木内昇のおすすめランキング

プロフィール

1967年生まれ。出版社勤務を経て、2004年『新選組 幕末の青嵐』で小説家デビュー。08年『茗荷谷の猫』が話題となり、09年回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、11年『漂砂のうたう』で直木賞、14年『櫛挽道守』で中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、親鸞賞を受賞。他の小説作品に『浮世女房洒落日記』『笑い三年、泣き三月。』『ある男』『よこまち余話』、エッセイに『みちくさ道中』などがある。

木内昇のおすすめランキングのアイテム一覧

木内昇のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)』や『漂砂のうたう』や『アンソロジー お弁当。』など木内昇の全62作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

941
4.45
木内昇 2009年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ、おもしろかった! とにかく誰かにオススメしたくなります!! 500ページを超える分厚い本を手に取ったとき、おもしろそうだと思いながらも... もっと読む

漂砂のうたう

812
3.52
木内昇 2010年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を読むときは、知らず知らずのうちに 前半で辛い目にあったとしても、最後は胸のすくような展開を期待してしまう。 これが時代物であればなおさらだ。 人... もっと読む

アンソロジー お弁当。

509
3.51
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

茗荷谷の猫 (文春文庫)

385
3.73
木内昇 2011年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代から昭和にかけて、地名で言えば現在の文京区台東区豊島区当たりの市井の人々を書いた連作短編。それぞれの短編には地名が振られている。 それぞれの... もっと読む

茗荷谷の猫

358
3.60
木内昇 2008年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代から戦後まで、東京で暮らした市井の人々の身に起きた不思議な出来事を紡いだ連作短篇集です。 武士の身を捨て、変わり咲きの桜作りに精魂注いだ植木職人... もっと読む

櫛挽道守

351
4.30
木内昇 2013年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わって胸がいっぱいになった。 ああ、なんていい小説だったんだろう。 文句なしの傑作。 木内さんの小説を読破したのは2冊目。 実はこのほか... もっと読む

地虫鳴く―新選組裏表録 (集英社文庫)

337
4.22
木内昇 2010年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新撰組について書かれたものは多くあると思いますが、「地虫鳴く」は、阿部十郎の、実際の談話録のさわりを皮切りに、物語は始まります。阿部十郎、篠原泰之進、尾形... もっと読む

よこまち余話

333
4.01
木内昇 2016年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一昔前の日本のどこか、長屋でひっそりと暮らす人たち。 市井の人情話のような始まりですが、美しい幻想譚へと広がりを見せていきます。 温かく、切ないお話で... もっと読む

笑い三年、泣き三月。

279
3.78
木内昇 2011年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争直後の上野浅草界隈の様子が良く描かれている。 ミリオン座というストリップ劇場とそこで働く男女の人情ドラマ。 もっと読む

漂砂のうたう (集英社文庫)

275
3.40
木内昇 2013年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

定久郎は元武士、維新後家族捨て出奔。そして名を変え廓に身を潜めた。女は根津廓に売られてきた。どんなに美しくとも籠の鳥。小野菊花魁という名で生きている。彼女... もっと読む

新選組幕末の青嵐

210
4.01
木内昇 2004年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の周囲では好評で興味津々に購入だけはしていたものの、その分厚さによる若干の怯み(笑)と、他書にかまけてずっと先延ばしになっていました。やっと読めた・・... もっと読む

光炎の人 (上)

139
3.91
木内昇 2016年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徳島出身、煙草農家の三男、機械、電気に魅せられ自分の行く道を模索している青年音三郎。明治から大正、まだまだ簡単に情報が入ってくる時代ではない。世相への嗅覚... もっと読む

地虫鳴く

135
3.95
木内昇 2005年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

静かで無駄のない剣客の所作を、そのまま落とし込んだような筆づかい。ちょっとした仕草の一つ一つに秘めた感情を滲ませる、心憎いまでの演出が目を引く。 一貫して... もっと読む

ある男

130
3.84
木内昇 2012年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近myブレイク中の木内さん。ステキすぎる。 木内さんが民衆の中の名もない「ある男たち」にスポットを 当てて、描いた短編集。 「蝉」 「喰違... もっと読む

浮世女房洒落日記 (中公文庫)

125
4.35
木内昇 2011年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

季節の移り変わりとともに生きていた江戸の風俗を知ることができて面白い。 創作の日記だ(ろう)ってわかってはいるけど、江戸の暮らしいいなって思ってしまう。... もっと読む

みちくさ道中

123
4.12
木内昇 2012年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代小説家にふさわしい小気味よく潔い文章。 飾ることなくおごることなく端正な文章がスッと心に入り込み、時にはユーモアで笑わせ、時にはじっと考えさせられる... もっと読む

東京の仕事場

107
3.33
木内昇 2002年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京に引っ越してばかりの頃に読んだことがあり、手元に欲しかった本。先週、百年でみつけて即買いしました。部屋、片付けないと!とか、自分のオフィスかぁってテン... もっと読む

光炎の人 (下)

104
3.89
木内昇 2016年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木内さんの才能は稀有まれなものだと思っています。 全部読んだわけじゃないけど、全部傑作です。 絶対的な信頼感を持っています。 この本も間違いなく... もっと読む

名探偵登場!

94
2.59
筒井康隆 2014年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.6.15 読了 いろんな作家さんによる 探偵が 出てくる話のオムニバス。 ですが、私がアホなのか え?どういう意味?で終わる物語が 結構あ... もっと読む

新・東京の仕事場

85
3.17
木内昇 2005年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

部屋の写真が見たかっただけなので軽くぱら読み。仕事場とはいっても、実際は遊んでばかりで仕事は家でやるひともいた。 ほぼ10年前の本のせいか、机に置か... もっと読む
全62アイテム中 1 - 20件を表示

木内昇に関連する談話室の質問

ツイートする