服部まゆみのおすすめランキング

プロフィール

1948年生まれ。版画家。日仏現代美術展でビブリオティック・デ・ザール賞受賞。『時のアラベスク』で横溝正史賞を受賞しデビュー。著書に『この闇と光』、『一八八八 切り裂きジャック』(角川文庫)など。

「2019年 『最後の楽園 服部まゆみ全短編集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

服部まゆみのおすすめランキングのアイテム一覧

服部まゆみのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『この闇と光 (角川文庫)』や『この闇と光 (角川文庫)』や『一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)』など服部まゆみの全56作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

この闇と光 (角川文庫)

1930
3.77
服部まゆみ 2014年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある国の王であった父親が失脚し、 森の中の別荘に囚われた盲目の姫レイア。 父親と召使いのダフネ、そして父が語り聞かせてくれる美しい物語だけが、レイアの... もっと読む

この闇と光 (角川文庫)

728
3.93
服部まゆみ 2001年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わると、タイトルから意外と深いなと感じる作品。この闇と光。 文章表現がとても綺麗で、主人公が感じているものがとても美しく思える。 話の展開は前半は耽... もっと読む

一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)

451
3.82
服部まゆみ 2015年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

彷徨い燃え尽きた…。 一八八八年、この時代の英国を舞台に、実在した人物を絡めながら描く切り裂きジャック事件物語。 あぁ、長い船旅を終えた気分。渡英しまた... もっと読む

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

326
3.44
赤川次郎 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無題 京極 夏彦★★★ キンダイチ先生の推理 有栖川 有栖★★★★ 愛の遠近法的倒錯 小川 勝己★★★★★ ナマ猫邸事件 北森 鴻★★★... もっと読む

この闇と光 (角川書店新本格ミステリー書き下ろし)

301
3.72

感想・レビュー

103:読んでいてすごく不安になる本。ミステリ、というと違うけど、読者の立ち位置というか先入観がどんどん否定され、どこへ行くんだろうという手探り感に翻弄さ... もっと読む

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲

204
3.37

感想・レビュー

金田一耕助シリーズ(横溝正史)のパロディ作品を9人の作家(赤川次郎/有栖川有栖/小川勝巳/北森鴻/京極夏彦/栗本薫/柴田よしき/菅浩江/服部まゆみ)が著作... もっと読む

一八八八切り裂きジャック (角川文庫)

199
3.86

感想・レビュー

<あらすじ> は一八八八年、大英帝国の首都ロンドン。「切り裂きジャック」と呼ばれる謎の殺人者による連続殺人事件が、街中を恐怖に陥れていた。医学留学生として... もっと読む

シメール

167
3.75

感想・レビュー

表紙の印象が強くてこの本の世界は真っ白なイメージ もっと読む

罪深き緑の夏 (河出文庫)

167
3.63
服部まゆみ 2018年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語も表紙も美しい もっと読む

レオナルドのユダ (角川文庫)

159
3.53
服部まゆみ 2006年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分厚いからおもしろくないと辛いな…と思いながら読んだら、とてもおもしろかったので読み終わるのがあっという間でした。 万能レオナルドダヴィンチを軸とした弟... もっと読む

皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

134
4.69
皆川博子 2018年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「本の雑誌」7月号で、日下三蔵氏が「小説の女王の巨大な山脈」と題して「皆川博子の十冊」を紹介している。おお、なんてタイムリーな(私には)企画、最近読んだ初... もっと読む

時のアラベスク (角川文庫)

112
3.19

感想・レビュー

最近続けて読んでいる服部まゆみさんの デビュー作で、横溝正史賞を受賞した作品。 新進作家を巡ってロンドン、ブリュージュ、 パリ、東京と次々と事件が起こる... もっと読む

かなわぬ想い―惨劇で祝う五つの記念日 (角川ホラー文庫)

107
3.38

感想・レビュー

かなわぬ想い~惨劇で祝う五つの記念日~ ・・・もう、タイトルからして怖いよね。。。 更に、女性作家によるアンソロジー。 今邑彩、小池真理子、... もっと読む

シメール (河出文庫)

106
4.05
服部まゆみ 2019年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こうなる以外はあり得ないなという完璧なオチ。 美少年に魅せられた男の物語と聞いて、『ヴェニスに死す』を思わずにいられないが、『ヴェニスに死す』では主人公自... もっと読む

最後の楽園: 服部まゆみ全短編集

105
3.91
服部まゆみ 2019年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が逝去してかなり経っているので、新しい本が出たのは嬉しかった。 様々なジャンルの短編、中編が盛りだくさんに入った豪華な本。装丁も美しい。 ミステリ... もっと読む

一八八八 切り裂きジャック (クイーンの13)

91
3.59

感想・レビュー

期限迫って急いで読んだ。勿体無い。 服部さん初めて。全部読みたい。 その流れでこれも読み直したい。 もっと読む

罪深き緑の夏 (角川文庫)

87
3.63

感想・レビュー

『罪深き緑の夏』というタイトルと、天野喜孝氏のイラストが鮮やかなカバー。そして、著者は服部まゆみ。これだけでも、一体どんな耽美な物語が待ち受けているのか、... もっと読む

レオナルドのユダ

81
3.67

感想・レビュー

イタリア・ルネサンスの天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519年)の後半生に、貴族の御曹司フランチェスコとその従者ジョバンニ、レオナルドの才... もっと読む

この闇と光 (角川文庫)

74
3.73
服部まゆみ 電子書籍 2014年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Kindle Unlimitedで読了。 耽美とか幻想文学とか、私にはよくわからないのだけれど、この作品も含まれるのなら、結構好きな分野なのかもしれない... もっと読む

黒猫遁走曲 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)

62
3.12

感想・レビュー

本作は有栖川氏の『ダリの繭』同様、角川ミステリ・コンペティションの参加作品で文庫書下ろしで刊行された作品。 一読して驚くのは、非常に読みやすい文体と内容... もっと読む
全56アイテム中 1 - 20件を表示

服部まゆみに関連する談話室の質問

ツイートする