杉田敦のおすすめランキング

プロフィール

1957年生まれ。名古屋大学理学部物理学科卒。素粒子物理学専攻。東京工業大学像情報工学研究施設に研究員として2年間在籍。コンピュータ・ヴィジョンの研究に従事。科学哲学、人工知能、美学に関する評論活動。著書『メカノ──美学の機械、科学の機械』『ノード──反電子主義の美学』(いずれも青弓社)。

「年 『メカノ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉田敦のおすすめランキングのアイテム一覧

杉田敦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『デモクラシーの論じ方―論争の政治 (ちくま新書)』や『政治的思考 (岩波新書)』や『「知」の挑戦 本と新聞の大学 1 (集英社新書)』など杉田敦の全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

デモクラシーの論じ方―論争の政治 (ちくま新書)

249
3.42
杉田敦 2001年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2人の人物の対話形式で、民主主義をめぐるさまざまなテーマを取り上げた本です。民主主義にまつわる問題を知るための、優れた入門書です。 基本的には民主主... もっと読む

政治的思考 (岩波新書)

220
3.50
杉田敦 2013年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政治とはなにか? という入門の第一歩的内容。 「政治」とは関わりたくないなぁと思って生きてきたけれど、社会で生きていく以上大なり小なり政治と関わらなくては... もっと読む

これが憲法だ! (朝日新書)

142
3.49
長谷部恭男 2006年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

憲法学者の長谷部恭男と政治学者の杉田敦の対談を収録しています。 おおむね杉田が長谷部の考えに対して疑問をぶつけることで、いくつもの興味深い論点が浮き... もっと読む

権力 (思考のフロンティア)

102
3.26
杉田敦 2000年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

■体裁=B6判・並製・カバー・116頁 ■品切 ■2000年6月21日 ■ISBN 4-00-026430-3 C0310  関係論的権力観から,... もっと読む

社会の喪失―現代日本をめぐる対話 (中公新書)

72
3.42
市村弘正 2005年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

市村弘正の『標識としての記録』(1992年、日本でディタ―スクール出版部)に収録されたドキュメンタリー映画についての書評と、それをめぐって2005年におこ... もっと読む

西洋政治思想史

70
3.36
佐々木毅 1995年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プラトンからロールズに到るまで、時代、思想の類型ごとに各々の思想家の思想が整理、紹介されている教科書的な本。 非常にコンパクトにまとまっている反面、初学... もっと読む

ナノ・ソート: 現代美学、あるいは現代美術で考察するということ

66
3.33
杉田敦 2008年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代美学、、あるいは現代美術で考察するということ もっと読む

境界線の政治学

63
3.72
杉田敦 2005年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは政治ってなんなの?ってことを読むには最適な本。 民主主義って一口に言っても、リベラリズムとかコミュニタリアニズムとかマルチカルチャリズムとか、いろん... もっと読む

「改憲」の論点 (集英社新書)

55
3.83
木村草太 2018年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全部理解するのは難しかったが読める範囲でさっと。骨抜きの議論(要するに呪いの言葉とかご飯論法的な手法)に気づいて乗っからないことがまず大事なのだとはよくわ... もっと読む

権力論 (岩波現代文庫)

48
4.00
杉田敦 2015年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『思考のフロンティア 権力』(2000年)と『権力の系譜学―フーコー以後の政治理論に向けて』(1998年)の合冊。「権力」「リベラル・デモクラシー」「アイ... もっと読む

思考をひらく―分断される世界のなかで (思考のフロンティア (別冊))

45
3.22
姜尚中 2002年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「思考のフロンティア」シリーズの別巻で、姜尚中、齋藤純一、杉田敦、高橋哲哉の四人の短い論考と座談会が収録されています。 著者たちは、本シリーズの刊行... もっと読む

高校生と考える世界とつながる生き方 (桐光学園大学訪問授業)

44
4.25
石川九楊 2016年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「私は この小説を書くときに、読んでくださる人が小学六年生までの漢字を読む力があれば読んでもらえるものと思ってこの作品を書き始めました」 と「氷点」を書... もっと読む

憲法と民主主義の論じ方

42
3.67
長谷部恭男 2016年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

残念ながら、そして当然ながら紙面の方がスッキリまとまっている。 書籍化は枕が増えただけにしか思えない。 もっと読む

アートで生きる

41
3.11
杉田敦 2010年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「日本の」美術業界の著名人が日本の現代美術に関連する職業を解説している。日本で美術に関わって生きていくのに右も左もわからなければ進路決定や人脈づくりの参考... もっと読む

権力の系譜学―フーコー以後の政治理論に向けて

39
3.33
杉田敦 1998年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メモ) 1.P51 「重要なことは、真理は権力の外にも、権力なしにも存在しない、ということです。」(フーコー「真理と権力」1977) P51 そこでは... もっと読む

原発をどうするか、みんなで決める――国民投票へ向けて (岩波ブックレット)

36
3.50
飯田哲也 2011年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

…署名してきました。 『原発をどうするか、みんなで決める』という岩波ブックレットを読み、国民投票の意義が、原発推進、反対がどれだけいるか、ということ... もっと読む

境界線の政治学 増補版 (岩波現代文庫)

36
4.50
杉田敦 2015年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1章 政治と境界線―さまざまな位相 第2章 境界線を引くとはどういうことか 第3章 全体性・多元性・開放性―政治観念の変容と政治理論 第4章 法と暴力―... もっと読む

「こころ」とのつきあい方 13歳からの大学授業 (桐光学園特別授業)

31
4.00

感想・レビュー

アリストテレスの存在は重要。彼の哲学はそれまでのキリスト教の狭い信仰世界に収まりきれないもっと水平的で壮大な知への渇望と熱情を生じさせた。 自分を発見す... もっと読む

現代思想 2014年8月臨時増刊号 総特集◎丸山眞男 -生誕一〇〇年- ( )

28
3.17
丸山眞男 2014年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書HP http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791712830 http://d.hatena.ne.j... もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする