村松剛のおすすめランキング

村松剛のおすすめランキングのアイテム一覧

村松剛のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ジャンヌ・ダルク―愛国心と信仰 (中公新書 (138))』や『醒めた炎―木戸孝允〈上巻〉』や『ユダヤ人―迫害・放浪・建国 (中公新書 (30))』など村松剛の全84作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ジャンヌ・ダルク―愛国心と信仰 (中公新書 (138))

91
3.27
村松剛 1967年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

丸顔でがっちりした体格のジャンヌダルクが描かれる。 数あるキリスト教国のうち、なぜフランスが宣託により守られるべきものだったのか。ナショナリズムの萌芽を... もっと読む

醒めた炎―木戸孝允〈上巻〉

85
4.03
村松剛 1987年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帝国主義を標榜する世界の中で幕府がどのような政策をとり、それに対して当時の人々がどのように翻弄されていくのかということが丁寧に書いてあります。桂自身、維新... もっと読む

ユダヤ人―迫害・放浪・建国 (中公新書 (30))

81
3.40
村松剛 1963年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011/4/29 My本棚のこれまでに登録していなかった本を登録。 古い本、こだわりの本がある。 TT用も  もっと読む

教養としてのキリスト教 (講談社現代新書 34)

67
3.33
村松剛 1965年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル通り、教養としてのキリスト教 平易でわかりやすい もっと読む

醒めた炎―木戸孝允〈下巻〉

58
4.33
村松剛 1987年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木戸孝允が主人公、下巻でも暫く高杉らが登場します。 個人的に、焦点が藩幕府諸外国から明治新政府にしぼられつつあるので、上巻よりも読みやすく感じました。 ... もっと読む

醒めた炎―木戸孝允〈1〉 (中公文庫)

48
4.28
村松剛 1990年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2015.07.01読了)(1990.08.21購入) 副題「木戸孝允」 最初、日本経済新聞の日曜版に連載されました。その後、1987年に中央公論社... もっと読む

帝王後醍醐―「中世」の光と影 (中公文庫 む 10-1)

22
3.56
村松剛 1981年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物事のあやを絡めながら史実を積み重ねていく、というスタイルは僕にはとても読みやすかったし、面白かった。読み始めてから2ヶ月半。この辺の歴史の知識はほぼゼロ... もっと読む

醒めた炎―木戸孝允〈3〉 (中公文庫)

20
4.00
村松剛 1990年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2015.09.30読了)(1990.11.02購入) 副題「木戸孝允」 木戸孝允(桂小五郎)の評伝、第3巻です。 大政奉還のあと、王政復古により... もっと読む

醒めた炎〈2〉木戸孝允 (中公文庫)

19
4.00
村松剛 1990年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2015.08.01読了)(1990.09.27購入) 副題「木戸孝允」 桂小五郎・木戸孝允の評伝、全四巻の二巻目です。 桂小五郎のことを書きなが... もっと読む

醒めた炎―木戸孝允〈4〉 (中公文庫)

18
4.33
村松剛 1991年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2015.11.19読了)(1991.11.11購入) 副題「木戸孝允」 木戸孝允(桂小五郎)の評伝、全四巻の最終巻です。第一巻を6月末から読み始め... もっと読む

三島由紀夫の世界

12
3.33
村松剛 1990年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014年10月14日、松阪BF もっと読む

民族とは何か

11
3.00
山本七平 1992年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単行本: 224ページ 出版社: 徳間書店 (1992/08) もっと読む

ナチズムとユダヤ人―アイヒマンの人間像 (1962年) (角川新書)

6
5.00
村松剛 1962年 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古書店でたまたま発見し購入した。 アドルフ・アイヒマンの裁判の証言者の記録と、アイヒマンの半生がまとめられている。 この一冊に収められた内容の深さ重さ... もっと読む

湾岸戦記 (学研M文庫)

6
4.00
村松剛 2002年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界の不思議・・・宗教 もっと読む

世界史の中の日本―危機の指導者群像

5
3.00
村松剛 1995年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルもビジネスマン向けの危機管理マニュアル本のようだが中身は大違い.これは古代日本,しかも古代も古代,弥生時代から白鳳時代の日本外交を扱った,ユニーク... もっと読む
全84アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする