本城雅人の新刊情報

プロフィール

本城雅人(ほんじょう・まさと)
1965年神奈川県藤沢市生まれ。明治学院大学経済学部卒業。産経新聞社勤務を経て、2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞最終候補作となり小説家デビュー。2010年同作で第1回サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。2015年『トリダシ』で第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補。2017年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞受賞。2018年春に同作がドラマ化される。同年、『傍流の記者』で初の直木賞ノミネート。

本城雅人の関連サイト

本城雅人の新刊情報のアイテム一覧

本城雅人の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年10月20日発売『別冊文藝春秋 電子版22号 (文春e-book)』や2018年10月18日発売『時代』や2018年10月18日発売『時代』など本城雅人の全123作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

時代

1
本城雅人 電子書籍 2018年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

友を待つ

43
3.37
本城雅人 2018年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元敏腕週刊誌記者・瓦間が女性宅への不法侵入と下着の窃盗容疑で逮捕される。取調べ中、彼は容疑を否認し「友を待つ」と刑事に言う。かつてコンビを組んでいた石橋と... もっと読む

友を待つ

1
本城雅人 電子書籍 2018年7月19日 hontoで見る honto

傍流の記者

155
3.39
本城雅人 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞候補作。同期、しかも優秀な新聞記者5+1の物語、短編集、社会部の記者と人事部社員。抜いた抜かれたの毎日、昇進の野望、家族への思い、等身大の記者が描か... もっと読む

傍流の記者

7
4.00
本城雅人 電子書籍 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東都新聞社会部で活躍する同期6人を描いた物語。 どこの会社でも、例えば“黄金世代”と呼ばれるような 優秀な世代(同じ入社年次の同期)はいるものだ。 ... もっと読む

トリダシ (文春文庫 ほ 18-4)

38
3.80
本城雅人 2018年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スポーツ新聞を舞台に、記者の取材合戦、社内での反目、他紙との競争、一般紙との軋轢、そんな状況の中での「トリダシ」の存在感。 個人プレイとチームプレイ。 ... もっと読む

別冊文藝春秋 電子版17号 (文春e-book)

1
中島京子 電子書籍 2017年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【今号も新連載、注目作が満載】安東能明さんの「夜の署長II 穂先の死」、望月麻衣さんの「京洛の森のアリス」が連載開始。 もっと読む

ミッドナイト・ジャーナル (講談社文庫)

119
3.63
本城雅人 2017年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かつて、「読んでから観るか、観てから読むか」という映画の宣伝文句があった。 読み手としては、映像が先では出演者とかのイメージが強く残り、原作を読むときの... もっと読む

ミッドナイト・ジャーナル (講談社文庫)

5
4.00
本城雅人 電子書籍 2017年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・好きなジャンルの記者物、警察物 ・犯人特定に繋がるミステリーではなく、記者たちの動きを追うハードボイルド ・関口、藤瀬、松本の3人が中心だが、記者として... もっと読む

代理人

43
3.50
本城雅人 2017年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連作短編集。 元プロ野球選手の善場圭一は、引退後に弁護士資格を取りプロ野球選手の代理人となった。お金にこだわる姿勢から「ゼニバ」と呼ばれるものの、契約選... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする