有栖川有栖のおすすめランキング

プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖のおすすめランキングのアイテム一覧

有栖川有栖のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)』や『双頭の悪魔 (創元推理文庫)』や『ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)』など有栖川有栖の全521作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)

3899
3.46
有栖川有栖 1994年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

休火山が二百年ぶりに大噴火。 なんともダイナミックなクローズド・サークル。 吊り橋の落下でも、トンネルの落盤事故でも、繋いでいた船が流されたわけで... もっと読む

双頭の悪魔 (創元推理文庫)

3194
3.82
有栖川有栖 1999年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もうほんまに「カン」で犯人を当てるなんてことは卒業しなアカンで〰️。ほやな、ミステリに対する冒涜やったって、今回はとくと反省したわ。 と、いうのも論... もっと読む

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)

3156
3.32
有栖川有栖 1997年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有栖川有栖、やはりすごく読みやすいな。好きです。 『ロシア紅茶の謎』『八角形の罠』のラスト2作が特にワクワクしながら読みました。 短編の物理トリッ... もっと読む

46番目の密室 (講談社文庫)

3147
3.49
有栖川有栖 1995年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

推理小説がひさびさで大変懐かしい感じがした。癖になる感じを思い出した、またよみたい。 もっと読む

孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

3087
3.65
有栖川有栖 1996年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学の長い長い夏休みに仲間と南の島で宝捜し。 これって新婚旅行で世界一周したり、ロケットで宇宙旅行に出かけるよりも魅力的だと思うのは私だけだろうか。 ... もっと読む

スウェーデン館の謎 (講談社文庫)

2708
3.43
有栖川有栖 1998年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 トリックだけよく覚えていました。 でも死体移動のあとがあったかどうかは フェアに教えてもらいたいなと思います。 ネタばれになりかねませんが... もっと読む

ダリの繭 (角川文庫)

2485
3.46
有栖川有栖 1993年12月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

台風で図書館にも行けず、手元にある本を再読中。 有栖川有栖は好きです。特に火村英生シリーズの、男性二人の仲の良さ・・・あーれーは面白い。 だって三... もっと読む

朱色の研究 (角川文庫)

2379
3.41
有栖川有栖 2000年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ロジックも良かったし、アリスの推理小説論も面白かった。朱色とは夕日のことなのですが、冒頭の夕日の描写も印象的でした。  でも、それをすべて持って行... もっと読む

海のある奈良に死す (角川文庫)

2367
3.31
有栖川有栖 1998年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有栖川さんのミステリの魅力は、アリス・火村コンビの掛け合いやロジックはもとより、時折不意に顔を見せる、有栖川さんの知的な面であったり、文学的な雰囲気もある... もっと読む

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)

2292
3.32
有栖川有栖 1999年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016/12/01 蝶々に挟まれた6短編 ブラジル蝶の謎  文化に取り残されたら世界はどう見えるのだろうか? 妄想日記  科学に取り残されたら残るの... もっと読む

英国庭園の謎 (講談社文庫)

2175
3.36
有栖川有栖 2000年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

火村英生と有栖川有栖を主人公とする連作短編集で、どれもトリックを眼目において書かれている。長めの表題作はトリックというより暗号解読という面も強いが、それな... もっと読む

暗い宿 (角川文庫)

2044
3.46
有栖川有栖 2003年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宿にまつわる話を集めた短編集。非常にまとまりが良く、良く読み返す本の一つです。 「暗い宿」「異形の客」でのアリスの自由気ままな行動には憧れます。思い立って... もっと読む

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)

2037
3.48
有栖川有栖 2004年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

火村英生シリーズ。短編集。 黒鳥亭殺人事件···友人の画家の家。前の住人は亡くなったと思われていたが、井戸から発見される。 壺中庵殺人事件···地... もっと読む

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)

2010
3.30
有栖川有栖 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有栖川有栖の作家アリスシリーズ『ペルシャ猫の謎』を読了。短篇7つを収録した、国名シリーズ第5弾(短篇集としては4作目)。 本作は少し異色。火村とアリスが... もっと読む

マレー鉄道の謎 (講談社文庫)

1897
3.52
有栖川有栖 2005年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国名シリーズ第六弾。 旧友の待つ楽園で火村とアリスの二人を出迎えてくれたのはウェルカムドリンク、フルーツならぬウェルカム殺人事件。 密室トレーラーから... もっと読む

スイス時計の謎 (講談社文庫)

1806
3.50
有栖川有栖 2006年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家アリスと火村の国名シリーズ。 短中編4編収録。 この短編集の中では、やはり表題の「スイス時計の謎」が一番好き。 推理物としてよくできているの... もっと読む

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

1576
3.56
有栖川有栖 2009年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたかった作家アリスシリーズの1冊目。 悩んで新装版を読むことにしたが、あとがきと解説が旧版と新装版の両方読めてお得だったと思う。 事件発生までの導入... もっと読む

マジックミラー (講談社文庫)

1464
3.33

感想・レビュー

有栖川有栖の『マジックミラー』を読了。初期のノンシリーズ作品。 この作品には、オレが苦手と同時に嫌いでもある時刻表トリックが使われている。これまでミステ... もっと読む

モロッコ水晶の謎 (講談社文庫)

1423
3.42
有栖川有栖 2008年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

間に挟まれた掌編「推理合戦」が良いね。表題のモロッコ水晶も、この逆説的なというか逆転のというか「ゆえに、〜である」がとても面白かった。 もっと読む

女王国の城 (創元クライム・クラブ)

1402
3.72

感想・レビュー

久々の学生アリス。舞台がバブル崩壊直前というところに驚く。そうだった。 もっと読む
全521アイテム中 1 - 20件を表示

有栖川有栖の関連サイト

有栖川有栖に関連する談話室の質問

ツイートする