朝井リョウのおすすめランキング

プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

朝井リョウの関連サイト

朝井リョウのおすすめランキングのアイテム一覧

朝井リョウのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)』や『何者』や『何者 (新潮文庫)』など朝井リョウの全149作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

9029
3.40
朝井リョウ 2012年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.9.5 読了。 ・桐島は、出てこないのかーい。と突っ込みたくなる作品。登場人物たちの楽しみや立場や苦悩などが描かれていて、面白い。自分にもこんな年... もっと読む

何者

7700
3.87
朝井リョウ 2012年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「就活の頃の話を聞かせて」と言われたら、ひたすら遠い目をして語るしかない私でも あの頃こしらえた傷のかさぶたをじわじわ剥がされるようで、こんなに苦しくな... もっと読む

何者 (新潮文庫)

5876
3.89
朝井リョウ 2015年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

痛い、いたい、イタイ…。読みながらずっとキリキリヒリヒリ。読み終わった時やっと楽になれた。凄い作品だった。 膨大な量のEC、正解のない面接、駆け引き... もっと読む

桐島、部活やめるってよ

3852
3.30
朝井リョウ 2010年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朝井リョウさん、直木賞おめでとうございます! わずか数年前は、雨の中、水を吸い尽くしたバスローブ姿で仲間と公道を行進し 青函トンネルを一般車両もすいす... もっと読む

最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

2490
3.26
朝井リョウ 2012年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男性作家7人の競作アンソロジー。 忘れられない恋の話。 「最後の恋」というテーマにぴったりとは限らないけれど~ いろいろな味を楽しめるという点ではお... もっと読む

世界地図の下書き

2383
3.58
朝井リョウ 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小さい頃に住んでいたマンションの別の階に、夏休みになるとやってくる三姉弟がいて、同じ年頃だったので、会えば一緒に話したり遊んだりしていた。ところが彼ら、三... もっと読む

もういちど生まれる (幻冬舎文庫)

2049
3.79
朝井リョウ 2014年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりにも瑞々しい感性で、20歳前後のあのひりひりした時代を書き起こしていて、胸がぎゅっと締め付けられました。 若さ特有の焦燥感だとか、自分が「何者か」... もっと読む

時をかけるゆとり (文春文庫)

1967
4.14
朝井リョウ 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすが、朝井リョウ最強です。テレビでの発言も凄く独特で面白いのが、この本の中でも炸裂してますね。 作者紹介を自分でするところから、やられました。 ... もっと読む

武道館

1932
3.46
朝井リョウ 2015年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ASAYAN』に熱中したつんく♂さん好きの著者が描いたのは、武道館を目指して駆け抜けたアイドルグループの物語。 炎上、白熱、恋愛禁止、卒業・・・確実の... もっと読む

少女は卒業しない

1848
3.77
朝井リョウ 2012年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“伸ばした小指のつめはきっと、春のさきっぽにもうすぐ届く。” 最初の一文を読んだ瞬間から「ああ、これ好きだ」と思った。 廃校が決まった高校の卒業式... もっと読む

学生時代にやらなくてもいい20のこと

1679
4.04
朝井リョウ 2012年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何を隠そう、私の住む町は100キロハイクの通り道だ。 数日前からこのエッセイを読み始め、「この100キロハイクって抽選なの!?」なんて軽く驚いたりしつつ... もっと読む

もういちど生まれる

1606
3.63
朝井リョウ 2011年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

苦手な仕事に疲れ切った帰り道、ふと見つけたケーキ屋さんのショーケースの中で 煌めきながら、おいでおいで♪ と手招きしているケーキやタルトのように (ああ、... もっと読む

スペードの3

1568
3.44
朝井リョウ 2014年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直微妙だなぁ。 新鮮味がなかったし中途半端。 表題作は良かったけれど残りの二編が無理やりっぽい感じもするし、やや出来も良くない。 もちろん繊細な感情表... もっと読む

星やどりの声

1558
3.89
朝井リョウ 2011年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ひとりの時に読んだほうがいいですよ」という ブクログ仲間さんのアドバイスに素直に従って、こっそり読んでよかった! もしも娘がいる時に読んでいたら、また「... もっと読む

星やどりの声 (角川文庫)

1483
3.95
朝井リョウ 2014年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母・律子、長女・琴美、長男・光彦、次女・小春、三女・るり、次男・凌馬、三男・真歩…父親・星則を病気で亡くした家族の物語。 六人兄弟それぞれの視点から描か... もっと読む

チア男子!! (集英社文庫)

1470
3.72
朝井リョウ 2013年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても良かったです。感動して涙が出ました。 友人から勧められた読んだ本であり、青春爽やかスポーツ小説は苦手なんだよねーとひねくれたことを考えつつ、読んだ... もっと読む

この部屋で君と (新潮文庫nex)

1354
3.36
朝井リョウ 2014年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潮文庫の次世代ラインナップ「新潮文庫nex」。若者向けなのかな?今人気の作家さん達による同居をテーマにしたアンソロジー。表紙も可愛いし、帯がメタリックで... もっと読む

何様

1325
3.43
朝井リョウ 2016年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「羊と鋼の森」以来、約10か月ぶりに小説のレビューを書きました・・・・・・。 朝井リョウは確かに成長しているのだろう。 でもその成長の仕方は辻村深... もっと読む

少女は卒業しない (集英社文庫)

1232
3.81
朝井リョウ 2015年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春だな~。自分が高校生だったのは遥か昔のことだけど、7人の少女たちそれぞれの視点で語られる高校最後の日は、心を揺さぶられるものがある。もし自分がいま小説... もっと読む

チア男子!!

1173
3.61
朝井リョウ 2010年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 号泣です。号泣です。感動しました。素敵でした。  三点倒立もできない私にとって、彼らの技のすべてがもはや神技。人の手のひらや肩の上に乗るなんて・・... もっと読む
全149アイテム中 1 - 20件を表示

朝井リョウに関連する談話室の質問

朝井リョウに関連するまとめ

ツイートする