李昂のおすすめランキング

プロフィール

1952年、台湾彰化県鹿港生まれ。本名は施淑端。中学2年で小説を書き始め、高1の作品「花の季節」が新聞文芸欄に採用され、『1968年短篇小説選』に選ばれ作家デビュー。1970年台北の文化大学哲学部に入学、75年アメリカのオレゴン州立大学演劇学科大学院に留学、78年台湾に帰国後、創作活動を再開。78年、『愛情試験』で聯合報文学賞佳作、81年「誤解」で時報文学賞佳作、「別可憐我,請教育我」で報導文学賞、83年 『殺夫』(邦題『夫殺し』)で聯合報中篇小説賞主席を受賞。2002年第11回台湾頼和文学賞、04年フランス文化部の芸術文化勲章、12年第35回呉三連文学賞受賞。16年台湾中興大学名誉文学博士を取得。現代女性の内面や性、社会の伝統との葛藤をテーマに創作を続ける。邦訳書はほかに、『迷いの園』(国書刊行会)、『自伝の小説』(国書刊行会)いずれも藤井省三訳。作品は日本語のほか、英・独・仏・蘭語など各国語で翻訳刊行されている。

「2018年 『海峡を渡る幽霊 李昂短篇集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

李昂のおすすめランキングのアイテム一覧

李昂のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『海峡を渡る幽霊:李昂短篇集』や『夫殺し』や『迷いの園 (新しい台湾の文学)』など李昂の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

海峡を渡る幽霊:李昂短篇集

26
4.17
李昂 2018年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「谷の幽鬼」があまりにすごすぎてそれ以降読めなかった。 混血の女性(たくましく、胸も足もでかい)の娼婦が冤罪で拷問にかけられ、亡くなった後幽霊となるのだけ... もっと読む

夫殺し

13
3.29
李昂 1993年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思わず全身に嫌悪感の走る描写は、伝統的な制度が強いてきた女性への抑圧をこれでもかと読者に知らしめる。けれど主人公の夫であるその男もまた、屠殺を生業にする身... もっと読む

迷いの園 (新しい台湾の文学)

5
3.00
李昂 1999年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011/8/6購入 もっと読む

自伝の小説 (新しい台湾の文学)

5
3.00
李昂 2004年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

台湾現代文学。台湾の共産党トップの座についた女性、謝雪江の生涯を描く小説。1901-1970の生涯はアジアの20世紀を体現しているとも云える。日本植民地→... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする