服部まゆみのおすすめランキング

プロフィール

1948年生まれ。版画家。日仏現代美術展でビブリオティック・デ・ザール賞受賞。『時のアラベスク』で横溝正史賞を受賞しデビュー。著書に『この闇と光』、『一八八八 切り裂きジャック』(角川文庫)など。

「2019年 『最後の楽園 服部まゆみ全短編集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

服部まゆみのおすすめランキングのアイテム一覧

服部まゆみのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『この闇と光 (角川文庫)』や『この闇と光 (角川文庫)』や『一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)』など服部まゆみの全64作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

この闇と光 (角川文庫)

3323
3.79
服部まゆみ 2014年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとメルヘンの世界が長過ぎるんとちゃうの? どう繋がっていくのかと… 少しイライラ… 大どんでん返しと言えばそうやけど、たまに、こんな事件あるな。 こ... もっと読む

この闇と光 (角川文庫)

794
3.92
服部まゆみ 2001年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わると、タイトルから意外と深いなと感じる作品。この闇と光。 文章表現がとても綺麗で、主人公が感じているものがとても美しく思える。 話の展開は前半は耽... もっと読む

一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)

627
3.87
服部まゆみ 2015年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

彷徨い燃え尽きた…。 一八八八年、この時代の英国を舞台に、実在した人物を絡めながら描く切り裂きジャック事件物語。 あぁ、長い船旅を終えた気分。渡英しまた... もっと読む

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

364
3.42
赤川次郎 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無題 京極 夏彦★★★ キンダイチ先生の推理 有栖川 有栖★★★★ 愛の遠近法的倒錯 小川 勝己★★★★★ ナマ猫邸事件 北森 鴻★★★... もっと読む

この闇と光 (角川書店新本格ミステリー書き下ろし)

337
3.74

感想・レビュー

お噂はかねがねだったのですが、やっと手に取れました。 服部先生作品は初めて読みましたが、わりとオチをぼかして書かれるタイプなんだな…。 意外とトリックとか... もっと読む

罪深き緑の夏 (河出文庫)

295
3.62
服部まゆみ 2018年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「この闇と光」がめちゃくちゃ好みだったので買い集めてた本。ようやく読破。 読み始めればあっという間。これも好きな世界観だった。 決して大声で奨める類の本で... もっと読む

恐怖 角川ホラー文庫ベストセレクション

230
3.33
宇佐美まこと 2021年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

角川ホラー文庫ベストセレクションのアンソロジー。 小松左京の「骨」は既読でしたが、久々に読んでも怖いと思った。震災の後の大洪水というくだりが東日本の震災... もっと読む

レオナルドのユダ (角川文庫)

229
3.62
服部まゆみ 2006年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分厚いからおもしろくないと辛いな…と思いながら読んだら、とてもおもしろかったので読み終わるのがあっという間でした。 万能レオナルドダヴィンチを軸とした弟... もっと読む

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲

216
3.37

感想・レビュー

金田一耕助シリーズ(横溝正史)のパロディ作品を9人の作家(赤川次郎/有栖川有栖/小川勝巳/北森鴻/京極夏彦/栗本薫/柴田よしき/菅浩江/服部まゆみ)が著作... もっと読む

皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

209
4.53
皆川博子 2018年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編やインタビューや、皆川作品を愛する多くの小説家や編集者たちの寄稿文など。 皆川博子さんにまつわる色々が詰まっていて、これは堪らない。 読みながら、... もっと読む

一八八八切り裂きジャック (角川文庫)

208
3.85

感想・レビュー

前々世紀末の大英帝国ときたらもう飛びつくしかないし。Jack the Ripper、Elephant Man・・霧がたちこめる妖しき魔都あぁロンドン。この... もっと読む

シメール (河出文庫)

204
4.26
服部まゆみ 2019年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『この闇と光』が良かったので、他の服部まゆみさん作品を探し、美少年と聞いてこちらを読みました。 若くして美大の教授となりテレビでも人気の片桐教授。事故に... もっと読む

最後の楽園: 服部まゆみ全短編集

186
3.76
服部まゆみ 2019年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁に惹かれ著者初読み。あえてよく知らないまま読んで良かった。ホラーにもミステリー にも著者のゴシック的雰囲気とノスタルジーと笑いの要素がちりばめられてい... もっと読む

この闇と光 (角川文庫)

180
3.82
服部まゆみ 電子書籍 2014年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どう落とすのかと思いながら読んだ。なるほどそうでしたかとは思ったが、驚きは弱かった。 もっと読む

シメール

177
3.76
服部まゆみ 2000年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙の印象が強くてこの本の世界は真っ白なイメージ もっと読む

時のアラベスク (角川文庫)

126
3.17

感想・レビュー

最近続けて読んでいる服部まゆみさんの デビュー作で、横溝正史賞を受賞した作品。 新進作家を巡ってロンドン、ブリュージュ、 パリ、東京と次々と事件が起こる... もっと読む

一八八八 切り裂きジャック (クイーンの13)

95
3.67

感想・レビュー

期限迫って急いで読んだ。勿体無い。 服部さん初めて。全部読みたい。 その流れでこれも読み直したい。 もっと読む

罪深き緑の夏 (角川文庫)

92
3.61

感想・レビュー

『罪深き緑の夏』というタイトルと、天野喜孝氏のイラストが鮮やかなカバー。そして、著者は服部まゆみ。これだけでも、一体どんな耽美な物語が待ち受けているのか、... もっと読む

レオナルドのユダ

85
3.68

感想・レビュー

イタリア・ルネサンスの天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519年)の後半生に、貴族の御曹司フランチェスコとその従者ジョバンニ、レオナルドの才... もっと読む
全64アイテム中 1 - 20件を表示

服部まゆみに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×