木下直之のおすすめランキング

プロフィール

1954年浜松市生まれ。東京藝術大学大学院修士課程中退。兵庫県立近代美術館学芸員、東京大学総合研究博物館をへて、東京大学大学院教授(文化資源学)、静岡県立美術館館長。
見世物、銅像、記念碑、動物園、お城など、忘れられたもの、消えゆくものなどを通して日本の近代について考えてきた。2015年春の紫綬褒章、2017年中日文化賞。
著書に『美術という見世物』(平凡社、1993年、サントリー学芸賞)、『ハリボテの町』(朝日新聞社、1996年)、『写真画論』(岩波書店、1996年)、『世の途中から隠されていること』(晶文社、2002年)、『わたしの城下町』(筑摩書房、2007年、芸術選奨文部科学大臣賞)、『股間若衆』(新潮社、2012年)、『戦争という見世物』(ミネルヴァ書房、2013年)、『銅像時代』(岩波書店、2014年)、『近くても遠い場所』(晶文社、2016年)、『せいきの大問題』(新潮社、2017年)、『動物園巡礼』(東京大学出版会、2018年)。

「2019年 『木下直之を全ぶ集めた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木下直之のおすすめランキングのアイテム一覧

木下直之のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「建築学」の教科書』や『股間若衆―男の裸は芸術か』や『せいきの大問題: 新股間若衆』など木下直之の全43作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「建築学」の教科書

280
3.39
安藤忠雄 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校3年生のときに、予備校のバイトの大学生におすすめされて、貸してもらいました。初めて読んだ建築の本です、たぶん。おもしろかった。この本を読んで、大学生に... もっと読む

股間若衆―男の裸は芸術か

268
3.33
木下直之 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろいろ考えさせられた。 裸体彫刻が野外に出たのは戦後のことだ。その前は軍人や政治家など個人の業績顕彰のための銅像だった。という一文に目を開かされた... もっと読む

せいきの大問題: 新股間若衆

84
3.13
木下直之 2017年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(後で書きます。前作から続く股間若衆に始まり、藤田嗣治と水木しげるの戦争、原爆の図の裸体表現、春画、ろくでなし子裁判まで) もっと読む

戦争という見世物: 日清戦争祝捷大会潜入記 (叢書・知を究める)

75
3.50
木下直之 2013年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日清戦争という、国民皆兵の国家建設を進める日本が最初に経験した対外戦争が、いかに国民の心をひとつにしたか、敵国人を蔑み笑ったか、そしてメディアがいかに煽っ... もっと読む

勝手に関西世界遺産

61
3.14

感想・レビュー

関西出身の人が読んだらもっと面白いんだろうとおもう。 知らないことばかりで読んでいてわくわくする。 関西出身の人がうらやましくなる本。 もっと読む

美術という見世物―油絵茶屋の時代 (ちくま学芸文庫)

57
3.90

感想・レビュー

開国、そして異文化の流入によって花ひらいた転換期・明治。現在の素地となる様々な出来事や潮流が生まれた明治文化の多様性をご紹介します。 <閲覧係より> ... もっと読む

世の途中から隠されていること―近代日本の記憶

56
3.54
木下直之 2002年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

我が家は尾根筋に建っているのだが、子どもの頃、探検と称して近くの山はほとんど渉猟した。その頃、谷一つ跨いだ反対側の丘の上に奇妙な塔のような建物があった。誰... もっと読む

近くても遠い場所: 一八五〇年から二〇〇〇年のニッポンへ

47
2.80
木下直之 2016年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 幕末から現代に至る時間軸の中で、日本の祭りや絵馬、見世物といった風物詩や、戦争とそれを記録する写真、博物館、美術館の変遷をたどった本。  著者の視点は... もっと読む

ビジュアル・ワイド 明治時代館 (ビジュアル・ワイド 明治時代館(全1巻))

42
4.07
宮地正人 2005年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3月18日今日は何の日『明治村開村記念日』この一冊‼︎ もっと読む

わたしの城下町 (ちくま学芸文庫)

35
3.25
木下直之 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

城郭愛好家として読んでみたが、ホンモノにこだわっていた私には目からウロコだった。 明治の廃城令で多くの天守閣が失われて、また戦災でも貴重な城(名古屋城・広... もっと読む

わたしの城下町―天守閣からみえる戦後の日本

31
3.29

感想・レビュー

 作者の方の経歴からすると堅そうな内容かと思いきや、下ネタありのくだけた内容でした。この中で紹介されていた、ヘンリー・ギルマールの「ケンブリッジ大学秘蔵明... もっと読む

東京大学本郷キャンパス案内

31
3.25

感想・レビュー

東京大学農学生命科学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCo... もっと読む

ゲームのデザイン―盤上の魔力 (INAX BOOKLET)

30
3.43
小林昌廣 1994年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教員推薦 (特集:「ゲームを作ろう!」) ↓利用状況はこちらから↓ https://mlib3.nit.ac.jp/webopac/BB0054258... もっと読む

河鍋暁斎 (新潮日本美術文庫)

27
3.33
日本アートセンター 1996年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潮社の日本美術文庫 このサイズがうれしい 大きな画集もいいけれど この片手で 持てるサイズが うれしいね もっと読む

日本の写真家〈20〉植田正治

24
3.77
長野重一 1998年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

砂丘の写真家。 もっと読む

浮遊する「記憶」 (青弓社ライブラリー)

22
3.20
矢野敬一 2005年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵本、銅像、空間、歴史、物語などから「共同体」の記憶という問題を浮かび上がらせる論考集。 野上元の「「戦争の記憶」の現在」と阿部安成の「記憶から歴史へ/... もっと読む

レプリカ―真似るは学ぶ (INAX BOOKLET)

21
4.22
三浦篤 2006年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“複製とオリジナリティをめぐる考察” 単なる「贋作」に止まらないレプリカ事情。その歴史・技術・意義、また抱える問題が分かり易く書かれています。図版が... もっと読む
全43アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×