木村由利子のおすすめランキング

プロフィール

木村由利子(訳)
大阪府生まれ。翻訳家。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)デンマーク語学科卒。1971年コペンハーゲン大学に留学、帰国後大阪外国語大学非常勤講師を務め北欧や英米の児童書、小説の翻訳家となる。近年はモンゴメリなどの新訳、北欧の推理小説の翻訳も手がける。

「2022年 『アンデルセン童話集 おやゆび姫・人魚姫など』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村由利子のおすすめランキングのアイテム一覧

木村由利子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『かぼちゃひこうせんぷっくらこ (えほんライブラリー傑作選 9)』や『ストーリー・ガール (角川文庫)』や『新訳 少女ポリアンナ (角川文庫)』など木村由利子の全226作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

かぼちゃひこうせんぷっくらこ (えほんライブラリー傑作選 9)

384
3.71

感想・レビュー

お友達の家で会って、離れがたくて買った本 「また、楽し。」の口癖が楽しくて、言いたくて、お姉ちゃんにちょっかいを出しては、 「また、たのしい~。」とケラケ... もっと読む

ストーリー・ガール (角川文庫)

243
3.47
木村由利子 2010年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は赤毛のアンを読んだ方なら多分あの雰囲気に浸ることが出来て満足するでしょう。舞台は夢見がちの女の子の憧れであるカナダのプリンス・エドワード島であるこ... もっと読む

新訳 少女ポリアンナ (角川文庫)

227
4.00
エレナ・ポーター 2013年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いまの時代にこそ、ポリアンナのような少女がいたら良いのに! もっと読む

血のごとく赤く―幻想童話集 (ハヤカワ文庫FT)

219
3.70
タニス・リー 1997年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グリマー姉妹こと、現代のシェヘラザード姫タニス・リーの描く残酷童話九編。原話となっているのはハーメルンの笛吹き、シンデレラ、赤ずきんちゃん、白雪姫、美女と... もっと読む

丘の家のジェーン (角川文庫)

179
4.34
モンゴメリ 2011年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モンゴメリーの全集を手に入れて生きているうちに読み終わりたいと思っています。 もっと読む

お菓子の家 (創元推理文庫)

143
3.50

感想・レビュー

スウェーデンの警察ものシリーズ1作目。 コニー・ショーベリは、ハンマルビー署刑事課の警視。 小さな子供がいる家庭で朝晩は大騒動が展開しているが、夫... もっと読む

新訳 赤毛のアン (集英社みらい文庫)

136
4.33

感想・レビュー

表紙イラスト:羽海野チカに釣られて、遂に赤毛のアンを読みました。 本文イラストはおのともえさんという別の方だけど、ウミノ村住人とあって画のタッチはそっく... もっと読む

余生と厭世

134
3.67

感想・レビュー

なんかいいなあ。しみじみ?この本の良さを表すのはどうすればいいんだ?退職を控えた精神科医72歳の日常。静かで地味。家族、友達いない。自分が歳とったら、かな... もっと読む

黄金の道 ストーリー・ガール2 (角川文庫)

125
3.68

感想・レビュー

ストーリーガールの後編。 ストーリーガールやベブたちが、新聞を作るはなしを軸に、さまざまなエピソードが、美しいプリンスエドワード島の自然と共に綴られる。 ... もっと読む

雪の女王

103
3.48
アンデルセン 2005年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019.10.9 森のカラスと山賊の娘が好き。 みんな優しくて強くてかっこいい。カイは別だけど… 雪の女王は、カイがいなくなった時どんな気持ちになっ... もっと読む

はらぺこねこ (世界名作おはなし絵本)

76
3.61
木村由利子 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネコ…怖っっ! そりゃ捨てられそうになるよ…太陽も食べちゃうしさ。これ、子供に読み聞かせても、笑うか、またはドン引きか…(笑) もっと読む

パパ、ママ、あたし (創元推理文庫)

75
3.66

感想・レビュー

スウェーデンの警察小説。 ショーベリ警視シリーズ2作目。 都会の孤独を描いて、それぞれに大変な問題のある家庭に驚かされつつ、それほど重すぎはしない読み... もっと読む

子守唄 (創元推理文庫)

58
3.86

感想・レビュー

スウェーデンの好評ミステリ。 ハンマルビー署、コニー・ショーベリ警視シリーズ、3作目。 ベッドで眠るような姿で発見された母と子ども達。 母親ケイ... もっと読む

秘密が見える目の少女 (ハリネズミの本箱)

57
3.38

感想・レビュー

 他人の目を見るとその人の恥がわかり、見られた方も恥を思い出すという「恥あらわし」の娘がお家騒動にまきこまれる。なかなかおもしろい設定だと思ったが、普通に... もっと読む

長くつしたのピッピ (ポプラポケット文庫 404-1)

55
3.40
リンドグレーン 2015年1月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔のコロコロコミック…とでもいえばいいのでしょうか。突然どこからかやってきたトンデモない子どもがトンデモないことをするおはなし。 それは、良いトンデモだっ... もっと読む

犯罪は老人のたしなみ (創元推理文庫)

55
3.19

感想・レビュー

痛快…かと思いきやモタモタが長く それも特に面白い訳でもなく… 最終的には楽しそうだった。 スウェーデンの老人は元気だ もっと読む
全226アイテム中 1 - 20件を表示

木村由利子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×