村上和雄のおすすめランキング

プロフィール

筑波大学名誉教授。米国オレゴン医科大学、京都大学農学部、米国バンダービルト大学医学部等を経て、1978年より筑波大学応用生物化学系教授。同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長等を務め、99年に退官。83年に高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に初めて成功、世界的な注目を集める。90年、マックス・プランク研究賞、96年、日本学士院賞を受賞

「2021年 『コロナの暗号 人間はどこまで生存可能か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上和雄のおすすめランキングのアイテム一覧

村上和雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アホは神の望み』や『〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫)』や『スイッチ・オンの生き方』など村上和雄の全135作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アホは神の望み

302
3.67
村上和雄 2008年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書の趣旨は,小利口にこざかしく生きるよりも,愚直に素直で真っ直ぐにコツコツと生きていく姿勢を示すことが,非常に重要であるということです。それは,多くの科... もっと読む

〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫)

279
3.72
村上和雄 2004年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

完全に同意できないところがあったり、遺伝子について専門的すぎて理解できないところもあったけれど、科学者の方がサムシンググレートを感じている、その実感につい... もっと読む

スイッチ・オンの生き方

264
3.83
村上和雄 2011年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は遺伝子暗号解読で実績を残した科学者です。「遺伝子が目覚めれば、人生が変わる」という副題がついており、科学的事実に基づいた本に、出版社側が思わせぶりな... もっと読む

生命(いのち)の暗号

237
3.77
村上和雄 1997年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遺伝子工学の研究者である村上先生が一般向けに書いた、遺伝子の不思議を知ることのできる本。私たちの遺伝子にはONとOFFがあって、現在働いているのはせいぜ ... もっと読む

神(サムシング・グレート)と見えない世界(祥伝社新書308)

159
2.93
矢作直樹 2013年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サムシング・グレート(神)の存在をめぐり、東大教授矢作直樹と筑波大名誉教授 村上和雄との対談。冒頭、小柴教授とダライラマとの対談の紹介がある。戦争が無くな... もっと読む

生命のバカ力 (講談社+α新書)

136
3.40
村上和雄 2003年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても読みやすい遺伝子工学についての書籍でした。ちょっとおすすめです。 遺伝子にはONとOFFのスイッチがあり、ほとんどを使っていないので、無限の可能性... もっと読む

SUPER BRAIN

127
3.46

感想・レビュー

自己啓発の書。 【書誌情報】 『スーパーブレイン――脳に使われるな脳を使いこなせ最高の人生をあきらめない心のパワー』 原題:Super Brai... もっと読む

アホは神の望み (サンマーク文庫 む 1-7)

121
3.77
村上和雄 2011年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

( オンラインコミュニティ「Book Bar for Leaders」内で紹介 https://www.bizmentor.jp/bookbar ) もっと読む

遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!

83
3.64
村上和雄 2004年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生命とは何かをさまざまな人物と自身の経験から解きあかそうとしている。遺伝子レベルでは99%が皆同じ。遺伝子情報のどの部分をオンにするか?あるいはどこをオフ... もっと読む

どうせ生きるなら「バカ」がいい

83
3.92
村上和雄 2015年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思わず手にとりたくなるタイトルでした~~ 村上氏の本はいくつか読んだ事がありましたが 宮島氏は初めて見る人でした。 自分が過去にうつ病になった経験を持っ... もっと読む

生命(いのち)の暗号 2 (サンマーク文庫)

80
3.69
村上和雄 2009年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村上和雄先生の著書、『生命の暗号』の第2弾。 第1弾に負けず劣らずおもしろい。 視野が広がりました。 もっと読む

人生の暗号―あなたを変えるシグナルがある

78
3.52
村上和雄 1999年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村上さんは高血圧の鍵を握る酵素「レニン」の遺伝子を世界で初めて解読したことで知られるバイオテクノロジー分野における世界的な権威で、日本の学術賞としては最も... もっと読む

人は何のために「祈る」のか

75
3.52
村上和雄 2008年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祈り」はとてつもない力を秘めている! それはわれわれの潜在的可能性を目覚めさせる行為なのだ。「祈りと遺伝子」という壮大なテーマに世界的科学者と第一線の宗... もっと読む

サムシング・グレート (サンマーク文庫)

72
3.44
村上和雄 1999年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最先端の生物学者が、(信心深い家族の影響もあり、)自然への畏敬の念、"something great"を抱きつつ、ご自身の半生を綴っている。その経歴自体が... もっと読む

そうだ!絶対うまくいく!―「できる」遺伝子が目ざめる生き方・考え方

64
3.65

感想・レビュー

あれこれ考えて何かをするときに二の足を踏んでしまう自分には背中を押してくれる1冊。 科学者の視点からどう遺伝子をオンにすれば物事がうまく進められるかわかり... もっと読む

世界は1つの生命からはじまった―サムシング・グレートからの贈り物

61
3.69

感想・レビュー

細胞レベルの話から、宇宙レベルより広い"サムシング・グレート"が書かれている本。 綺麗な絵本で、日本語・英語・エスペラント語で書かれていて、作者等が「命... もっと読む

人は何のために「祈る」のか 生命の遺伝子はその声を聴いている (祥伝社黄金文庫)

60
4.50
村上和雄 2010年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りたが、購入して改めてじっくり読んで、実践してみようと、強く決意! 改めて大切な家族の幸せを、まずは毎日、心から祈ってみよう⤴⤴と痛感 もっと読む

人を幸せにする「魂と遺伝子」の法則

58
3.90
村上和雄 2011年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遺伝子は、環境によって変化し、オン、オフを繰り返すもの。 例えば、糖尿病患者に漫才を見せた結果、血糖値上昇が抑えられたケースがあり、これは「笑い」に... もっと読む

人生の暗号 (サンマーク文庫)

56
3.78
村上和雄 2009年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生命の不思議、人生の不思議をサムシング・グレートによって引き起こされている。如何に科学が進歩しようとも、それを乗り越えることはできない。今までは西洋的なも... もっと読む
全135アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×