杉本苑子のおすすめランキング

プロフィール

杉本苑子

大正十四(一九二五)年、東京に生まれる。昭和二十四年、文化学院文科を卒業。昭和二十七年より吉川英治に師事する。昭和三十八年、『孤愁の岸』で第四十八回直木賞を受賞。昭和五十三年『滝沢馬琴』で第十二回吉川英治文学賞、昭和六十一年『穢土荘厳』で第二十五回女流文学賞を受賞。平成十四年、菊池寛賞を受賞、文化勲章を受勲。そのほかの著書に『埋み火』『散華』『悲華水滸伝』などがある。平成二十九(二〇一七)年没。

「2021年 『竹ノ御所鞠子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉本苑子のおすすめランキングのアイテム一覧

杉本苑子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『華の碑文―世阿弥元清 (中公文庫 A 97)』や『孤愁の岸(上) (講談社文庫)』や『天智帝をめぐる七人 (文春文庫)』など杉本苑子の全554作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

華の碑文―世阿弥元清 (中公文庫 A 97)

134
3.79
杉本苑子 1977年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当時の社会的な背景などがよくわかるものだった。とても熱烈で繊細な美しさのある小説だったが、文章は難しく読むのに時間がかかる。 もっと読む

孤愁の岸(上) (講談社文庫)

127
3.76
杉本苑子 1982年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

財政難の薩摩藩に突如下った、濃尾川普請手伝いの幕命。「濃州、勢州、尾州川々御普請御手伝い仰せつけられ候間、その趣き存ぜらるべく候。もっとも此の節、参府に及... もっと読む

天智帝をめぐる七人 (文春文庫)

116
3.39

感想・レビュー

意外と日本書紀に忠実に書いているが、虚構でもいいからドラマをもっと盛り込んでほしいなあ 間人皇后が一時天皇だったというのもなんだかなあ ハラタワケ... もっと読む

孤愁の岸(下) (講談社文庫)

98
3.75
杉本苑子 1982年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昨年8月に、父の7回忌の法事で鹿児島に行った折、宝暦治水で犠牲になった薩摩義士を弔っている碑だったか塚だったかをたまたま見て、小学校時代に課題図書で宝暦治... もっと読む

檀林皇后私譜 (上) (中公文庫)

94
3.59
杉本苑子 1984年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勉強した内容が出てきてうれしい つか、勉強していないと全く此の本の良さが分からないね 残念なのは「淡路廃帝」が早良親王だと書いている事 淳仁天皇です... もっと読む

檀林皇后私譜 下巻 (中公文庫 A 97-7)

90
3.79
杉本苑子 1984年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史の中で一度は目にしたことがある「橘家」 名家として名高い家系から歴史上唯一立后した橘嘉智子。藤原氏が台頭する中、なぜ橘氏出身の嘉智子が皇后として唯一無... もっと読む

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)

89
3.56
杉本苑子 1994年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この時代の人たちはほとんど知らないので名前が覚えられず途中から漢字だけを読む。詳細に語っているので紫式部の生涯に加え時代背景がよくわかる様になっていて面白... もっと読む

穢土荘厳〈上〉 (文春文庫)

82
3.54

感想・レビュー

ちょっと前に図書館で借りたけど、本が古すぎて破れそうで躊躇ううちに期限が来て返却。最初の場面はうちから徒歩5分くらいの近くなので、すぐ引き込まれてはいまし... もっと読む

山河寂寥 上―ある女官の生涯 文春文庫 す 1-27

74
3.63

感想・レビュー

参った!超多忙時期に杉本様の本は避けるべきです(;_;)うっかり手にとって…はまってしまったわ。まるで映画を観るように物語が展開していく。二条の后も良かっ... もっと読む

傾く滝 (講談社文庫)

74
3.79

感想・レビュー

若くして自殺した美貌の八世市川団十郎の破滅的な恋の苦悩と悦楽。恋人は仇持ちの浪人。・・・辛いけど最高に面白いよ。 杉本苑子の本がほとんど絶版なのは本当に悲... もっと読む

春日局 (集英社文庫)

70
3.64
杉本苑子 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作のほか戦国時代から江戸時代を舞台にした歴史短編集。 春日局に関していえば、どんな描き方をしているのかと思いきや、日本人が一番思い浮かべる強かで傲岸不... もっと読む

山河寂寥 下―ある女官の生涯 文春文庫 す 1-28

64
3.70

感想・レビュー

平安初期、偏見ではありますがどうも埋もれがちなこの時代だけど見事に埋められた杉本先生、やっぱり素晴らしいなと…読んでいて本当に飽きない。 藤原淑子という1... もっと読む

赤ひげ横丁―人情時代小説傑作選 (新潮文庫)

64
3.41
池波正太郎 2009年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いずれも、名うての時代小説作家の、医術がテーマの好短編集。 特に、山本周五郎と乙川優三郎の2作品が◎。 もっと読む

穢土荘厳〈下〉 (文春文庫)

61
3.57

感想・レビュー

大地震、飢餓と疫病に見舞われる平城京。 栄華を誇った藤原家の兄弟達が次々に倒れる。 長屋王の呪いという風説も出て、聖武天皇は脅えて逃げだし、遷都を宣言... もっと読む

風の群像―小説・足利尊氏〈上〉 (講談社文庫)

59
3.43

感想・レビュー

室町時代はヒーローもヒールもいて面白そうなんですが、錯綜としていて分かりづらく、とっつきの悪さがあります。杉本さんなら、捉えどころのない足利尊氏を活き活き... もっと読む

二条院ノ讃岐 (中公文庫)

57
3.26
杉本苑子 1985年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歌の名手、源頼政の家に纏わる物語。四人の女によって、日陰に生きた人間の暗さが静かに語られる。 能の「頼政」を見たくなる。 もっと読む

猟奇文学館〈3〉人肉嗜食 (ちくま文庫)

56
3.41
村山槐多 2001年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カニバリズムをテーマにしたアンソロジー。 人の肉を食べるという禁忌は、怖いけど指の隙間から覗いてみたい的な怪しげな魅力があって、結構好きなテーマだったり... もっと読む

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

56
3.50
三島由紀夫 2014年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京オリンピック当時の文化人の新聞記事などを編集したもの。三島由紀夫の記事が最も多く五輪礼賛、熱い。 批判的な論を展開する人の気持ちも、またわかる。 もっと読む

悲華 水滸伝〈1〉 (中公文庫)

51
3.50
杉本苑子 2001年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水滸伝を全5巻でやるだけあって展開は早いけど、面白い。 でも史進・・・どこ・・・? あと異常に美男が多いww 個人的には北方水滸よりおすすめ。 もっと読む
全554アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×