杉本苑子の文庫本一覧

杉本苑子の文庫本一覧のアイテム一覧

杉本苑子の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『孤愁の岸(上) (講談社文庫)』や『華の碑文―世阿弥元清 (中公文庫)』や『天智帝をめぐる七人 (文春文庫)』など杉本苑子の全169作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

孤愁の岸(上) (講談社文庫)

85
3.85
杉本苑子 1982年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

財政難の薩摩藩に突如下った、濃尾川普請手伝いの幕命。「濃州、勢州、尾州川々御普請御手伝い仰せつけられ候間、その趣き存ぜらるべく候。もっとも此の節、参府に及... もっと読む

華の碑文―世阿弥元清 (中公文庫)

85
3.79
杉本苑子 1977年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

観世親子は将軍足利義満の加護の元、一世を風靡し、武家階級の教養となり今日に至る、と思いきや、将軍の交代や南北朝の余波に翻弄され続け、能楽の草創は不安定な時... もっと読む

天智帝をめぐる七人 (文春文庫)

80
3.47
杉本苑子 1997年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今ちょうどやる夫大海人皇子を読んでいるのでそのキャラに脳内置換されてしまうので、いまいちこの本とはまらないでいる。特に魔王さららたんに対して冷たいじゃない... もっと読む

孤愁の岸(下) (講談社文庫)

66
3.84
杉本苑子 1982年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昨年8月に、父の7回忌の法事で鹿児島に行った折、宝暦治水で犠牲になった薩摩義士を弔っている碑だったか塚だったかをたまたま見て、小学校時代に課題図書で宝暦治... もっと読む

檀林皇后私譜 (上) (中公文庫)

66
3.60
杉本苑子 1984年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016/03/29完讀 這本書正好跟王朝序曲描寫同一個時代,不同的視角饒富興味。主角橘嘉智子(被老尼說有皇后命),從小和從兄橘逸勢等一起長大,橘家因... もっと読む

穢土荘厳〈上〉 (文春文庫)

58
3.48
杉本苑子 1989年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<上下巻読了>  天平期の平城京を舞台に、皇統の血脈の転換と、政権闘争に纏わる人間模様が描かれる。  一貫した主人公はなく、複数の狂言回し及び観察者の... もっと読む

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)

58
3.48
杉本苑子 1994年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

らじは『源氏物語』フリークなので、作者の紫式部さんのお話ってことで読んでみました。 上巻を読み終わった率直な感想としては「つまらない」…。 この時代の... もっと読む

檀林皇后私譜 (下) (中公文庫)

58
3.82
杉本苑子 1984年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 橘逸勢(たちばなのはやなり)という男がいる。平安初期の能書家で三筆(さんぴつ・嵯峨天皇と空海、橘逸勢の三大書家)の一人の数えられる人物である。そして『檀... もっと読む

傾く滝 (講談社文庫)

58
3.74
杉本苑子 1985年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若くして自殺した美貌の八世市川団十郎の破滅的な恋の苦悩と悦楽。恋人は仇持ちの浪人。・・・辛いけど最高に面白いよ。 杉本苑子の本がほとんど絶版なのは本当に悲... もっと読む

山河寂寥 上―ある女官の生涯 文春文庫 す 1-27

54
3.57
杉本苑子 2002年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

参った!超多忙時期に杉本様の本は避けるべきです(;_;)うっかり手にとって…はまってしまったわ。まるで映画を観るように物語が展開していく。二条の后も良かっ... もっと読む

赤ひげ横丁―人情時代小説傑作選 (新潮文庫)

51
3.47
池波正太郎 2009年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いずれも、名うての時代小説作家の、医術がテーマの好短編集。 特に、山本周五郎と乙川優三郎の2作品が◎。 もっと読む

春日局 (集英社文庫)

50
3.50
杉本苑子 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【状態】 展示中 【内容紹介】 将軍徳川秀忠の長男・竹千代の乳母として、江戸城大奥に上がったお福は、次男・国松のほうを溺愛するお江与の方、つまり江(ごう... もっと読む

悲華 水滸伝〈1〉 (中公文庫)

44
3.57
杉本苑子 2001年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水滸伝を全5巻でやるだけあって展開は早いけど、面白い。 でも史進・・・どこ・・・? あと異常に美男が多いww 個人的には北方水滸よりおすすめ。 もっと読む

穢土荘厳〈下〉 (文春文庫)

42
3.55
杉本苑子 1989年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大地震、飢餓と疫病に見舞われる平城京。 栄華を誇った藤原家の兄弟達が次々に倒れる。 長屋王の呪いという風説も出て、聖武天皇は脅えて逃げだし、遷都を宣言... もっと読む

風の群像―小説・足利尊氏〈上〉 (講談社文庫)

41
3.13
杉本苑子 2000年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

室町時代はヒーローもヒールもいて面白そうなんですが、錯綜としていて分かりづらく、とっつきの悪さがあります。杉本さんなら、捉えどころのない足利尊氏を活き活き... もっと読む

二条院ノ讃岐 (中公文庫)

40
3.25
杉本苑子 1985年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二条院ノ讃岐の物語というより、父の源頼政を中心として語られている。 もっと読む

猟奇文学館〈3〉人肉嗜食 (ちくま文庫)

38
3.43
村山槐多 2001年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カニバリズムをテーマにしたアンソロジー。 人の肉を食べるという禁忌は、怖いけど指の隙間から覗いてみたい的な怪しげな魅力があって、結構好きなテーマだったり... もっと読む

二条の后 (集英社文庫)

37
3.33
杉本苑子 1989年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2002年4月20日購入。 2002年6月5日読了。 もっと読む
全169アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする