服部まゆみのおすすめランキング

プロフィール

1948年生まれ。版画家。日仏現代美術展でビブリオティック・デ・ザール賞受賞。『時のアラベスク』で横溝正史賞を受賞しデビュー。著書に『この闇と光』、『一八八八 切り裂きジャック』(角川文庫)など。

「2018年 『罪深き緑の夏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

服部まゆみのおすすめランキングのアイテム一覧

服部まゆみのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『この闇と光 (角川文庫)』や『この闇と光 (角川文庫)』や『一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)』など服部まゆみの全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

この闇と光 (角川文庫)

1437
3.77
服部まゆみ 2014年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある国の王であった父親が失脚し、 森の中の別荘に囚われた盲目の姫レイア。 父親と召使いのダフネ、そして父が語り聞かせてくれる美しい物語だけが、レイアの... もっと読む

この闇と光 (角川文庫)

706
3.93
服部まゆみ 2001年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わると、タイトルから意外と深いなと感じる作品。この闇と光。 文章表現がとても綺麗で、主人公が感じているものがとても美しく思える。 話の展開は前半は耽... もっと読む

一八八八 切り裂きジャック (角川文庫)

375
3.80
服部まゆみ 2015年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『この闇と光』に続き、服部まゆみの絶版文庫が復刻!こちら2002年に文庫化、元の単行本は1996年の出版なのでおよそ20年近く前の作品になりますが、舞台に... もっと読む

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)

297
3.45
赤川次郎 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無題 京極 夏彦★★★ キンダイチ先生の推理 有栖川 有栖★★★★ 愛の遠近法的倒錯 小川 勝己★★★★★ ナマ猫邸事件 北森 鴻★★★... もっと読む

この闇と光 (角川書店新本格ミステリー書き下ろし)

288
3.73
服部まゆみ 1998年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

103:読んでいてすごく不安になる本。ミステリ、というと違うけど、読者の立ち位置というか先入観がどんどん否定され、どこへ行くんだろうという手探り感に翻弄さ... もっと読む

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲

196
3.37
赤川次郎 2002年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金田一耕助シリーズ(横溝正史)のパロディ作品を9人の作家(赤川次郎/有栖川有栖/小川勝巳/北森鴻/京極夏彦/栗本薫/柴田よしき/菅浩江/服部まゆみ)が著作... もっと読む

一八八八切り裂きジャック (角川文庫)

190
3.86
服部まゆみ 2002年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<あらすじ> は一八八八年、大英帝国の首都ロンドン。「切り裂きジャック」と呼ばれる謎の殺人者による連続殺人事件が、街中を恐怖に陥れていた。医学留学生として... もっと読む

シメール

159
3.77
服部まゆみ 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙の印象が強くてこの本の世界は真っ白なイメージ もっと読む

レオナルドのユダ (角川文庫)

128
3.45
服部まゆみ 2006年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

復刻版ということで。京都の書店さんでしか買えないのかしら?そんなことはないと思うけど。 かの天才、レオナルド・ダ・ヴィンチにまつわる人物たちの群像劇。ある... もっと読む

罪深き緑の夏 (河出文庫)

103
3.68
服部まゆみ 2018年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつものように、何かないかなぁと入った、乗換駅ナカの本屋さんで平積みになっていて、表紙に惹かれ手に取ると、服部まゆみ!? あらすじも金額も確認せずに即購... もっと読む

時のアラベスク (角川文庫)

100
3.15
服部まゆみ 1990年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近続けて読んでいる服部まゆみさんの デビュー作で、横溝正史賞を受賞した作品。 新進作家を巡ってロンドン、ブリュージュ、 パリ、東京と次々と事件が起こる... もっと読む

かなわぬ想い―惨劇で祝う五つの記念日 (角川ホラー文庫)

94
3.37
今邑彩 1994年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「記念日」と「かなわぬ想い」をテーマにしたホラーアンソロジー。そうそうたる女流作家陣によるじっとりとした短編揃い。 服部まゆみの「雛」が好き。乱歩へのオ... もっと読む

皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

87
4.56
皆川博子 2018年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

皆川博子のファンブック!ムック本なのに単行本風の装幀で凝っている。中身は大きく分けて三部構成。一部はご本人の短篇、エッセイからのセレクトと、最新ロングイン... もっと読む

一八八八 切り裂きジャック (クイーンの13)

84
3.69
服部まゆみ 1996年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

期限迫って急いで読んだ。勿体無い。 服部さん初めて。全部読みたい。 その流れでこれも読み直したい。 もっと読む

罪深き緑の夏 (角川文庫)

81
3.66
服部まゆみ 1991年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『罪深き緑の夏』というタイトルと、天野喜孝氏のイラストが鮮やかなカバー。そして、著者は服部まゆみ。これだけでも、一体どんな耽美な物語が待ち受けているのか、... もっと読む

レオナルドのユダ

74
3.64
服部まゆみ 2003年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6/18 読了。 もっと読む

ラ・ロンド―恋愛小説

56
3.15
服部まゆみ 2007年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目の「父のお気に入り」が特に好み。美貌の女優と付き合いつつ、冴えない元同級生に蔑みながらちょっかいを出すというのがリアル。うなじに惹かれた、というのも... もっと読む

黒猫遁走曲 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)

54
3.14
服部まゆみ 1993年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本作は有栖川氏の『ダリの繭』同様、角川ミステリ・コンペティションの参加作品で文庫書下ろしで刊行された作品。 一読して驚くのは、非常に読みやすい文体と内容... もっと読む

ハムレット狂詩曲 (光文社文庫)

52
3.36
服部まゆみ 2000年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

劇場のこけら落とし公演の演出に 招かれた曰く付きの演出家の復讐劇。 途中までは少し退屈に思えたが、 終盤は急展開で一気に面白くなった。 予想外の結末には... もっと読む

罪深き緑の夏

50
3.84
服部まゆみ 1988年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初から最後まで、何が真実で何が嘘なのか分からなくなる。 もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示

服部まゆみに関連する談話室の質問

ツイートする