャンプ本!] もっと読む

惜みなく愛は奪う―有島武郎評論集 (新潮文庫)

84
3.44
有島武郎 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人はみな、自分以外の人々や社会情勢に歩調を合わせて生きている エゴを抑え、他者への迎合的な生き方を受け入れることが 社会人としての成熟と信じられている... もっと読む

惜みなく愛は奪う (岩波文庫 緑 36-5)

75
3.47
有島武郎 1980年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かの有名な評論。 筆者は人間において最も上位におくべきものは「本能的生活」であり、本能とはすなわち愛であると言います。 また愛とは相手に何もか... もっと読む

惜みなく愛は奪う (新潮文庫)

57
3.41
有島武郎 1955年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有島武郎『惜しみなく愛は奪う』人間とは、個性とは、愛とは何かを問う有島の評論文。大正時代の文体が色濃く出ていて、言葉を積み重ねて思想を進める書きぶりは重か... もっと読む

カインの末裔 (角川文庫 緑 29-1)

52
3.30

感想・レビュー

青空文庫で読了したので、本棚に登録してある出版社とは違うかも。 主人公の性格や行動は、まるでキリスト教の「七つの大罪」を体現しているみたいだなと思い... もっと読む

生まれ出づる悩み (角川文庫)

47
3.22
有島武郎 1997年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「生れ出づる悩み」というタイトルから何となく太宰のような感じを想像していたのですが、嬉しくも、その期待を裏切られました。北海の海と漁夫の様子が素晴らしく表... もっと読む

贖 (百年文庫)

31
3.50
有島武郎 2011年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

骨 有島武郎 藁草履 島崎藤村 放蕩息子の帰宅 ジッド 島崎藤村とジッドが初。読書したい気持ちじゃない時に読んでしまったのでなんっっにも感じ取れなかった... もっと読む

小さき者へ

30
3.50
有島武郎 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有島武郎の妻が、若くして結核で亡くなってしまう。 母親を亡くしてしまった幼い3人の子供たちへ、父親である有島が強く生きよと後押しする内容だ。 出生... もっと読む

カインの末裔

29
3.57
有島武郎 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久し振りに出会った、「明治プロレタリアートの激烈生活描きました」系作品。舞台は北海道と期間限定小作農。毎回出てくるのは結構なクソ野郎なのだが、なんだかどこ... もっと読む
全418アイテム中 1 - 20件を表示

有島武郎に関連する談話室の質問

ツイートする