村田喜代子のおすすめランキング

プロフィール

村田喜代子(むらた きよこ)
1945年福岡県生まれ。1987年「鍋の中」で芥川賞、1990年『白い山』で女流文学賞、1997年『蟹女』で紫式部文学賞、1998年「望潮」で川端康成文学賞、1999年『龍秘御天歌』で芸術選奨文部大臣賞、2010年『故郷のわが家』で野間文芸賞、2014年『ゆうじょこう』で読売文学賞、2019年『飛族』で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。2007年紫綬褒章、2016年旭日小綬章受章。

村田喜代子のおすすめランキングのアイテム一覧

村田喜代子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『きのこ文学名作選』や『ゆうじょこう』や『暗黒グリム童話集』など村田喜代子の全96作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

きのこ文学名作選

373
3.96
飯沢耕太郎 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりキノコ祭り。きのこ本採集中…に大物に出くわしてしまいました!装丁がハンパないほど物すごいことになっています。事件です。購入したいのですが、なかなか入... もっと読む

ゆうじょこう

291
3.84
村田喜代子 2013年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、読み思わってもすっきりしないし、もやもやが残る。 結末はどちらかと言うと前向きで未来が開けているような気もするんだけど、実際その後のイチが遊女た... もっと読む

暗黒グリム童話集

277
3.23
多和田葉子 2017年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もともと暗黒っぽいグリム童話が現代風大人話に(゜゜;)「ヘンゼルとグレーテル」のカタリーナは可哀想だったなぁ( ´△`) もっと読む

屋根屋

239
3.70
村田喜代子 2014年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙のシャガールの絵がイメージぴったりの、不思議な物語だった。 雨漏り屋根の修理に来た職人の永瀬は夢を自在にコントロールできるという。 話を聞くう... もっと読む

縦横無尽の文章レッスン

235
3.77
村田喜代子 2011年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テキストは私があまり読まないようなジャンルが多く、興味深かった。 面白そうな本を何冊か見つけたのは嬉しいオマケ。  関門大橋のそばの大学に行く、道すが... もっと読む

エリザベスの友達

207
3.82
村田喜代子 2018年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

認知症の老人の内面世界がこれほど豊かだとは、そう描くことで、そう思うことで何だか救われる思いがする。 介護施設《ひかりの里》に暮らす老人を見守る家族、介... もっと読む

飛族

165
3.71
村田喜代子 2019年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西の果ての離島に住む92歳のイオさんと海女仲間のソメ子さん88歳、二人の生活を心配してイオさんの娘ウミ子65歳が訪ねて来た。 老婆達の暮らしは、娘から見... もっと読む

村田喜代子傑作短篇集 八つの小鍋 (文春文庫)

151
3.79
村田喜代子 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8篇の村田喜代子傑作集。 このひとは「おばあさん」を描かせたら最高。 ほのぼのあり、しみじみありだ。 中でも「白い山」の中にたくさん出てくる... もっと読む

ゆうじょこう (新潮文庫)

135
3.76
村田喜代子 2016年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

けしからん!の一冊。 廓ものは惹かれるけれど心に吹き荒ぶような悲哀がつらい。 その中で幼くして売られてきた主人公のイチがまさに"小鹿"の名のように跳ね回る... もっと読む

蕨野行 (文春文庫)

114
4.29
村田喜代子 1998年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

庄屋の家に後妻として嫁ぎ、お姑さんに暖かく家のあれこれ教わりながら暮らすヌイが、お姑さんに何か秘することがあると感じ、それを尋ねるところから、二人の問答が... もっと読む

名文を書かない文章講座 (朝日文庫)

108
4.00
村田喜代子 2008年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 芥川賞をはじめとした多くの賞を得た作家・村田喜代子。彼女が、小説とエッセイにおける文章の秘訣を、微に入り細を穿って明かした文章読本である。  仕事... もっと読む

雲南の妻

101
3.80

感想・レビュー

美しく、生々しい、でもぼんやりとした不思議な夢のような独特の世界観の一冊でした。 中国少数民族の慣習や茶文化などを、同性婚という形で描いていて、特に妻の妻... もっと読む

掌篇歳時記 春夏

95
3.14
瀬戸内寂聴 2019年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12人の作家さんが旧暦の七十二候をテーマに執筆した小説集。春夏編。 気になる作家さんが書いているので読んでみたかったのです。それに12人! 豪華執筆陣。... もっと読む

光線

91
3.40
村田喜代子 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村田喜代子 著「光線」2012.7発行、短編8話です。太陽は核融合する巨大な裸の原子炉、火山の噴火が示すように地球の深部は核分裂の火、地上では人間の手で造... もっと読む

鍋の中

88
3.65
村田喜代子 1987年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『鍋の中』は、黒澤明の『八月の狂想曲』の元ネタになった作品。映画はかなり昔にみたのですが、映画も再びみたくなりました。 もっと読む

縦横無尽の文章レッスン (朝日文庫)

80
3.42
村田喜代子 2014年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者:村田喜代子  装丁・装画:南 伸坊 講義の記録から成った本。単行本は2011年刊行。 【目次】 目次 [003-007] 前期... もっと読む

鍋の中 (文春文庫)

71
3.46

感想・レビュー

再読…の筈なのだが、相当昔に読んだこともあってか、収録4篇中「水中の声」「盟友」は読んだ記憶が全く残ってない。これでは60年前の記憶が抜け落ちている「鍋の... もっと読む

あなたと共に逝きましょう

70
3.74
村田喜代子 2009年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大きな動脈瘤が発見され、破裂の危険があるため即刻手術を勧められる夫。 妻は仕事をしながらも時間をやりくりして、 夫に付き添い湯治に出掛けたり、手間の掛... もっと読む

故郷のわが家

69
3.61
村田喜代子 2010年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笑子さんの故郷の家での5ヶ月間、読んでいる間も読後もいい感じ。ただ、あのように過去を思い出すのも、あのような夢を見るのも、笑子さんが孤独だからだと思う。孤... もっと読む

ドンナ・マサヨの悪魔

67
3.52
村田喜代子 2009年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書き出しの文章からしてクスッと笑えて借りました。出産ものだけどテーマは家族(とか人類愛)。ドンナ・マサヨの孫が(まだお腹の中にいる)語る壮大なストーリー(... もっと読む
全96アイテム中 1 - 20件を表示

村田喜代子に関連する談話室の質問

ツイートする
×