木田元のおすすめランキング

プロフィール

中央大学文学部教授

「1993年 『哲学の探求』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木田元のおすすめランキングのアイテム一覧

木田元のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『反哲学入門 (新潮文庫)』や『ハイデガーの思想 (岩波新書 新赤版 268)』や『ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)』など木田元の全168作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

反哲学入門 (新潮文庫)

1879
4.01
木田元 2010年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読まずして哲学を語ることなかれ。 西洋哲学の見方が変わること間違いなし。 もっと読む

ハイデガーの思想 (岩波新書 新赤版 268)

638
3.45
木田元 1993年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だいぶ近くなった。でもまだ遠い。まだ遠いよハイデガー。 もっと読む

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)

631
3.18
雨宮処凛 2012年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の好きな作家さんが、どんな本を14歳向けにお薦めしているか、興味を持って読み始め、これが見事にはまった。 これは面白い。 一番最初に登場する角田光... もっと読む

反哲学史 (講談社学術文庫 1424)

576
3.91
木田元 2000年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 20世紀の、西洋哲学を解体する思想的立場=「反哲学」の立場から、その19世紀末までの歴史を述べた、哲学の案内書的書物。元々、筆者が中央大学の講義で用いた... もっと読む

現象学 (岩波新書 青版 C-11)

446
3.55
木田元 1970年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現象学の概説書、1970年。 □ Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ章 フッサールの現象学を、彼の思想の変遷に沿って、かなりの駆け足で解説している。 ①現象学は... もっと読む

現代の哲学 (講談社学術文庫 968)

338
3.39
木田元 1991年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021.09.27 難しくて理解できなかった。あと数度は読まないとわからないと思う。とりあえず一回読み終わったので登録するが、数を重ねたい。 もっと読む

ハイデガー『存在と時間』の構築 (岩波現代文庫 学術 9)

337
3.56
木田元 2000年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ分からない。まだ分からないけれど、ようやく存在とその周辺の時間性がかすめるようになってきた。もう少しだ、もう少し もっと読む

偶然性と運命 (岩波新書 新赤版 724)

261
3.51
木田元 2001年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/702371 もっと読む

わたしの哲学入門 (講談社学術文庫 2232)

252
4.09
木田元 2014年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

隙間時間を見つけて読み進めるも、読むのに2ヶ月もかかってしまった。入門と呼ぶには易しくはない部分もあったが、用語を整理してもらえることで昔から今までの哲学... もっと読む

反哲学入門

251
3.64
木田元 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年ぶりに再読。ようやく見えてきたものが多い。ただ、それでもハイデガーはまだ遠い。それにしても、帯の裏文章はひどいです。「ソクラテスは極めつきの皮肉屋」「... もっと読む

ハイデガー拾い読み (新潮文庫)

244
3.87
木田元 2012年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイデガーの『存在と時間』は多感な青春期に読む本というイメージを持っていたけれど、どうやら違うようだ。その背景には、長大な哲学史が横たわっている。特にアリ... もっと読む

哲学は人生の役に立つのか (PHP新書 555)

219
3.38
木田元 2008年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名はともかく、本書は哲学の有用性(あるいは無用性)について語った本ではなく、木田元という哲学者の半生を振り返った自伝としての性格が強い。ただし、哲学とい... もっと読む

〈象徴形式〉としての遠近法 (ちくま学芸文庫 ハ 19-4)

217
3.81

感想・レビュー

読了。 遠近法に対して、 ・普遍的なものを1つの主観的な視点に貶す ・自由な感性の発露を1つの客観的な視点に制限する という2つの批判がある、というのは... もっと読む

なにもかも小林秀雄に教わった (文春新書 658)

207
3.32
木田元 2008年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自らの半生を語る木田元はいつも痛快で、ヒーロー物の映画を見ているような楽しい気分になる。勉強になったのは第8章のキルケゴールと第12章のハイデガーについて... もっと読む

知覚の現象学 2

199
3.95

感想・レビュー

上巻の精神と身体から、下巻では自分と他人、社会、歴史との関係を考察する。 プルーストの小説が例示として使われていて、きちんと理解できて嬉しい。 最後の... もっと読む

基礎講座 哲学 (ちくま学芸文庫 キ 10-2)

172
3.64
木田元 2016年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくまとまっている。入門書にちょうどいい。 構成としては大きく2つに分かれている。 最初に西洋哲学の歴史と、代表的な哲学者とその思想がまとめられている。... もっと読む

新人生論ノート (集英社新書)

145
3.52
木田元 2005年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

16日に逝去した、ハイデッカーの哲学研究の第一人者木田元氏を偲び、本棚にあった本書を9年ぶりに再読。 ハイデッカー研究の専門たる「時間」についての章はけ... もっと読む

増補普及版 日本の最終講義

135
1.00
鈴木大拙 2022年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【本学OPACへのリンク☟】 https://opac123.tsuda.ac.jp/opac/volume/715655 もっと読む
全168アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×