木下尚子のおすすめランキング

プロフィール

1954年東京に生まれる。九州大学大学院文学研究科博士課程中退。考古学専攻。梅光女学院大学助教授を経て、現在、熊本大学助教授。1984年より文部省海外学術調査に参加し、フィリピン・バタン島、台湾東海岸、中国浙江省および南島各地で発掘調査にあたる。研究発表:「弥生時代における南海産貝論の系譜」(1979年、九州史学会大会)、「南西諸島の貝塚概観」(1992年、東南アジア考古学会大会)、「弥生時代の遺跡と埋葬」(1993年、日本人類学会大会)など。

「2013年 『南島貝文化の研究 〈オンデマンド版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木下尚子のおすすめランキングのアイテム一覧

木下尚子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『邪馬台国とは何か 吉野ヶ里遺跡と纒向遺跡―石野博信討論集』や『南島貝文化の研究―貝の道の考古学』や『南島貝文化の研究 〈オンデマンド版〉: 貝の道の考古学』など木下尚子の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

邪馬台国とは何か 吉野ヶ里遺跡と纒向遺跡―石野博信討論集

12
5.00
石野博信 2012年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「邪馬台国は日本のどこにあったのか分かりますか」と聞かれたらどう答えますか。答えは「北九州か近畿のどちらか」となります。今までこの答えについて多くの議論... もっと読む

南島貝文化の研究―貝の道の考古学

2
5.00

感想・レビュー

卒論で大変お世話になった本です。 もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする
×