木村友祐のおすすめランキング

プロフィール

木村友祐(きむらゆうすけ)
1970年生まれ、青森県八戸市出身。八戸を舞台にした『海猫ツリーハウス』(集英社、2010年)でデビュー。ほかの著書に『聖地Cs』(新潮社、2014年)、『イサの氾濫』(未來社、2016年)、『野良ビトたちの燃え上がる肖像』(新潮社、2016年)がある。2013年、フェスティバル/トーキョー13で初演された演劇プロジェクト「東京ヘテロトピア」(Port Bの高山明氏構成・演出)に参加、東京のアジア系住民の物語を執筆(現在もアプリとなって継続中)。詩人・比較文学者の管啓次郎氏の呼びかけで2014年よりはじまった「鉄犬ヘテロトピア文学賞」の選考委員もつとめる。

「2017年 『幸福な水夫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村友祐のおすすめランキングのアイテム一覧

木村友祐のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『海猫ツリーハウス』や『野良ビトたちの燃え上がる肖像』や『イサの氾濫』など木村友祐の全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

海猫ツリーハウス

127
2.84
木村友祐 2010年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海猫 という題名なのにペンギンのぬいぐるみが表紙になっている。そう思いながら、実は海猫を見た事がない事に気づいた。ひょっとしたら、このぬいぐるみは海猫かも... もっと読む

イサの氾濫

66
3.83
木村友祐 2016年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学 もっと読む

聖地Cs

56
3.33
木村友祐 2014年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 八戸市出身の若手作家(1970(昭和45)年生まれの46歳)木村友祐氏の最新作を読んだ。最近地元紙のデーリー東北にも、前々作の2012年(第25回三島由... もっと読む

八戸レビュウ 梅佳代、浅田政志、津藤秀雄 3人の写真家と88のストーリー

28
3.88
梅佳代 2011年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新着コーナーにあった本。うめかよさんや浅田さんの写真と普通の人の気負わない文章が気になって手にしました。気合いれて、「キニナルあの人のキニナル本」をやって... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする