木村敏のおすすめランキング

プロフィール

1931年生まれ。京都大学名誉教授。著書に『木村敏著作集』全8巻(弘文堂)、『臨床哲学講義』(創元社)、共訳書にヴァイツゼカー『ゲシュタルトクライス』(みすず書房)ほか。

「2020年 『自然と精神/出会いと決断』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村敏のおすすめランキングのアイテム一覧

木村敏のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『時間と自己 (中公新書 (674))』や『異常の構造 (講談社現代新書)』や『自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学 (ちくま学芸文庫)』など木村敏の全134作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

時間と自己 (中公新書 (674))

778
3.71
木村敏 1982年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017.1.27 非常に面白かった。「もの」と「こと」の思考、時間の3つの類型。 「もの」と「こと」の思考は原理的で、もっと深めたい思考方式だと思っ... もっと読む

異常の構造 (講談社現代新書)

275
3.90
木村敏 1973年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医として、心理学ではなく哲学に向かった人で、その思索は世界的にも最も深いものであるが、それでもなお(あるいはそれゆえにか)、統合失調症を「理解」する... もっと読む

自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学 (ちくま学芸文庫)

186
3.79
木村敏 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本精神病理学の泰斗、木村敏氏が1968年から1981年に発表された論文を収録した論文集です。 わたしは中井久夫氏の作品から多大な影響を受けてきまし... もっと読む

音楽と言語 (講談社学術文庫)

179
3.48

感想・レビュー

ミサ音楽の歩みを音楽と言語とのたえざる対決の歴史として、音楽の言語化、言語の音楽化という弁証法的過程の歴史として捉える もっと読む

あいだ (ちくま学芸文庫)

159
3.81
木村敏 2005年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よく繰り返し読んでいる本。 「我」や「汝」や「物」や「世界」に着目するのではなく、「我と物」、「我と汝」、「物と物」、「我と世界」の【あいだ】に注意... もっと読む

心の病理を考える (岩波新書)

128
3.55
木村敏 1994年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しいかなって読み始めはすこしゆっくりだったけど、返却期限もあって読み進めたらどんどん入り込んでいってしまった。 大分ヘビーだったけど、言っていることは... もっと読む

自分ということ (ちくま学芸文庫)

100
3.76
木村敏 2008年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私には難しかった。 もっと読む

臨床哲学講義

91
4.36
木村敏 2012年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木村敏先生の中ではこれが読みやすいかな。精神科医の”たしなみ”として、あいだ論やビオスとゾーエーは知っておいて良いでしょう。 もっと読む

自明性の喪失―分裂病の現象学

85
3.81

感想・レビュー

アンネ・ラウってなんか発達っぽいんだが。私の患者さんの「当たり前のことがわからない」って人とだいぶ違うんだよな。。。 もっと読む

からだ・こころ・生命 (講談社学術文庫)

78
3.89
木村敏 2015年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「自己とは何か」を追求する著者が行った二つの講演をまとめたもの。 ・第一講演「身心相関と間主観性」 「主観/主体」を手がかりに、身心二元論を乗り越えよう... もっと読む

偶然性の精神病理 (岩波現代文庫)

75
3.63
木村敏 2000年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうやら「あいだ」が重要らしい。 もっと読む

分裂病と他者 (ちくま学芸文庫)

73
3.73
木村敏 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「精神科の『病気』は、自己が自己自身であることの病いだということができる。…分裂病患者…内面の歴史…『自己』の確立を求めて挫折した道程の記録となっている... もっと読む

関係としての自己

72
3.60
木村敏 2005年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 この本は以前「はみだしの人類学」という本を読んだとき『統合失調症とは「わたしはわたしである」という確信が持てないときに生まれる病気だ』と精神科医の木村敏... もっと読む

分裂病の現象学 (ちくま学芸文庫)

67
4.63
木村敏 2012年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木村敏さんの初期論文集で、古いもので1965年から、70年代にかけての論文が収められている。 第3章の一つめ、「精神分裂病症状の背後にあるもの」が一番古... もっと読む

人と人との間―精神病理学的日本論 (弘文堂選書)

49
3.57

感想・レビュー

いわゆる日本人論、日本人学。精神病理学が専門の医師である著者が、メランコリー患者などに見られる日本人特有の特徴などをもとに、当時の日本人論や日本文化論、は... もっと読む

ゲシュタルトクライス――知覚と運動の人間学

40
3.63

感想・レビュー

木村敏氏の著作に、ある時期からかなり頻繁に登場するヴァイツゼッカーに興味を覚え、購入して読んだ。 読み始めていきなりめんくらってしまった。かなり専門的に... もっと読む

現代思想2010年10月号 特集=臨床現象学 精神医学・リハビリテーション・看護ケア

37
4.33
木村敏 2010年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木村哲学を自ら解説する一本目と、現象学の方法を問うた二本目と良い対談。フーコーの精神医学講義についての論文も面白いが難解。他のも読みにくそうでまた追々。 もっと読む

生命と現実 木村敏との対話

31
4.00
木村敏 2006年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学者と精神科医の、対談でもインタビューでもなく、まさしく対話。難解だが興味深い。 [more]<blockquote>P10 精神という現象は<あいだ... もっと読む
全134アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×