村井章介のおすすめランキング

プロフィール

1949年、大阪市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。博士(文学)。
同大学史料編纂所、同文学部・人文社会系研究科、立正大学文学部を経て、現在東京大学名誉教授、公益財団法人東洋文庫研究員。
専門は日本の対外関係史。国家の枠組みを超えて人々が活動し、「地域」を形成していく動きに関心をもち、あわせてかれらの行動を理解するのに不可欠な船、航路、港町などを研究している。
おもな著書に、『中世倭人伝』(岩波新書、1993年)、『東アジア往還─漢詩と外交─』(朝日新聞社、1995年)、『世界史のなかの戦国日本』(ちくま学芸文庫、2012年)、『日本中世境界史論』(岩波書店、2013年)、『日本中世の異文化接触』(東京大学出版会、2013年)、『古琉球─海洋アジアの輝ける王国─』(角川選書、2019年)ほかがある。

「2021年 『東アジアのなかの日本文化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村井章介のおすすめランキングのアイテム一覧

村井章介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫 ム 5-1)』や『分裂から天下統一へ〈シリーズ日本中世史 4〉 (岩波新書)』や『中世倭人伝 (岩波新書 新赤版 274)』など村井章介の全46作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫 ム 5-1)

214
3.64
村井章介 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りた。 タイトル通り、戦国時代の日本を世界史からみつめた本。日本史という枠組みだと、「火縄銃が種子島に伝来しました」「キリスト教が日本に広がりま... もっと読む

分裂から天下統一へ〈シリーズ日本中世史 4〉 (岩波新書)

151
3.97
村井章介 2016年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

変化する国際関係の中で、日本の政権の変化と立ち位置がよくわかった。中華、欧州に比べ日本はお家争いに終始しているように思える。 1、秀吉は、信長の武力を引き... もっと読む

中世日本の内と外 増補 (ちくま学芸文庫 ム 5-2)

75
3.58
村井章介 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中世日本史を専門とする村井章介先生の一般向け書籍。 東アジア諸国との関係が不安定になり市井の日本人や韓国人、中国人の相互の感情が悪化していく今におい... もっと読む

境界をまたぐ人びと (日本史リブレット 28)

58
3.44
村井章介 2006年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

蝦夷とヤマトの関係、日本海沿岸部に渡来し暮らす唐人(商人など)、博多と対馬における交易や交流、平家物語の鬼界ヶ島に焦点を当てた琉球・薩摩の関係、江戸時代の... もっと読む

古琉球 海洋アジアの輝ける王国 (角川選書 616)

54
3.83
村井章介 2019年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【世界をつなぐ海の王国】 「古琉球史はなんてったっておもしろい」で始まるこの本は前近代の琉球について、各国に残るありとあらゆる史料と人種論・言語などから分... もっと読む

海から見た戦国日本―列島史から世界史へ (ちくま新書 127)

52
3.64
村井章介 1997年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代の日本を世界システムと関連づけ、松前を通じての北方、薩摩を通じての琉球、対馬を通じての朝鮮との交易といった観点から見る。 蠣崎・松前氏とアイヌの... もっと読む

北条時宗と安達泰盛 異国合戦と鎌倉政治史 (講談社学術文庫)

38
3.40
村井章介 2022年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 元寇の際の鎌倉幕府執権の座にあったことで有名な北条時宗であるが、実はそのひととなりを物語る史料が極端に少なく、具体的な人物像を描くことは難しいとのことで... もっと読む

北条時宗と蒙古襲来―時代・世界・個人を読む (NHKブックス 902)

35
3.29
村井章介 2001年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 表題は北条時宗のみだが、安達泰盛についてもかなりの紙幅を割いている(「弘安徳政」の評価が極めて高い)。鎌倉幕府の統治体制の変容、元寇前後の国際情勢(特に... もっと読む

NHKさかのぼり日本史 外交篇[6]戦国 富と野望の外交戦略 なぜ、大航海時代に戦国の世は統一されたのか

33
3.50
村井章介 2013年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白くない。 歴史書で引き込まれる本は、新しい知見や解釈、説得力のある主張と優れた文章力の何れかを持っているが本書にはみあたらないように思えた。 もっと読む

内と外――対外観と自己像の形成 (岩波講座 日本の思想 第三巻)

27
苅部直 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

■細目次 https://gyazo.com/6c648d42d15068813e06d7acc9e5a4a0 https://gyazo.com/2... もっと読む

朝幕の確執、承久の乱へ (マンガ 日本の歴史 16)

26
3.40
村井章介 1991年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「マンガ日本の歴史(16) 朝幕の確執、承久の乱へ」石ノ森章太郎著、中央公論社、1991.02.20 235p ¥1,000 C0379 (2022.0... もっと読む

中世日本の内と外 (ちくまプリマーブックス 128)

22
3.43
村井章介 1999年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朝鮮半島から中世の日本社会を眺めるとどうなるか。それを史料に基づいてわかりやすく説いている。室町時代を扱った第5章と第6章が特に面白かった。 もっと読む

日本中世境界史論

17
村井章介 2013年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆境界の外側から内側はどう見えるのか もっと読む

世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫)

16
4.00
村井章介 電子書籍 2012年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

16~17世紀前半の日本列島では、政治的動きとしては豊臣・徳川による統一政権を生むが、経済的には何が起こっていたのか?朝鮮貿易と幕府の勘合貿易、サハリン・... もっと読む

対外交流史

14
4.00
村井章介 2021年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://cool.obirin.ac.jp/opac/volume/884055 もっと読む

アジアのなかの中世日本 (歴史科学叢書)

10
4.00
村井章介 1988年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

征西府は南朝に対して完全に自立しており、九州国家であると主張する。 もっと読む
全46アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×