木原敏江のおすすめランキング

プロフィール

木原敏江

1948年(昭和23年)、東京生まれ。1969年「別冊マーガレット」に掲載された『こっち向いてママ!』でデビュー。77年、旧制高等学校に通うふたりの少年を描いた『摩利と新吾』を発表する。この作品は、その後7年間にわたって描き継がれ、明治末から大正、昭和と、三つの時代を舞台に展開する一大大河ロマンに結実した。84年『桜の森の桜の闇』『とりかえばや異聞』の発表で始まった連作「夢の碑」シリーズも、97年まで執筆が続いた大作。85年、同シリーズにより第30回小学館漫画賞を受賞。『アンジェリク』『大江山花伝』『紫子―ゆかりこ―』は宝塚歌劇団で舞台化された。そのほかの作品に『どうしたのデイジー?』『エメラルドの海賊』『銀河荘なの!』『天まであがれ!』『杖と翼』などがある。

「2021年 『ワイド版 マンガ日本の古典28 雨月物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原敏江のおすすめランキングのアイテム一覧

木原敏江のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『摩利と新吾 第1巻―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (白泉社文庫)』や『摩利と新吾 第8巻―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (白泉社文庫)』や『アンジェリク (1) (秋田文庫)』など木原敏江の全447作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

摩利と新吾 第1巻―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (白泉社文庫)

353
3.95
木原敏江 1995年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原さんらしい明るさもありながら、結構シビアなところもあると思います。 しまりんごや皆が楽しくわいわいやってるのが微笑ましくて・・・思い出すだけでぐっと... もっと読む

摩利と新吾 第8巻―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (白泉社文庫)

215
4.01
木原敏江 1996年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まちがいなく、花の24年組のなかでも最高傑作です。 ポーも風木も、うっかりしたらベルばらも(・・・ベルばらはちょっと・・・) ひけをとることはありませ... もっと読む

アンジェリク (1) (秋田文庫)

156
3.75
木原敏江 1995年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーリーは面白いし絵も素敵なのに、展開が早すぎて感情移入する暇がないのが惜しいなぁと思います。 この一冊で文庫本三冊分にしてもっとキャラクターを掘り下げ... もっと読む

乙女のための歌舞伎手帖

152
3.47
榎田ユウリ 2017年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みっちりと文字が詰まっていて、読み応えあったわ~(*゚∀゚*)もうこれ以上背中を押さないで!(。>д<)と思うくらい歌舞伎を見に行きたくなる(^^;)コロ... もっと読む

夢の碑: 夢の碑☆(いしぶみ)☆ 1 (1) (小学館文庫―夢の碑)

148
3.62
木原敏江 1998年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかツボをついてくる作品だった…!この人のもっと読みたい。 もっと読む

天まであがれ! (1) (秋田文庫)

132
3.46
木原敏江 1999年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖田とヒロインのこよりが主人公の新選組。全2巻。試衛館時代~函館戦争終結まで。 二人の結末には不覚にも泣いてしまいました。すごく爽やかで、透明感という言... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第2巻) (白泉社文庫)

125
3.89
木原敏江 1995年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第5巻) (白泉社文庫)

124
3.90
木原敏江 1996年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾 第3巻―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (白泉社文庫)

121
3.88
木原敏江 1996年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾 第7巻―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (白泉社文庫)

120
3.88
木原敏江 1996年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾 第4巻―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (白泉社文庫)

116
3.80
木原敏江 1996年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

摩利と新吾―ヴェッテンベルク・バンカランゲン (第6巻) (白泉社文庫)

115
3.85
木原敏江 1996年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木原敏江の不朽の名作。交わりそうで交わらない、恋愛のようで恋愛とは違う幼馴染みの少年ふたりの成長物語。・・・というのが何も知らない人向けの説明ですが、これ... もっと読む

鵺 (前編) (小学館文庫―夢の碑)

99
3.48

感想・レビュー

「夢の碑」シリーズの中で特に好きな作品。「三人吉三」なのかな? と勝手に思っている。 もっと読む

雨月物語―マンガ日本の古典〈28〉 (中公文庫)

95
3.45
木原敏江 2001年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脚色は最小限にして、原作に忠実に描いたそうですが、絵がいつものドジさまよりかきこみが少ない感じです。まんが日本の古典というこのシリーズ全体が「単純な絵で行... もっと読む

アンジェリク (3) (秋田文庫)

92
3.55
木原敏江 1995年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作と木原さんの絵柄が見事にマッチ。波乱万丈の歴史・恋愛・冒険譚。 少女の頃に読んで、フィリップが好きで好きで好きで死にそうでした。 もっと読む

アンジェリク 2 (秋田文庫 9-2)

91
3.46
木原敏江 1995年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作と木原さんの絵柄が見事にマッチ。波乱万丈の歴史・恋愛・冒険譚。 少女の頃に読んで、フィリップが好きで好きで好きで死にそうでした。 もっと読む

青頭巾: 夢の碑☆(いしぶみ)☆ 2 (1) (小学館文庫―夢の碑)

88
3.58
木原敏江 1998年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これに収録されている「影に愛された男」が大好き。 もっと読む

天まであがれ! 2 (秋田文庫 9-7)

84
3.61
木原敏江 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻合わせての感想。 熱き思いで、真っ直ぐに生きること。 不器用だろうが、周りがなんと言おうが、思いを貫く強さを持つ人は美しい。時代に翻弄されながらも、... もっと読む

雪紅皇子 (小学館文庫―夢の碑)

82
3.59

感想・レビュー

シリーズ通して読んでこその「夢の碑」ですが、ダントツお気に入りなのと、1冊にまとまってて薦めやすいのとでコレを。 木原さんの、「まつろわぬもの」たちへの... もっと読む
全447アイテム中 1 - 20件を表示

木原敏江に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×