本城雅人の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧

プロフィール

本城雅人(ほんじょう・まさと)
1965年神奈川県藤沢市生まれ。明治学院大学経済学部卒業。産経新聞社勤務を経て、2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞最終候補作となり小説家デビュー。2010年同作で第1回サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。2015年『トリダシ』で第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補。2017年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞受賞。2018年春に同作がドラマ化される。同年、『傍流の記者』で初の直木賞ノミネート。

本城雅人の関連サイト

本城雅人の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧のアイテム一覧

本城雅人の電子書籍のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で電子書籍が並んでいます。
Amazon KindleやBookLive!、ブックパスなどで発売されている『ミッドナイト・ジャーナル』や『傍流の記者』や『シューメーカーの足音』など本城雅人の全123作品から、ブクログユーザの本棚登録数が多い電子書籍がチェックできます。

ミッドナイト・ジャーナル

301
3.69
本城雅人 2016年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元新聞記者の小説家といえば何と言っても横山秀夫さんですね。経験に裏打ちされた重厚でリアルな作品群はエンターテイメント性も忘れず、人間ドラマと社会性もふんだ... もっと読む

傍流の記者

154
3.37
本城雅人 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞候補作。同期、しかも優秀な新聞記者5+1の物語、短編集、社会部の記者と人事部社員。抜いた抜かれたの毎日、昇進の野望、家族への思い、等身大の記者が描か... もっと読む

シューメーカーの足音

121
3.50
本城雅人 2011年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

通常の読者が知らないオーダー靴の製造工程が描かれていて、たいへん面白い。 オーダー靴は、ビースポーク(be spoke=客と職人との会話)と言うこと... もっと読む

紙の城

117
3.51
本城雅人 2016年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で結構待って借りて読んだ。返却もあるので、通勤時間を中心に、1週間程度読了。 偶然にも先月、新聞社が舞台の映画「クライマーズ・ハイ」を見ていたので... もっと読む

ミッドナイト・ジャーナル (講談社文庫)

117
3.63
本城雅人 2017年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かつて、「読んでから観るか、観てから読むか」という映画の宣伝文句があった。 読み手としては、映像が先では出演者とかのイメージが強く残り、原作を読むときの... もっと読む

スカウト・デイズ (PHP文芸文庫)

106
3.88
本城雅人 2012年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プロ野球スカウトの世界のコンゲームを描いた作品。 題材も話も面白かった。 前者は、ハードボイルドの作風との相性がよい。華やかなイメージの表舞台とギャッ... もっと読む

球界消滅

92
3.72
本城雅人 2012年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

MLB・日本プロ野球問わず、野球を愛する人におすすめの一冊。“さもありなん”の手に汗握る展開。「野球」に携わるあらゆる立場の視点から語られるのも興味深い。... もっと読む

球界消滅 (文春文庫)

91
4.10
本城雅人 2015年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10数年前に国内を揺るがしたプロ野球再編問題。その衝撃再びの如く、日本のプロ野球チームが4球団に統合されMLBに加入したとしたら…。豊富なデータに裏打ちさ... もっと読む

ノーバディノウズ (文春文庫)

84
3.59
本城雅人 2013年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サムライジャパン野球文学賞受賞作品。 メジャーリーグで本塁打王として活躍する、韓国系アメリカ人ジャスティン・キング。彼の出自に疑問を持つ者が現れ、調査を... もっと読む

贅沢のススメ

84
3.29
本城雅人 2015年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連作短編集。全6編。 イタリアン、オーダーメイドシャツ、アンティークウォッチなど、高級品を扱う店舗の買収を仕掛けるファンド会社の藤浪と、部下の古武士。本... もっと読む

スカウト・デイズ

81
3.93
本城雅人 2010年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「スカウトは仕事じゃねえ。戦争だ。」の台詞に象徴される世界。 奪い合い、騙し合い、引き抜き、裏切り、スパイ……少しでも油断したら足を巣くわれ、世界から追い... もっと読む

嗤うエース

71
3.22
本城雅人 2010年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「庶民生活に浸み込んだ賭博」「金を稼ぐ手段ではなく悪癖のような八百長」というのは、なるほどと思わせる野球賭博の一つの解釈だが、それがしっかり描き切れてない... もっと読む

監督の問題

70
3.88
本城雅人 2017年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元スラッガーの宇恵康彦は、引退してすぐに連続最下位の弱小球団の監督に就任。結果が出ないとすぐにクビを切るオーナー、チーム方針に従わないベテラン、年上の実績... もっと読む

トリダシ

67
3.95
本城雅人 2015年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スポーツ記者の世界。タイトルの由来になっている鳥飼を、周辺の記者をメインに仕立てながら炙り出すような短編集。読みやすく、楽し。 もっと読む

ノーバディノウズ

66
3.03
本城雅人 2009年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

設定に無理がありすぎる。何度突っ込み入れた事か。 もっと読む

慧眼(けいがん)

59
3.61
本城雅人 2013年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本プロ野球に所属する貧乏球団ギャラクシーズ。金と人気じゃGチーム、Tチームにかなわない。が、ギャラクシーズにはベテランの辣腕スカウトマン、堂神恭平がいた... もっと読む

ビーンボール スポーツ代理人・善場圭一の事件簿 (文春文庫)

56
3.17
本城雅人 2014年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公はキャラが立っており、魅力的。エンディングもよかった。ただ、事件の背景は特に捻りもなく、折角のスポーツ代理人という設定が活かされていない感じ。 もっと読む

オールマイティ

51
3.21
本城雅人 2011年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

野球の代理人が主人公という珍しい題材の小説。業界の裏話的なものも多く盛り込まれており、面白かった。またミステリーとしてもきちんとしているのでいい本だと思う... もっと読む

英雄の条件

50
3.52
本城雅人 2016年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

切っても切り離せないスポーツとドーピング問題。 治療との境界、本人の承諾、認識の違いと多角的で読み応えがあった。 プロローグ ヘブンリー通り39番地 緊... もっと読む

サイレントステップ

49
3.53
本城雅人 2014年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

賭け事としの競馬とは全く違う、騎手や厩舎の側からの勝負師の世界。 序章 落馬――十二年前 中山競馬場 1 転厩――二月末 ダイヤモンドS 2 洗礼――三... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする