木下昌輝のおすすめランキング

プロフィール

1974年奈良県生まれ。2012年『宇喜多の捨て嫁』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。2015年、同作で第152回直木賞候補となり、歴史時代作家クラブ賞、舟橋聖一文学賞、高校生直木賞を受賞。『敵の名は、宮本武蔵』で第157回直木賞候補。他著に『人魚ノ肉』『天下一の軽口男』『秀吉の活』など。

「2018年 『兵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木下昌輝の関連サイト

木下昌輝のおすすめランキングのアイテム一覧

木下昌輝のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『宇喜多の捨て嫁』や『決戦!大坂城』や『宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)』など木下昌輝の全85作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

宇喜多の捨て嫁

426
3.89
木下昌輝 2014年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宇喜多直家。 2014年の大河ドラマ軍師官兵衛で、陣内孝則がギトギトと頑張っていた岡山の始祖と呼ばれる大名。 織田と毛利の間に位置してなかなか難しい道... もっと読む

決戦!大坂城

298
3.40
葉室麟 2015年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

決戦シリーズ第2弾。今回の舞台は「大坂夏の陣」。 豊臣秀頼を書いた黄金児。 秀頼の魅力と可能性。そのため対する家康の後の無さが際立って感じました。大坂の... もっと読む

宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)

251
4.19
木下昌輝 2017年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生直木賞受賞作。他の候補作を措いて、この作品が高校生に評価されたことに興味を持った。 戦国の梟雄と言われた宇喜多直家。そんな男の真実を、彼と彼の一族... もっと読む

宇喜多の楽土

220
3.70
木下昌輝 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宇喜多秀家といえば、関ヶ原の戦いぶりから勇猛果敢な武将かと思っていたが、この作品でそのイメージが一新された。 『捨て嫁』で主人公である直家は、戦国の梟雄... もっと読む

決戦!本能寺

207
3.33
葉室麟 2015年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本能寺の変にまつわるアンソロジー。色んな作家さんの描く、色んな人物からの視点で描かれる、本能寺。同じ武士でも視点を変えれば違った側面が見えるし、伝えられて... もっと読む

人魚ノ肉

195
3.38
木下昌輝 2015年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな幕末小説初めて! あの竜馬が!近藤局長が!芹沢鴨が!沖田総司が!そして人斬り以蔵が!!彼らがこんな風に狂っていたとは!幕末の日本を動かしていたのは土... もっと読む

敵の名は、宮本武蔵

187
3.80
木下昌輝 2017年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮本武蔵と闘った者たちからの視点で描かれた宮本武蔵の物語だけど、仕組みが凝っていて、一人につき一つの短編かと思ったら、どんどん話が繋がっていき、そうきたか... もっと読む

戦国24時 さいごの刻(とき)

114
3.55
木下昌輝 2016年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豊臣秀頼、伊達政宗、今川義元、山本勘助、足利義輝、徳川家康。 6人の戦国時代の英雄の最後の24時間、もしくは非常に大きな転機となった24時間のみに焦点を... もっと読む

天下一の軽口男

112
3.77
木下昌輝 2016年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上方落語の祖、米沢彦八の物語。いやあ面白かった!たくさん泣いた。なんの前評判も知らず、たまたまタイトルに惹かれて手に取ったのだけど、期待もなかったぶん大当... もっと読む

決戦!川中島

111
3.44
冲方丁 2016年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20170626 もっと読む

決戦!桶狭間

102
3.14
冲方丁 2016年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家さんにもよるけど今川好きは読むとがっかりするかも? 酷い書かれ方だけど、首視点というところは面白かった。首視点というところだけは。 もっと読む

決戦!新選組

102
3.27
葉室麟 2017年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新撰組をこのシリーズで扱うなら、是非とも池田屋に絞って欲しかった…。うーん、残念。 とか言いつつ、心が躍ってしまうのはどうしようもない。 結局、好... もっと読む

決戦!三國志

93
3.05
田中芳樹 2015年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どちらかというとわき役の人物を主役にして展開する。周瑜、なるほどね。 もっと読む

人魚ノ肉 (文春文庫)

82
3.82
木下昌輝 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末、坂本龍馬や新選組隊士がもし人魚の肉を食べていたら・・・不老不死、吸血鬼、ゾンビなどなど、歴史上の人物がさまざまな異形に変身してしまう伝奇テイスト歴史... もっと読む

決戦!関ヶ原 (講談社文庫)

78
3.64
葉室麟 2017年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同時刻で起こったことが、様々な作家からの視点で、書かれている。もっと立体的になるかと期待して読んだ。新しい説での展開は良いが、ちょっとしっくりこない印象で... もっと読む

絵金、闇を塗る

67
3.84
木下昌輝 2018年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019.4.12読了。 妖の絵師。実在の人物だけど謎が多い。 薄気味悪さでゾクゾクする。 語り手は章ごとに代わるが いずれも絵金に惑わされた者たち。 絵... もっと読む

秀吉の活

64
3.45
木下昌輝 2017年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秀吉モノだから勿論一気に読める。 いやっちゅうほど太閤記は読んでるから、如何に新しい視点で描くかに掛かっている。 本作は題名が示すように秀吉の「就職活... もっと読む

決戦!賤ヶ岳

63
3.37
天野純希 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想書き忘れてたので、感想忘れた。 もっと読む

51
3.70
木下昌輝 2018年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

〈日ノ本一の兵〉を追い求める道鬼斎を軸に、乱世の終焉までをえがく。 たのしんだけれど、ほとんどが『決戦!』シリーズ既出で、未読部分が少ないのは残念。 ... もっと読む

決戦!大坂城 (講談社文庫)

41
3.25
葉室麟 2017年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好評「決戦!」シリーズ文庫化第二弾! 戦国時代最後の戦い 慶長二十年五月、豊臣秀吉が築いた天下の名城・大坂城を舞台に、戦国時代最後の大合戦がはじまろうと... もっと読む
全85アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする