村上春樹のおすすめランキング

プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

村上春樹のおすすめランキングのアイテム一覧

村上春樹のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ノルウェイの森 上 (講談社文庫)』や『ノルウェイの森 下 (講談社文庫)』や『海辺のカフカ (上) (新潮文庫)』など村上春樹の全704作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

38226
3.58
村上春樹 2004年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気温が下がってくるとなんだか無性にこの本が読みたくなる。ということで3回目。今まで親の古い文庫本(装丁が文庫オリジナルのもの)を読んでいたので新しく購入。... もっと読む

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

33926
3.59
村上春樹 2004年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30年ぶりの再読です。 文章の美しさに驚かされます。 50になろうかとするオヤジが読めば、ウジウジと悩み、しかしヤリまくる主人公に辟易しそうなストーリーで... もっと読む

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

27449
3.65
村上春樹 2005年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめて読んだのは、8年前。初版。19歳だったわたし。 あの時、よく読んだなあ、と改めて思った。 田村カフカ少年、こんな複雑だったっけ? 大島さん、こん... もっと読む

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

23422
3.63
村上春樹 2005年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 村上春樹は読んだことがなかった。別に食わず嫌いだったわけでもなく、ただ何となく。そこへ、先日友人からのこの本を薦められ、読んでみた。初春樹だ。  先が... もっと読む

1Q84 BOOK 1

22653
3.78
村上春樹 2009年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

春樹ワールド ですね。タイトルだけは出版時から知っていて表紙デザインも頭に残っていたけどやっと読んだ。タイトルの意味合いや登場人物の構図が分かってきて、オ... もっと読む

1Q84 BOOK 2

18984
3.78
村上春樹 2009年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1Q84 2巻、かなり解れてきた糸。この巻もテンポよく展開するのでひといきに読了。小学生で出逢った二人がどうやらメインで展開して行くようだ。結構面白い。出... もっと読む

1Q84 BOOK 3

16759
3.74
村上春樹 2010年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

等閑にうんざり。または、パチンコやバラエティ番組との相似            一気に読める。洒落た会話に、視覚的な情景描写、ブランド名や性的な事柄... もっと読む

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

16448
3.63
村上春樹 1997年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナ騒動の直前に、舞台版「ねじまき鳥クロニクル」を鑑賞。その衝撃冷めやらぬ中、何度目かわからない再読。 以下、実況風ひと口メモです。 「ねじまき... もっと読む

風の歌を聴け (講談社文庫)

16437
3.48
村上春樹 2004年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ああ、村上春樹はここから始まったのか。これは、凄いな。「新しかった」し、「鮮やか」だったし、「おしゃれ」だっただろうなぁ。 そして、今でもその「新しさ」... もっと読む

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

14447
3.63
村上春樹 2013年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村上春樹の作品はほとんど読んでいるが、ハルキストを名乗るほどの熱狂的なファンでもない。 それでもやはり新作が出ると聞きつけると心が浮き立つ。 1Q84... もっと読む

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

14163
3.48
村上春樹 2001年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たまに必ず読みたくなるんです。村上春樹さんの小説。熱狂的なファンがいる一方、素敵なストーリーを求める読書には敬遠されがち。では私が何故、時々彼の小説が無性... もっと読む

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

13182
3.63
村上春樹 1997年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナ騒動の直前に、舞台版「ねじまき鳥クロニクル」を鑑賞。その衝撃冷めやらぬ中、何度目かわからない再読。 以下、実況風ひと口メモです。 「ねじまき... もっと読む

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

12964
3.68
村上春樹 2004年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んでわたしは村上春樹の長編小説世界はちっとも面白くないと思ってしまったのですが、中学生のわたし、なにをよんでいたの?って疑問になるくらい面白かっ... もっと読む

アフターダーク (講談社文庫)

12766
3.15
村上春樹 2006年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20190807、五年越しの再再読。 以下エンディングまでのネタバレ含む、注意。 (過去二回のレビューはメモへ移動) 顔のない男とは... もっと読む

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

12693
3.63
村上春樹 1997年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナ騒動の直前に、舞台版「ねじまき鳥クロニクル」を鑑賞。その衝撃冷めやらぬ中、何度目かわからない再読。 以下、実況風ひと口メモです。 「ねじまき... もっと読む

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

11290
3.84

感想・レビュー

職場の同期に感化され、村上春樹ブームが到来中。 以前読んだ作品も、あまり内容を覚えていなかったので再読です。 <ハードボイルド・ワンダーランド>と... もっと読む

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

11253
3.73
村上春樹 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

台詞に、思想に、ハッとさせられながらも、どこか全てに薄く靄のかかっているようで、私は半分眠っているかのような不思議な感覚のまま物語は進んでいった。 実は... もっと読む

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

10851
3.78
村上春樹 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村上春樹氏の本が好きで、特に落ち込んだときによく読んでいた。春樹氏の小説を読むと「そうだな、孤独なのは自分だけなじゃいな」と感じ、元気になれた。 それから... もっと読む

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)

10769
3.72
村上春樹 2012年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村上春樹とは相性が良くない。 そうはわかっていても読んでみたい作品であった。 いよいよ重い腰を上げて挑むことにした。 村上春樹、久々の再会。 ... もっと読む

1973年のピンボール (講談社文庫)

10375
3.39
村上春樹 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間が出てこない。 人間が書かれているはずなのに、人間がいない気がする。稀薄。 特に女性はいない、軽い、特徴的な双子だって、人間じゃない。 男女の関... もっと読む
全704アイテム中 1 - 20件を表示

村上春樹の関連サイト

村上春樹に関連する談話室の質問

ツイートする