本田伊克のおすすめランキング

プロフィール

2009年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了(社会学博士)。現在、宮城教育大学准教授。専門は、教育社会学(学校知識の社会学)、戦後民間教育研究運動史。主著書に、『学力と学校を問う』(共編著、かもがわ出版、2014年)、『ペダゴジーの社会学』(共著、学文社、2013年)、『日本の学校受容』(共著、勁草書房、2012年)など。主論文に、「1950、60年代の民間教育研究運動の成果と課題に関する学校知識論的考察」(一橋大学大学院博士論文、未公刊、2009年)、「〈学校知識の社会学〉の展望」(一橋大学〈教育と社会〉研究会編『〈教育と社会〉研究』第19号、2009年)など。訳書に、『多様性を拓く教師教育:多文化時代の各国の取り組み』(共訳、OECD教育研究革新センター編著、明石書店、2014年)、『OECD教員白書:効果的な教育実践と学習環境をつくる〈第1回OECD国際教員指導環境調査(TALIS)報告書〉』(共訳、OECD編著、明石書店、2012年)、『移民の子どもと格差:学力を支える教育政策と実践』(共訳、OECD編著、明石書店、2011年)、『学校知識 カリキュラムの教育社会学:イギリス教育制度改革についての批判的検討』(共訳、ジェフ・ウィッティ著、明石書店、2009年)。

「2016年 『21世紀型学習のリーダーシップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本田伊克のおすすめランキングのアイテム一覧

本田伊克のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『多様性を拓く教師教育―多文化時代の各国の取り組み』や『OECD教員白書――効果的な教育実践と学習環境をつくる〈第1回OECD国際教員指導環境調査(TALIS)報告書〉 (第1回OECD国際教員指導環境調査(TALIS)報告書)』や『カリキュラム・マネジメントと教育課程 (未来の教育を創る教職教養指針)』など本田伊克の全6作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

多様性を拓く教師教育―多文化時代の各国の取り組み

11

感想・レビュー

2011年から取り組んでいるDST研究の中で、この方法を基礎教育(国語や芸術またはコンピュータ実習など)に導入する意義を述べてきた私の視座につながるもので... もっと読む

教育社会学-第2版 (教師教育テキスト)

5
久冨善之 2019年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6 学力は、自分の努力の結果か[上山浩次郎先生] 3 【ブックガイドのコメント】 「教職という視角から教育社会学の学問的特徴を整理しようとするテキ... もっと読む
全6アイテム中 1 - 6件を表示
ツイートする
×