木内昇のおすすめランキング

プロフィール

1967年生まれ。出版社勤務を経て、2004年『新選組 幕末の青嵐』で小説家デビュー。08年『茗荷谷の猫』が話題となり、09年回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、11年『漂砂のうたう』で直木賞、14年『櫛挽道守』で中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、親鸞賞を受賞。他の小説作品に『浮世女房洒落日記』『笑い三年、泣き三月。』『ある男』『よこまち余話』、エッセイに『みちくさ道中』などがある。

「2019年 『光炎の人 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木内昇のおすすめランキングのアイテム一覧

木内昇のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)』や『漂砂のうたう』や『茗荷谷の猫 (文春文庫)』など木内昇の全89作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

1184
4.42
木内昇 2009年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ、おもしろかった! とにかく誰かにオススメしたくなります!! 500ページを超える分厚い本を手に取ったとき、おもしろそうだと思いながらも... もっと読む

漂砂のうたう

871
3.53
木内昇 2010年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞作という期待から接した読者は好き嫌いがはっきり分かれるようです。エンターテインメント小説ではないからでしょう。でも、私は次の2点で大好きになりま... もっと読む

茗荷谷の猫 (文春文庫)

649
3.73
木内昇 2011年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末から昭和30年代にかけて東京に暮らした市井の人達の短編集。前の話で登場した人達の影がちらつくゆるい連作が良い。表題作『茗荷谷の猫』やっぱり百閒だったか... もっと読む

アンソロジー お弁当。

646
3.52
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

よこまち余話

401
4.06
木内昇 2016年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一昔前の日本のどこか、長屋でひっそりと暮らす人たち。 市井の人情話のような始まりですが、美しい幻想譚へと広がりを見せていきます。 温かく、切ないお話で... もっと読む

茗荷谷の猫

399
3.59
木内昇 2008年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前から気になっていた作品。 第一話「染井の桜」は武士の身分を捨て植木職人として様々な新種を生み出す男と、武家の女としての生き方を頑なに守る妻との歪... もっと読む

漂砂のうたう (集英社文庫)

397
3.40
木内昇 2013年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「さあ、徳川の時代は終わった。みんな自由だ」 自由ってなんだ?何をしろと云うんだ。 明治の新しい世に放り出された元武家の定九郎。 焦燥感と諦めを抱えてもが... もっと読む

新選組裏表録 地虫鳴く (集英社文庫)

396
4.21
木内昇 2010年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新撰組について書かれたものは多くあると思いますが、「地虫鳴く」は、阿部十郎の、実際の談話録のさわりを皮切りに、物語は始まります。阿部十郎、篠原泰之進、尾形... もっと読む

櫛挽道守

392
4.28
木内昇 2013年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わって胸がいっぱいになった。 ああ、なんていい小説だったんだろう。 文句なしの傑作。 木内さんの小説を読破したのは2冊目。 実はこのほか... もっと読む

笑い三年、泣き三月。

308
3.77
木内昇 2011年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後の浅草を生きた人々の物語。 それぞれの個性が光り、歯車が動き始めると、おもしろくなる。 いい加減で、中途半端で、いまひとつパッとしないミリ... もっと読む

276
3.97
木内昇 2020年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

占いにまつわる連作短編、7編。 時の頃はおそらく昭和初期くらいでしょうか。 「時追町の卜い家」 一人暮らしの翻訳家の桐子が、一時同居していた... もっと読む

新選組幕末の青嵐

219
3.99

感想・レビュー

自分の周囲では好評で興味津々に購入だけはしていたものの、その分厚さによる若干の怯み(笑)と、他書にかまけてずっと先延ばしになっていました。やっと読めた・・... もっと読む

あやかし <妖怪>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

208
3.85
宮部みゆき 2017年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妖怪や、不可思議な出来事を集めたもの。各作者の文章の違いを楽しめました。よくわからない現象に対して昔の人はめっちゃ想像力を発揮してたんだろうなぁと思う。科... もっと読む

光炎の人 (上)

173
3.81
木内昇 2016年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は、衣食住を忘れてしまうくらいに熱中してしまう事があり、且つそれを極めるに十分な才能が自分の中に眠っていると気付いた時、追い求める足を緩める事が出来るん... もっと読む

化物蠟燭

170
4.12
木内昇 2019年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

彼岸と此岸、生者と死者、現実と非現実、現在と過去など様々なものが複雑に巧妙に入り交じる作品集。 ホラーの類いになるのだが、一編を除いて怖くない。むしろ切... もっと読む

浮世女房洒落日記 (中公文庫)

156
4.34
木内昇 2011年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇妙なもの音に目を覚ました場面から始まり、見慣れない箱が屋根裏に出現…という始まりだったから、何かオカルト的なオチがつくのかと思っていたら、 『男もすな... もっと読む

櫛挽道守 (集英社文庫)

151
4.33
木内昇 2016年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大作で良作の一冊。 時代を追いながら一人の女性の歩む姿を細やかに追う大作は良作の一言。 時は幕末。 揺れる世の中の傍らで木曽の櫛職人を目指す主人公 登... もっと読む

みちくさ道中

146
4.17
木内昇 2012年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代小説家にふさわしい小気味よく潔い文章。 飾ることなくおごることなく端正な文章がスッと心に入り込み、時にはユーモアで笑わせ、時にはじっと考えさせられる... もっと読む

ある男

144
3.82
木内昇 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『「うちの爺さんが昔、よーう言いよったがじゃ。暴挙をしでかす輩と、そつないだけの者は、同じっちゃ」まるきり逆に思えるがのう、と武市は無精髭を揺らして笑う。... もっと読む

地虫鳴く

139
3.92
木内昇 2005年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか進まなかったのは、主要な登場人物が出て来なかったから。そのあとはサクサクと。最後がよかった。 もっと読む
全89アイテム中 1 - 20件を表示

木内昇に関連する談話室の質問

ツイートする
×