村瀬学のおすすめランキング

プロフィール

2019年4月現在
同志社女子大学特任教授(生活科学部人間生活科)

「2019年 『いじめ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村瀬学のおすすめランキングのアイテム一覧

村瀬学のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『宮崎駿の「深み」へ (平凡社新書)』や『自閉症―これまでの見解に異議あり! (ちくま新書)』や『「あなた」の哲学 (講談社現代新書)』など村瀬学の全53作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

宮崎駿の「深み」へ (平凡社新書)

94
3.09
村瀬学 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつも「絵が綺麗」とか「声優さんが」とかそういった好きの観点でしか見ていなかったので…こういう捉え方もできるんだー、と。何事も学問になり得るのですね… もっと読む

自閉症―これまでの見解に異議あり! (ちくま新書)

80
3.44

感想・レビュー

【資料ID: 1111011831】 493.9375-Mu 57 http://opac.lib.saga-u.ac.jp/opc/recordID/... もっと読む

「あなた」の哲学 (講談社現代新書)

66
2.71
村瀬学 2010年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大衆は「あなた」を歌い、知識人は「他者」を論じてきた。という問題提起から論考を進めていく観点には興味深いものがある。が、内容的には書名とは違って哲学という... もっと読む

「食べる」思想 ~人が食うもの・神が喰うもの

49
3.80
村瀬学 2010年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デカルトは「我考えるゆえに我あり」と言ったが、本当にそうか? 「我食べる故に我あり」ではなかろうか、から始まる「食べる」思想を説いた書。 面白かった! ... もっと読む

新書781宮崎駿再考 (平凡社新書)

39
2.80
村瀬学 2015年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架:361.5A/F67f//K もっと読む

なぜ大人になれないのか―「狼になる」ことと「人間になる」こと (新書y)

34
3.46

感想・レビュー

メモ どこに属するかで人であるものとそうでないものが 決まる。 人殺し、援助交際はなぜいけないのかではなく なぜ人とみなせなくなれたのか、公に認められない... もっと読む

10代の真ん中で (岩波ジュニア新書)

29
3.22
村瀬学 2002年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

姪っ子の入学祝いに もっと読む

長新太の絵本の不思議な世界―哲学する絵本

25
3.67

感想・レビュー

この本は図書館の新着リストで見つけたんやったかな-、『ごろごろにゃーん』が表紙に配されているところが、にくい。 冒頭から、長新太の絵本をはげしく罵... もっと読む

次の時代のための吉本隆明の読み方 (飢餓陣営叢書)

14
3.25
村瀬学 2012年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「マチウ書試論」の書名は知っておりましたが、ユダヤ・キリスト教の対立と同根性が指摘されていることなどは知らずに来ました。「共同幻想論」が古事記に詳しいこと... もっと読む

13歳論―子どもと大人の「境界」はどこにあるのか

10
3.83
村瀬学 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(広義の)13歳、というものがひとつの決定的な区切りであるというのはある程度以上の年齢の人間にとっては何となくわかる感覚なのではないか。 作中で示... もっと読む

次の時代のための吉本隆明の読み方

9
3.00

感想・レビュー

2004年6月1日読了。 なんで読んだのか思い出せず… もっと読む

『銀河鉄道の夜』とは何か

9
3.25

感想・レビュー

いまいちピンとこず。 数種類存在する『銀河鉄道の夜』の原稿を比べながら、共通する部分や変化した部分をみつけ、宮沢賢治が何を書きたかったのかをさぐって... もっと読む

鶴見俊輔 (言視舎 評伝選)

9
5.00
村瀬学 2016年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鶴見の言論活動、あるいは大衆文化への向き合いは彼の「貴種」の相対化であったという論旨。鶴見自身の伝記の語りを別の資料から付き合わせて分析しているところは勉... もっと読む

子どもの笑いは変わったのか―ビートたけしの挑戦 (今ここに生きる子ども)

8
2.67
村瀬学 1996年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は「笑い」というスタイルを通して、何かを「相手にプレゼント」したり、「自分にプレゼント」したりしているのではないか。大学時代、著書の教授と真剣に子どもの... もっと読む
全53アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする