村松潔のおすすめランキング

プロフィール

1946年、東京生まれ。訳書に、シャルル・ペロー『眠れる森の美女――シャルル・ペロー童話集』(2016)、ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』(上下巻、2012)(以上、新潮文庫)、イアン・マキューアン『未成年』(2015)、ジョン・バンヴィル『いにしえの光』(2013)、マイケル・オンダーチェ『ディビザデロ通り』(2009)(以上、新潮クレスト・ブックス)、トマス・H. クック『サンドリーヌ裁判』(早川書房、2015)、ジョン・バージャー/ジャン・モア『果報者ササル――ある田舎医者の物語』(みすず書房、2016)ほか多数。

「2016年 『果報者ササル ある田舎医者の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村松潔のおすすめランキングのアイテム一覧

村松潔のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『海底二万里(上) (新潮文庫)』や『海底二万里(下) (新潮文庫)』や『パリ左岸のピアノ工房 (新潮クレスト・ブックス)』など村松潔の全97作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

海底二万里(上) (新潮文庫)

1138
3.70

感想・レビュー

SFの名作だが、なんか自然現象や海の生物の事典を読んでいるようだった。でも出版時の19世紀後半では一般人には本を読むという習慣はなかったと思うので新鮮だっ... もっと読む

海底二万里(下) (新潮文庫)

827
3.73

感想・レビュー

私のSF好き(というほどでもないが)の原点ってなんだろう、と考えてみたら、たぶん子どものころ母に薦められて読んだ『海底二万マイル』ではないかなと。はじめは... もっと読む

パリ左岸のピアノ工房 (新潮クレスト・ブックス)

755
3.99
T.E.カーハート 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカ人の著者が生活の中で偶然見つけたピアノ工房で様々な人々やピアノとの出会いがやわらかなリズムで描かれている。 ピアノの発表会が大嫌いだったとい... もっと読む

マディソン郡の橋 (文春文庫)

687
3.48

感想・レビュー

最後のカーボーイ、ロバートと、アイオワの農場に住むイタリア出身のフランチェスカ。対極の人生を歩む二人が、マディソン郡の橋を介して出会います。 まるで足り... もっと読む

初夜 (新潮クレスト・ブックス)

576
3.64

感想・レビュー

まだ性の解放が叫ばれる前の1960年代初頭のイギリス。幸せな結婚式を挙げたばかりの新婚夫婦は、素敵なホテルで豪勢な夕食を終えて、初めての夜をむかえる。 期... もっと読む

未成年 (新潮クレスト・ブックス)

424
3.95

感想・レビュー

どんどんページをめくらせる面白さと、深く考え込まずにはいられない重い問いかけをあわせ持つ、さすがマキューアン、という一冊。 宗教を(とりわけカルトを... もっと読む

友だち (新潮クレスト・ブックス)

396
3.50

感想・レビュー

なんと表現したらいいのか悩む内容で、実は半分も理解できていないかもしれない。大切な男友達を失った女性作家の、フィクションともノンフィクションともつかぬ内省... もっと読む

甘美なる作戦 (新潮クレスト・ブックス)

283
3.74

感想・レビュー

正直に告白をすると、前半を読みながら冗長な文章に小さく溜息をつくこともあったし、主人公の女スパイ・セリーナに対する微かな違和感をずっと拭えずにいた。この違... もっと読む

夜の記憶 (文春文庫)

278
3.71

感想・レビュー

「かなり怖い」「衝撃の結末」という紹介文句に惹かれ、読んでみたけれど……ま、期待が大きすぎたかな。でもたしかにページをめくる手は止まらず、かなりハイペース... もっと読む

マディソン郡の橋

270
3.57

感想・レビュー

「世間」と「運命」との激しい軋みあいが、米国中西部の自然にたゆとう男女の恋愛として描かれている。 「君へと堕ちていく」ということばの重みは、一度でも世間に... もっと読む

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)

268
3.38

感想・レビュー

 学界の住人の日常という個人的にはなじみのない世界が新鮮だったこと、声に出して笑ってしまうジョークの数々のおかげで星印2つを免れたが、短編を集めたようなま... もっと読む

ダーク・ハーフ 上 (文春文庫)

252
3.50

感想・レビュー

20年以上前に買って読んだ記憶がないから開いてみた 主人公は売れない作家、実は別名義でベストセラー作家の顔を持つが、別名義を封印する決意と共に、その別名義... もっと読む

恋するアダム (新潮クレスト・ブックス)

239
4.09

感想・レビュー

一気読み。 架空の1982年(もうここから、何で架空の過去なの?!って引き込まれる。ジョン・レノンが無事な1982年)、AIのアダムを購入した主人公。 共... もっと読む

憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)

226
3.65

感想・レビュー

赤ちゃんから見た両親、不倫、社会をややニヒルな目線で書いた作品。 現代のハムレットなんていうので期待したが、それほどではないかなー。本家の迫力は無いし、訳... もっと読む

ダーク・ハーフ 下 (文春文庫)

224
3.45

感想・レビュー

主人公の別名義の分身が、邪魔な人間をバシバシ始末していく様は極悪非道 その原動力が何かが分身の視点で語られたり、赤子達があろうことかこの邪悪な存在を受け入... もっと読む

ローラ・フェイとの最後の会話 (ハヤカワ・ミステリ 1852)

195
3.57

感想・レビュー

今はどうだか知らないけれど、30年ぐらい前は日本もこんなことがあったんじゃないだろうか。 進学率がどんどん高くなって、親父は中卒で息子は大学卒。 親父... もっと読む

海に帰る日 (新潮クレスト・ブックス)

193
3.31

感想・レビュー

ベタでクサいと優れた小説世界との紙一重的作品。妻に先立たれ自暴自棄になり、過去に失われた初恋の少女を想いながら酒を飲む。過去の情景の立ち現れ方というか、本... もっと読む

心の砕ける音 (文春文庫)

188
3.69

感想・レビュー

 弟の殺人事件の真相を追う兄の姿を回想と交えて描くミステリー。  回想を交えながらゆっくりと主人公の心の機微を美しい表現で描いていくクック作品らしい... もっと読む

沼地の記憶 (文春文庫)

173
3.70

感想・レビュー

なんか、ツライ。疲れた。光は見えなかった。 もっと読む

ディビザデロ通り (新潮クレスト・ブックス)

150
3.74

感想・レビュー

『イングリッシュ・ペイシェント』を映画で見ただけで、初オンダーチェ。 普通の人間の人生の一時期をいくつも描き、それぞれが緩やかに繋がっているのが面白い。... もっと読む
全97アイテム中 1 - 20件を表示

村松潔に関連する談話室の質問

ツイートする
×