木原敏江のおすすめランキング

プロフィール

漫画家。代表作に、1980年代「LaLa」黄金期を支えた不朽の名作『摩利と新吾』シリーズ、歴史ロマンの新しい魅力を打ち出した『アンジェリク』、第30回小学館漫画賞を受賞した『夢の碑』など多数。

「2017年 『木原敏江 エレガンスの女王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原敏江のおすすめランキングのアイテム一覧

木原敏江のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第1巻) (白泉社文庫)』や『摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第8巻) (白泉社文庫)』や『アンジェリク (1) (秋田文庫)』など木原敏江の全349作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第1巻) (白泉社文庫)

332
3.93
木原敏江 1995年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原さんらしい明るさもありながら、結構シビアなところもあると思います。 しまりんごや皆が楽しくわいわいやってるのが微笑ましくて・・・思い出すだけでぐっと... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第8巻) (白泉社文庫)

200
3.97
木原敏江 1996年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まちがいなく、花の24年組のなかでも最高傑作です。 ポーも風木も、うっかりしたらベルばらも(・・・ベルばらはちょっと・・・) ひけをとることはありませ... もっと読む

アンジェリク (1) (秋田文庫)

140
3.71
木原敏江 1995年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作と木原さんの絵柄が見事にマッチ。波乱万丈の歴史・恋愛・冒険譚。 少女の頃に読んで、フィリップが好きで好きで好きで死にそうでした。 もっと読む

とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)

133
3.59
木原敏江 1998年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかツボをついてくる作品だった…!この人のもっと読みたい。 もっと読む

天まであがれ! (1) (秋田文庫)

126
3.46
木原敏江 1999年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖田とヒロインのこよりが主人公の新選組。全2巻。試衛館時代~函館戦争終結まで。 二人の結末には不覚にも泣いてしまいました。すごく爽やかで、透明感という言... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第5巻) (白泉社文庫)

109
3.80
木原敏江 1996年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第2巻) (白泉社文庫)

109
3.83
木原敏江 1995年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第7巻) (白泉社文庫)

107
3.80
木原敏江 1996年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第3巻) (白泉社文庫)

106
3.82
木原敏江 1996年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第4巻) (白泉社文庫)

102
3.73
木原敏江 1996年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第6巻) (白泉社文庫)

102
3.74
木原敏江 1996年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

乙女のための歌舞伎手帖

88
3.67
榎田ユウリ 2017年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武蔵野大学図書館OPACへ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000124969 もっと読む

鵺 (前編) (小学館文庫―夢の碑)

86
3.45
木原敏江 1998年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夢の碑」シリーズの中で特に好きな作品。「三人吉三」なのかな? と勝手に思っている。 もっと読む

アンジェリク (3) (秋田文庫)

80
3.44
木原敏江 1995年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作と木原さんの絵柄が見事にマッチ。波乱万丈の歴史・恋愛・冒険譚。 少女の頃に読んで、フィリップが好きで好きで好きで死にそうでした。 もっと読む

天まであがれ! (2) (秋田文庫)

80
3.61
木原敏江 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻合わせての感想。 熱き思いで、真っ直ぐに生きること。 不器用だろうが、周りがなんと言おうが、思いを貫く強さを持つ人は美しい。時代に翻弄されながらも、... もっと読む

アンジェリク (2) (秋田文庫)

79
3.33
木原敏江 1995年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作と木原さんの絵柄が見事にマッチ。波乱万丈の歴史・恋愛・冒険譚。 少女の頃に読んで、フィリップが好きで好きで好きで死にそうでした。 もっと読む

青頭巾 (小学館文庫―夢の碑)

78
3.57
木原敏江 1998年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これに収録されている「影に愛された男」が大好き。 もっと読む

雪紅皇子 (小学館文庫―夢の碑)

70
3.56
木原敏江 1998年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鬼の話。滅びゆくものの美しさ もっと読む

四十七文字 大正浪漫探偵譚文庫(1) (大正浪漫探偵譚文庫) (YOU漫画文庫)

66
3.33
木原敏江 1998年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甘くゆる~くちょっと怖い大正浪漫ミステリ。ワケアリ美貌の御曹司+ぴかぴかお日さま新吾くん的色気ゼロちゃきちゃき庶民娘、という取り合わせは木原さんの超定番パ... もっと読む
全349アイテム中 1 - 20件を表示

木原敏江に関連する談話室の質問

ツイートする