朝日新聞取材班のおすすめランキング

朝日新聞取材班のおすすめランキングのアイテム一覧

朝日新聞取材班のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『相模原障害者殺傷事件 (朝日文庫)』や『負動産時代 マイナス価格となる家と土地 (朝日新書)』や『【増補版】子どもと貧困 (朝日文庫)』など朝日新聞取材班の全74作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

相模原障害者殺傷事件 (朝日文庫)

166
3.46
朝日新聞取材班 2020年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件。死傷者45人を出した平成最悪の事件、加害者・植松聖の実像に迫る。 相... もっと読む

負動産時代 マイナス価格となる家と土地 (朝日新書)

144
3.45
朝日新聞取材班 2019年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まえがきより引用 > マンションのモデルルームで営業マンから「いまの家賃と同じような月々の住宅ローンの額で、同じ間取りの部屋に住めますよ」と言われて... もっと読む

【増補版】子どもと貧困 (朝日文庫)

143
3.95
朝日新聞取材班 2018年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 こどもの貧困のルポ。前半は実際のケースの取材:生活保護、学校、母子家庭などを伝え、後半は専門家の意見をもとにどう解決していくかを伝える。バランスの良い本... もっと読む

妄信 相模原障害者殺傷事件

137
3.40
朝日新聞取材班 2017年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やまゆり園事件について調べるために手を伸ばした本。 事件の全容――事件が起きる前の被告の様子から、事件の詳細、事件後の反響まで――を大づかみに知るた... もっと読む

妻に言えない夫の本音 仕事と子育てをめぐる葛藤の正体 (朝日新書)

136
3.92
朝日新聞取材班 2020年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【293冊目】実感に根ざした、という意味では今年イチの本かもしれない。 結論を出すと言うよりは、まずモヤモヤがあることを認めて、その中身を言語化しようよ... もっと読む

朽ちるマンション 老いる住民 (朝日新書)

103
3.21
朝日新聞取材班 2023年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マンションが抱える歪みや課題を述べた本。もはや放置できない重要な社会問題を突きつけている。後半にはコミニティ再建の明るい話題を提供。他の住宅問題にも応用で... もっと読む

平成家族

94
3.38
朝日新聞取材班 2019年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ある社会学の先生に薦めていただいた1冊。少子高齢化、核家族の崩壊、生涯未婚率の上昇…平成の時代は家族のかたちが大きく変わった時代でもあった。コレクティブ... もっと読む

子どもと貧困

91
3.43
朝日新聞取材班 2016年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナ禍前の本でやや情報が古いところもあるが、子どもを取り巻く貧困の様相は変わっていないと思う。子どもに愛情をもてなかったり、子どもが働いて得た金銭を取り... もっと読む

自壊する官邸 「一強」の落とし穴 (朝日新書)

89
2.94
朝日新聞取材班 2021年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://opac.kokushikan.ac.jp/Main/Book?book_id=TS01633544&q=26&qt=0&qp=0&qv=... もっと読む

権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場

77
4.17
朝日新聞取材班 2018年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森友学園への国有地売却問題、加計学園の獣医学部新設問題に関し、次々特ダネ記事を出してきた朝日新聞が、それら「モリカケ問題」の取材過程をドキュメンタリー的に... もっと読む

Dear Girls 自分らしく生きていくための28の言葉

76
3.20

感想・レビュー

図書館で読んだけど、一気読みで、購入もしたいって思った。フェミニズムを超えて、どんな人にとっても生きていく上で大切にすると良い言葉が溢れていた気がする。 もっと読む

宇宙で過ごした137日 僕の「きぼう」滞在記

75
3.28
若田光一 2009年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年に発行された宇宙飛行士若田光一さんの、国際宇宙ステーションに取り付けられた宇宙施設「きぼう」での137日間の滞在記を軸に、記者らが書き下ろしたも... もっと読む

追跡 金正男暗殺

72
3.81
乗京真知 2020年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は朝日新聞デジタルに掲載された「金正男暗殺を追う」を元にして書かれたもの。この特集を読んでいる場合は、内容がかなり重複していると感じるかもしれない。 ... もっと読む

ゴーンショック 日産カルロス・ゴーン事件の真相

64
3.79
朝日新聞取材班 2020年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とにかく分かりやすかったです。 この本を読むと、ゴーン氏の逃亡劇だけでなく(むしろ、こちらは報道の通り)、日産の過去からの企業体質、ゴーン氏の生い立ち、... もっと読む

証拠改竄 特捜検事の犯罪

61
3.92
朝日新聞取材班 2011年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村木厚子冤罪事件のノンフィクション。不当逮捕や冤罪は市民の生活を木端微塵にする。 もっと読む

かんぽ崩壊 (朝日新書)

60
3.14
朝日新聞取材班 2020年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民営化が間違いだったかは分からないけど、ミニマムナショナルとして果たすべきサービスがある一方で、変な市場原理がノルマ至上主義になってしまい、守るべき顧客の... もっと読む

分極社会アメリカ 2020年米国大統領選を追って (朝日新書)

52
4.10
朝日新聞取材班 2021年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大統領選を含めて、トランプからバイデンへと大統領が変わる状況を描いている。 分極の軸はいくつもある  共和党と民主党  都市と農村  白人と、黒人、ヒスパ... もっと読む

「小さないのち」を守る 事故、虐待、いじめ……証言から学ぶ予防と対策

49
4.43
朝日新聞取材班 2018年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

乳幼児から十代後半までの子供の事故や子供に対する虐待からいかに子供を守るかを考えるために、朝日新聞で連載された企画をもとにした本。これ以上同じ過ちを繰り返... もっと読む

「はやぶさ」からの贈り物―全記録・小惑星イトカワの砂が明かす地球誕生の秘密

47
3.93

感想・レビュー

月並みだけど、愛、だなあ。 7年間で60億キロの旅。毎日の軌道修正を必要とするイオンエンジンの技術者だけでなく、多くの人々を相次ぐトラブルで振り回し、回... もっと読む

現地取材400日で見えた 検証 ウクライナ侵攻10の焦点

39
3.45
朝日新聞取材班 2023年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

購読している新聞が朝日新聞なので半分くらいは既読記事だったが、まとめられていることによって戦況の流れを理解できた。そして、新聞で日々目にしていても自身にと... もっと読む
全74アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×