望月哲男のおすすめランキング

プロフィール

1951年生 
東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専門課程(博士課程)単位取得退学 文学修士 
中央学院大学特任教授・北海道大学名誉教授
『ロシア語対訳 名場面でたどる「罪と罰」』(NHK出版、2018年)
(翻訳)
フョードル・ドストエフスキー(望月哲男訳)
『白痴1-3』(河出文庫、2010年)

「2021年 『ドストエフスキー 表象とカタストロフィ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

望月哲男のおすすめランキングのアイテム一覧

望月哲男のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)』や『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)』や『アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)』など望月哲男の全59作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

824
4.09

感想・レビュー

古典っておろそかにできないと実感。 要約すれば単なる不倫小説となってしまうけれど、そんなことはない。人間心理のカタログをめくる楽しみもあり、また、春... もっと読む

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

673
3.88
トルストイ 2006年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学の凄まじさ。どちらの作品も、強烈激烈な、恐怖にも似た感動に震える。 ある人にとってはとても危険な本である。とにかくトルストイの恐ろしさと素晴らしさに敬... もっと読む

アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

471
4.07

感想・レビュー

トルストイという作家が怖くなっている。 どうしてここまで人間心理がわかっているのか。 リョーヴィンの、キティと結婚したいのにそれが叶わないがゆえに... もっと読む

アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

443
4.12

感想・レビュー

第2巻のレビューすらまだ書いてないのに読み終わってしまった。 共に難産と自殺未遂から復活したアンナ&ヴロンスキーのカップルがイタリアへ不倫旅行し芸術を楽し... もっと読む

アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)

433
4.27

感想・レビュー

モスクワへ移ったリョーヴィン夫妻。臨月を迎えたキティはみんなからあたたかく見守られながら幸せな気分で妊婦生活を満喫している。 一方のリョーヴィンはいよい... もっと読む

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)

406
3.62

感想・レビュー

ナラティヴ関係でよく言及されるバフチン。 昔、山口昌男さんが、ブフチンについて語っていたな、とぼんやりと思い出しつつ、読んでみた。 「ポリフォ... もっと読む

青い脂

404
3.76

感想・レビュー

昨年、プロ・アマ問わず海外文学を好む人々の間で「すごい!」と話題になった本。これを読まないと2012年は終わらない!と思っていたのですが、だらだらと今まで... もっと読む

戦争と平和1 (光文社古典新訳文庫)

268
4.18

感想・レビュー

いやー長かった。今年の1月から読み始めて約4か月、文庫本にして3000ページ超えの大長編をようやく読み終えた。実は私、恥ずかしながら本作のことを小説である... もっと読む

青い脂 (河出文庫)

251
3.91

感想・レビュー

1999年に出版された ロシアの作家ウラジーミル・ソローキンの長編SF小説。 2068年、酷寒の地に建つ遺伝子研(GENLABI)18に、 七人... もっと読む

白痴 1 (河出文庫)

245
4.20

感想・レビュー

 小説を読み始めた頃、それこそ白痴のように読み漁ったドストエフスキーの長編小説。中でも白痴は一番好きだったので、新訳が出ていてとても嬉しかった。  ムイ... もっと読む

死の家の記録 (光文社古典新訳文庫)

178
3.86

感想・レビュー

作家、ドストエフスキーが体験した『シベリア抑留』を基にして描かれた小説で、規格外の囚人たちに囲まれる作者の分身の孤独さと、「地獄の沙汰も金次第」という身も... もっと読む

白痴 2 (河出文庫)

164
3.98

感想・レビュー

この巻(第2部~第3部7まで)は本当に何が何やらわからないことだらけ。まず第1部から6ヶ月の時間が開いて突然第2部が幕を開ける。この間あったことは極めて大... もっと読む

アンナ・カレーニナ 1 (光文社古典新訳文庫)

163
4.20
トルストイ 電子書籍 2008年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トルストイの大作。あまり小説は読まないのだが、野口悠紀雄氏の『だから古典は面白い』の中で紹介されていた一冊であり、とりあえず手に取ってみた。 面白い。登場... もっと読む

白痴 3 (河出文庫)

148
4.13

感想・レビュー

ドストエフスキー(1821-1881)の後期五大長編のうち『罪と罰』に続く二作目、1868年。『罪と罰』がラスコーリニコフらにより思弁的な哲学議論が展開さ... もっと読む

ロマン〈1〉 (文学の冒険)

142
4.00

感想・レビュー

こてこての近代ロシア文学風を通した上巻。裏表紙に「スプラッターノベル」ときっちり書いてあり、ロシアの自然や人々の美しさをこれでもかと歌い上げているのはフリ... もっと読む

スペードのクイーン/ベールキン物語 (光文社古典新訳文庫)

110
3.29
プーシキン 2015年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

200年近く昔の作品とは思えないくらいおもしろい。 特に短編5篇からなるベールキン物語の中の『吹雪』のプロットが、近年の映画でよくあるように、時間軸が行... もっと読む

戦争と平和2 (光文社古典新訳文庫)

108
4.13
トルストイ 2020年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1部第3編と第2部第1~2編を収録。戦場から戻ったアンドレイとニコライ、遺産相続後のピエールの苦悩。 ボルコンスキー家における求婚騒動では、マリヤ... もっと読む

ロマン〈2〉 (文学の冒険)

91
4.04

感想・レビュー

スカトロと殺戮が様式美の域にまで高められてもう神々しい。 ソローキンの破壊衝動は毎回気分が悪くなるくらいなのだが何故か心魅かれてしまうんだよなあ。他の作品... もっと読む

戦争と平和3 (光文社古典新訳文庫)

88
4.40

感想・レビュー

結ばれた恋人たちを待つ、思いがけない試練。 幻滅から再び立ち上がる若者たち。 戦争はまだ、終わっていない。 いくつもの「その後」と「予感」が休みなく紡ぎ... もっと読む

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

87
4.06
トルストイ 電子書籍 2006年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間描写が深く面白いのだがテーマが重い。 もっと読む
全59アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×