有栖川有栖のおすすめランキング

プロフィール

1959年大阪生まれ。同志社大学法学部卒業。89年「月光ゲーム」でデビュー。「マレー鉄道の謎」で日本推理作家協会賞を受賞。「本格ミステリ作家クラブ」初代会長。著書に「暗い宿」「ジュリエットの悲鳴」「朱色の研究」「絶叫城殺人事件」など多数。

「2021年 『こうして誰もいなくなった』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有栖川有栖のおすすめランキングのアイテム一覧

有栖川有栖のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)』や『双頭の悪魔 (創元推理文庫)』や『ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)』など有栖川有栖の全577作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)

4542
3.47
有栖川有栖 1994年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて読む有栖川有栖さんの作品 登山先の山で土砂崩れが起き、宿泊者の中に殺人鬼が現れるクローズドサークル。 噴火が始まる非常事態の中で起こる殺人、犯人は... もっと読む

双頭の悪魔 (創元推理文庫)

3665
3.84
有栖川有栖 1999年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

圧巻の一冊。 今回の舞台は山間の過疎地木更村。 しかも豪雨で完全孤立に。 そんな折、村と対岸で起きたまさかのダブル殺人事件。 二つに繋がりはあるのか高... もっと読む

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)

3652
3.34
有栖川有栖 1997年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めての有栖川有栖作品。てっきり女性だと勝手に思い込んでいた。作品中に作者が語り手として登場するスタイルだったが、あくまでも助手として控えめな立ち位置が良... もっと読む

孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

3534
3.68
有栖川有栖 1996年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

叫びたくなる一冊。 舞台は夏の日差しと青春の眩しさに包まれた南の海の孤島。 バカンス気分で謎解きへ。 早速起きた滞在客二人が亡くなる事件。 限られた犯... もっと読む

46番目の密室 (講談社文庫)

3331
3.49
有栖川有栖 1995年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家アリスシリーズの1作目。 推理作家と犯罪学者のコンビ。 アリスがクリスマスパーティーに呼ばれ、そこで事件が起こる。 外見は楽しそうに振舞っていて... もっと読む

スウェーデン館の謎 (講談社文庫)

3093
3.45
有栖川有栖 1998年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新作の取材旅行で雪国にやってきたアリスは、泊っている宿泊施設【サニーデイ】の主から聞かされた【スウェーデン館】を訪ねた。そこは童話作家の乙川リュウの住まう... もっと読む

ダリの繭 (角川文庫)

2870
3.46
有栖川有栖 1993年12月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021.10.15読了 犯罪学者火村先生と推理作家有栖川有栖のコンビ探偵。 ドラマから入ったのですが、雰囲気や世界観はそのまま。 ワープロ、固定電話... もっと読む

海のある奈良に死す (角川文庫)

2665
3.32
有栖川有栖 1998年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有栖川さんのミステリの魅力は、アリス・火村コンビの掛け合いやロジックはもとより、時折不意に顔を見せる、有栖川さんの知的な面であったり、文学的な雰囲気もある... もっと読む

朱色の研究 (角川文庫)

2664
3.41
有栖川有栖 2000年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

’21年11月4日、読了。KindleUnlimitedで。本当に久々に読んだ、有栖川有栖さんの、長編。 楽しかった…もう、ただそれだけ、それ位、有栖川... もっと読む

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)

2629
3.33
有栖川有栖 1999年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国名シリーズの短篇集、6篇。 表題作は〝ブラジル蝶の謎〟だが、〝蝶々がはばたく〟が強く印象に残った。 もっと読む

英国庭園の謎 (講談社文庫)

2471
3.37
有栖川有栖 2000年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

火村英生と有栖川有栖を主人公とする連作短編集で、どれもトリックを眼目において書かれている。長めの表題作はトリックというより暗号解読という面も強いが、それな... もっと読む

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)

2322
3.49
有栖川有栖 2004年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家アリスシリーズの6編からなる短編集。 テーマは「夜」と「建物」。 殺人事件じゃないのも多い。 1番のお気に入りは表題にもなっている絶叫城殺人事件... もっと読む

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)

2308
3.30
有栖川有栖 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまでの火村&アリスシリーズとは違う描かれ方。好き嫌いは別として、斬新! そして、猫好きさんにお薦めしたい。 〝切り裂きジャックを待ちながら〟〝猫と雨... もっと読む

暗い宿 (角川文庫)

2290
3.47
有栖川有栖 2003年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宿にまつわる話を集めた短編集。非常にまとまりが良く、良く読み返す本の一つです。 「暗い宿」「異形の客」でのアリスの自由気ままな行動には憧れます。思い立って... もっと読む

マレー鉄道の謎 (講談社文庫)

2194
3.54
有栖川有栖 2005年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

火村&アリスシリーズ、やはり長篇が面白い! 学生時代の友人・大龍も登場し、本篇とは別の3人の思い出話も楽しい。 3分の2を過ぎた位から、物語が加速してい... もっと読む

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

2129
3.58
有栖川有栖 2009年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家アリスシリーズ1作目。軽快な語り口のおかげか、とても読みやすくあっという間に読了。 作中に出てくる曲も気になってネットで調べたらYouTubeにあった... もっと読む

スイス時計の謎 (講談社文庫)

2105
3.51
有栖川有栖 2006年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロジックを重視した謎解きの短編集。表題が謎は単純だが本格派としてはいい出来かも。スイス時計のことに頭を集中させればいい。まあ、結構分かってしまったんだけど... もっと読む

モロッコ水晶の謎 (講談社文庫)

1673
3.43
有栖川有栖 2008年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルになっている〝モロッコ水晶の謎〟をはじめ、予言(予告)モノを集めたのかな?という印象。読後すっきりではないのだけれど、実際は割り切れないことの方が... もっと読む

マジックミラー (講談社文庫)

1558
3.34

感想・レビュー

双子の兄弟のうち、兄と結婚した女性の遺体が湖畔の別荘で発見された。その時兄弟には2人とも県外出張のアリバイがあったが、次にはなんと、同じ別荘でこの兄弟のど... もっと読む

白い兎が逃げる (光文社文庫)

1469
3.44
有栖川有栖 2007年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家アリスシリーズの4作からなる中編小説。 大阪がメインで話が進む。 有栖川氏は作中で女性を大切にする作家さんだなと感じた。 もっと読む
全577アイテム中 1 - 20件を表示

有栖川有栖のおすすめ記事

有栖川有栖に関連する談話室の質問

ツイートする
×