村木嵐のおすすめランキング

プロフィール

1967年京都市生まれ。京都大学法学部卒業。会社勤務等を経て、95年より司馬遼太郎家の家事手伝いとなる。司馬遼太郎氏の没後、夫人である福田みどり氏の個人秘書を19年間務める。2010年『マルガリータ』で第17回松本清張賞を受賞し、作家デビュー。

「2020年 『せきれいの詩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村木嵐のおすすめランキングのアイテム一覧

村木嵐のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『マルガリータ』や『マルガリータ (文春文庫)』や『なさけ <人情>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)』など村木嵐の全45作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

マルガリータ

175
3.70
村木嵐 2010年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代にキリシタン大名がローマに送った少年使節の日本に戻ってからの、時代に翻弄される姿を描いてある。 四人のうちただ一人、棄教した、ミゲルの一生を、主... もっと読む

マルガリータ (文春文庫)

134
3.46
村木嵐 2013年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千々石ミゲルは、棄教しなかったのか。 もっと読む

なさけ <人情>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

118
3.31
宮部みゆき 2018年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日読んだアンソロジー「ねこだまり」が良かったので普段時代ものの人情ものは読まないのですが手に取ってみました。 自分は、章が進むにつれて内容が深くなってる... もっと読む

やまと錦

38
3.57
村木嵐 2017年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊藤博文は時代の勢いでトップに立った人という イメージだったけど、有能な人だったのかもと思わしめた。明治維新を深く学びたい。 もっと読む

船を待つ日 小坂屋お嬢の江戸見廻り始末

36
2.83
村木嵐 2012年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コミカルな表紙につられて読んでみたが、お話しは結構大きい事に…気になる設定は多いけど、そのままで終わってしまったように思う。他の方の感想でもあるが、町の中... もっと読む

戦国 番狂わせ七番勝負 (文春文庫)

36
3.60
高橋直樹 2017年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史上の有名な戦いや、大大名の合戦の話ではないが、英雄の若き日の活躍や小が大を制する小気味好い物語がとても面白い。島津義弘、織田信長、真田昌幸などの想定外... もっと読む

夏の坂道

36
3.75
村木嵐 2019年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/04/30南原繁☆村木嵐 読了 新渡戸稲造カーライルトゥーザニアレストデューティ目の前の義務を果たし続けているとその転職を知る 本を読みなさい専... もっと読む

頂上至極

31
3.69
村木嵐 2015年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 江戸時代中期、氾濫が相次ぐ木曽三川の治水工事を命じられた外様大名の薩摩藩が、莫大な借金を背負いながらも、約千名の藩士をはるばる尾張まで派遣して難工事を成... もっと読む

地上の星

29
3.40
村木嵐 2016年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国末期の天草を描いた歴史小説。 貧しい「おせん」と二万石のお姫様「お京」の2人を軸として島津、小西、秀吉、家康に小舟のように翻弄される天草を描く。中々... もっと読む

島津の空 帰る雁

27
3.55
村木嵐 2015年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

薩摩と兄弟たちを慈しむ義久、家康めがけ敵中突破した義弘、死を恐れず秀吉と対峙した歳久、命をかけて兄を守る家久――薩摩の魂を戦国乱世に轟かせた島津四兄弟を描... もっと読む

遠い勝鬨

22
3.33
村木嵐 2012年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知恵伊豆と呼ばれた松平信綱と、まだ若き彼の元に医術を学びたいとやってきた少年小太郎の物語だ。 知恵伊豆は村木嵐のほかの作品でも登場するからよほど好きな人物... もっと読む

時代小説 ザ・ベスト2020 (集英社文庫)

21
2.83
日本文藝家協会 2020年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年度の小説誌に発表された短編から精選した、傑作11編を収録。 収録作品/「ゴスペル・トレイン」川越宗一(第162回 直木賞受賞作家)/「太郎庵より... もっと読む

せきれいの詩

21
3.11
村木嵐 2020年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020.9.1読了 図書館 尾張藩徳川兄弟から見た幕末〜明治。 先日読み終わった渋沢栄一に出てきた徳川慶喜像とはかなり違う。 多分どちらも本当なんでしょ... もっと読む

多助の女

17
2.57
村木嵐 2013年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女を騙して引き込み役をやらせ、押し入ってすぐに口封じのために殺すというやり口で押しこみを繰り返す冷酷非情な強盗を描くピカレスクものかと思いきや、途中で趣き... もっと読む

雪に咲く

17
3.00
村木嵐 2013年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「大権現様」の威光が残りつつもそれが消えゆこうとしている時代に、越後高田藩で良政を行った筆頭家老の小栗美作の生涯を綴った物語だ。 いい題材、いい話だと思う... もっと読む

風を待つ日 - 古物屋お嬢と知恵伊豆様の落書

17
2.83
村木嵐 2014年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ2作目。短編四つ。時々、「?」と思うところもあるけど、楽しく読めた。先に短編やってから前作みたいな長編のほうがいいと思った…。犬はどんな犬なんだろ... もっと読む

遠い勝鬨 (文春文庫)

15
3.50
村木嵐 2014年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【没後30年、ますます鮮やかな人間ドラマ!】地唄の名人である盲目の父親と、アメリカに渡った娘との凄まじい愛情の確執、芸へのひたむきさを描いた著者初の記念的... もっと読む

天下取(てんかとり)

15
4.00
村木嵐 2020年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今川、武田、北条の同盟で政略結婚をさせられた、三人の姫――嶺松院、黄梅院、早川殿。束の間の幸せは三家の対立によって崩れてしまう……。戦国の世の道理に翻弄さ... もっと読む

マルガリータ

9
3.50
村木嵐 電子書籍 2013年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4.2 もっと読む
全45アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×