木葉井悦子のおすすめランキング

プロフィール

1937年、東京・小金井生まれ。武蔵野美術大学油絵科中退。個展を中心に作品を発表。1970年より数回のアフリカ生活を経て、絵本も描きはじめる。『アバディのパン』(ほるぷ出版)、『みずまき』(講談社)、『やまのかぜ』(架空社)など生涯で17冊の絵本を描いた。1995年逝去。

「2022年 『ぼんさいじいさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木葉井悦子のおすすめランキングのアイテム一覧

木葉井悦子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ぼんさいじいさま』や『新装版 みずまき (講談社の創作絵本)』や『カボチャありがとう』など木葉井悦子の全23作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ぼんさいじいさま

100
4.19
木葉井悦子 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「死」を見つめることをテーマにした、絵本にしては珍しい内容。 全編とてもやさしげな挿し絵で、特にラストのサクラが舞い散る場面は美しい。 ぼんさいの... もっと読む

新装版 みずまき (講談社の創作絵本)

76
3.68
木葉井悦子 2003年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みずまきのようすが迫力満点に書かれている。 もっと読む

新版 みずまき (講談社の創作絵本)

52
3.20
木葉井悦子 2018年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「にわのみなさん あめだぞ あめだぞ」 「と おもったら 」 が耳に残る もっと読む

アバディのパン

38
3.00
木葉井悦子 2005年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵本で世界を学ぼう で 紹介された本。 本書で99冊目だ。 1990年に発行された絵本。 ストーリーは良いと思う。 文章は独特の世界観がある。 残... もっと読む

サバクでおちゃを

11
4.14

感想・レビュー

「サバクのなかに、かんごくがあった。」 こんな出だし、結構衝撃でしょー。 「おとこは、かえってこなければよかったとおもった。」 そこで救える妻に、私もな... もっと読む

一まいのえ

5
4.67
木葉井悦子 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵に描かれたワニが昼寝ができる川(河)を求めて世界を一周。 居心地のいい場所って、探してみると案外近くにあったりする。 もっと読む

一まいのえ

3
5.00

感想・レビュー

ああ、イメージ画がないのが残念。甘くなくてシュールでとても素敵なのに。 一枚の絵の中のワニが自分の昼寝が出来そうな大きな河を探して旅をするお話しです。 ... もっと読む

ともだちくも (たんぽぽえほんシリーズ)

2
木葉井悦子 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

娘4歳1ヶ月、息子1歳5ヶ月時、図書館にて借 もっと読む
全23アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×