木田元のおすすめランキング

プロフィール

1928年、山形県に生まれる。1953年、東北大学文学部卒業。中央大学名誉教授。2014年歿。著書『現象学』(岩波新書 1970)『メルロ=ポンティの思想』(岩波書店 1984)『哲学と反哲学』(岩波書店 1990/岩波現代文庫 2004)『ハイデガーの思想』(岩波新書 1993)『哲学以外』(みすず書房 1997)『最終講義』(作品社 2000)『ハイデガー『存在と時間』の構築』(岩波現代文庫 2000)『偶然性と運命』(岩波新書 2001)『マッハとニーチェ』(新書館 2002)『闇屋になりそこねた哲学者』(晶文社 2003/ちくま文庫 2010)。共訳 メルロ=ポンティ『行動の構造』『眼と精神』『知覚の現象学』『見えるものと見えないもの』(以上みすず書房)フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』(中央公論社)アドルノ『否定弁証法』(作品社)ほか。

「2019年 『大人から見た子ども』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木田元のおすすめランキングのアイテム一覧

木田元のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『反哲学入門 (新潮文庫)』や『ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)』や『ハイデガーの思想 (岩波新書)』など木田元の全152作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

反哲学入門 (新潮文庫)

1427
4.03
木田元 2010年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学に反対している訳ではないので、タイトルを鵜呑みにしてはならない。ソクラテス・プラトン・アリストテレス直系の西洋思想源流を狭義の「哲学」とし、そうしたモ... もっと読む

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)

479
3.27
雨宮処凛 2012年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の好きな作家さんが、どんな本を14歳向けにお薦めしているか、興味を持って読み始め、これが見事にはまった。 これは面白い。 一番最初に登場する角田光... もっと読む

ハイデガーの思想 (岩波新書)

472
3.46
木田元 1993年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だいぶ近くなった。でもまだ遠い。まだ遠いよハイデガー。 もっと読む

反哲学史 (講談社学術文庫)

409
3.88
木田元 2000年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 20世紀の、西洋哲学を解体する思想的立場=「反哲学」の立場から、その19世紀末までの歴史を述べた、哲学の案内書的書物。元々、筆者が中央大学の講義で用いた... もっと読む

現象学 (岩波新書 青版 C-11)

327
3.51
木田元 1970年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現象学の概説書、1970年。 □ Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ章 フッサールの現象学を、彼の思想の変遷に沿って、かなりの駆け足で解説している。 ①現象学は... もっと読む

現代の哲学 (講談社学術文庫)

234
3.36
木田元 1991年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『現代の哲学』というタイトルについては、説明が必要だろう。フッサールの現象学が心理学の方法論上の基礎づけという動機から成立したように、19世紀以降の哲学は... もっと読む

反哲学入門

227
3.66

感想・レビュー

数年ぶりに再読。ようやく見えてきたものが多い。ただ、それでもハイデガーはまだ遠い。それにしても、帯の裏文章はひどいです。「ソクラテスは極めつきの皮肉屋」「... もっと読む

ハイデガー拾い読み (新潮文庫)

203
3.86
木田元 2012年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイデガーの『存在と時間』は多感な青春期に読む本というイメージを持っていたけれど、どうやら違うようだ。その背景には、長大な哲学史が横たわっている。特にアリ... もっと読む

ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学 (中公文庫)

202
3.73

感想・レビュー

我々自身が内的な世界に引き込まれ、それによって長い間完治はされていたがしかし常に感知されてきた「超越論的なもの」の次元が我々に真に見えるようになり、直接的... もっと読む

哲学は人生の役に立つのか (PHP新書)

194
3.42
木田元 2008年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 アテもなく、人生のモラトリアムのつもりで入学した農林専門学校だが、農業をやりたいわけではない。いきおい学業には身が入らない。しかし、このままでよいのか、... もっと読む

なにもかも小林秀雄に教わった (文春新書)

179
3.24
木田元 2008年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木田元 「 なにもかも 小林秀雄 に教わった 」 著者の読書歴の本。著者のハイデガー研究は 小林秀雄の「時間を捉える直観性」や ドストエフスキーの「絶... もっと読む

偶然性と運命 (岩波新書)

172
3.49
木田元 2001年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

われわれが単なる偶然にすぎない出来事に運命を感じるのはどうしてなのかという問題を、主として西洋の実存哲学を参照しながら考察している本です。 著者はハイデ... もっと読む

わたしの哲学入門 (講談社学術文庫)

171
4.29
木田元 2014年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一字一句むさぼるように読んだ。 ハイデガーの『存在と時間』はあまりに有名 で偉大な本だと言うことは知っていたが、 我が事として読むには至っていなかっ... もっと読む

“象徴(シンボル)形式”としての遠近法 (ちくま学芸文庫)

154
3.95

感想・レビュー

読了。 遠近法に対して、 ・普遍的なものを1つの主観的な視点に貶す ・自由な感性の発露を1つの客観的な視点に制限する という2つの批判がある、というのは... もっと読む

知覚の現象学 2

135
3.95

感想・レビュー

古本屋で買ったのがおよそ20年前。ようやく読めました。 後期フッサールやハイデガーを下敷きにした現象学的記述のひとつの成果といわれている本です。大きな枠組... もっと読む

新人生論ノート (集英社新書)

117
3.43
木田元 2005年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

16日に逝去した、ハイデッカーの哲学研究の第一人者木田元氏を偲び、本棚にあった本書を9年ぶりに再読。 ハイデッカー研究の専門たる「時間」についての章はけ... もっと読む

哲学散歩

113
3.46
木田元 2014年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学 もっと読む

闇屋になりそこねた哲学者 (ちくま文庫)

95
4.00
木田元 2010年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハイデガー研究の大御所が、自らの半生とそれに関わる人々について、包み隠さず、歯に衣着せず、遠慮会釈なく、自由に語りる。読んでいて痛快この上ない。こんな風に... もっと読む

ハイデガー (岩波現代文庫)

94
3.47
木田元 2001年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これが初期の本であろうが、他の本と重複する記述が多くて飽きる。 もっと読む
全152アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする