村田喜代子のおすすめランキング

プロフィール

作家

「2022年 『ベスト・エッセイ2022』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村田喜代子のおすすめランキングのアイテム一覧

村田喜代子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『きのこ文学名作選』や『暗黒グリム童話集』や『ゆうじょこう』など村田喜代子の全104作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

きのこ文学名作選

394
3.98
飯沢耕太郎 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりキノコ祭り。きのこ本採集中…に大物に出くわしてしまいました!装丁がハンパないほど物すごいことになっています。事件です。購入したいのですが、なかなか入... もっと読む

暗黒グリム童話集

311
3.23
多和田葉子 2017年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グリム童話のパスティーシュアンソロジー。5人の作家×5人のイラストレーターのコラボという豪華さも魅力だけど、ページごとに紙色やインク色が違ったりして、もの... もっと読む

ゆうじょこう

301
3.83
村田喜代子 2013年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、読み思わってもすっきりしないし、もやもやが残る。 結末はどちらかと言うと前向きで未来が開けているような気もするんだけど、実際その後のイチが遊女た... もっと読む

屋根屋

263
3.71
村田喜代子 2014年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙絵はマルク・シャガールの『街の上の恋人たち』。その絵からイメージを膨らませたような不思議な話だった。 家の屋根を修理しに来た屋根屋に明晰夢の見方を指... もっと読む

エリザベスの友達

247
3.75
村田喜代子 2018年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

認知症の老人の内面世界がこれほど豊かだとは、そう描くことで、そう思うことで何だか救われる思いがする。 介護施設《ひかりの里》に暮らす老人を見守る家族、介... もっと読む

縦横無尽の文章レッスン

240
3.77
村田喜代子 2011年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テキストは私があまり読まないようなジャンルが多く、興味深かった。 面白そうな本を何冊か見つけたのは嬉しいオマケ。  関門大橋のそばの大学に行く、道すが... もっと読む

飛族

199
3.69
村田喜代子 2019年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もはや無人島に近い島で暮らしているのは、2人の老女だけ。 イオ92歳とソメ子88歳。 イオの娘であるウミ子が、年老いた母を心配し、引き取って暮らそうと思... もっと読む

ゆうじょこう (新潮文庫)

162
3.76
村田喜代子 2016年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実在した熊本の遊廓、東雲楼が舞台。 遊廓と聞けば江戸の吉原がまず浮かんでくるけど、これは明治の後期の熊本のお話。 いろんな土地から貧しい家の娘が売られてく... もっと読む

村田喜代子傑作短篇集 八つの小鍋 (文春文庫)

159
3.78
村田喜代子 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8篇の村田喜代子傑作集。 このひとは「おばあさん」を描かせたら最高。 ほのぼのあり、しみじみありだ。 中でも「白い山」の中にたくさん出てくる... もっと読む

エリザベスの友達 (新潮文庫)

148
3.89
村田喜代子 2021年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

揺らす一冊。 良かった。 戦争、満洲、引き揚げ、認知症、人生の終焉を描いた物語は決して明るくはない世界。 でも時折パッと華やぐ明るい色彩が飛び込んで... もっと読む

ベスト・エッセイ2022

136
4.00
角田光代 2022年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々にベスト・エッセイを購入した。 というか、前はいつ買ったかなぁと思って棚を探したら、2011年だった。 表紙がなんだか良かった。 オビから虎... もっと読む

姉の島

131
3.61
村田喜代子 2021年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりこのジャンルの作品は読まないのですが、村田喜代子さんの作品は特別。 今作は、八十五まで海女をやり切った者だけがなるという倍暦の海女たちの話。 海の中... もっと読む

蕨野行 (文春文庫)

120
4.30
村田喜代子 1998年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

庄屋の家に後妻として嫁ぎ、お姑さんに暖かく家のあれこれ教わりながら暮らすヌイが、お姑さんに何か秘することがあると感じ、それを尋ねるところから、二人の問答が... もっと読む

掌篇歳時記 春夏

115
3.09
瀬戸内寂聴 2019年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12人の作家さんが旧暦の七十二候をテーマに執筆した小説集。春夏編。 気になる作家さんが書いているので読んでみたかったのです。それに12人! 豪華執筆陣。... もっと読む

名文を書かない文章講座 (朝日文庫)

111
4.00
村田喜代子 2008年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 芥川賞をはじめとした多くの賞を得た作家・村田喜代子。彼女が、小説とエッセイにおける文章の秘訣を、微に入り細を穿って明かした文章読本である。  仕事... もっと読む

雲南の妻

110
3.86

感想・レビュー

美しく、生々しい、でもぼんやりとした不思議な夢のような独特の世界観の一冊でした。 中国少数民族の慣習や茶文化などを、同性婚という形で描いていて、特に妻の妻... もっと読む

鍋の中

102
3.63
村田喜代子 1987年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3.66/89 内容(「BOOK」データベースより) 『その夏、少女は初めて、大人の秘密にふれた。生きることのはかなさと、哀しみを知った。芥川賞受賞。』 ... もっと読む

光線

92
3.32
村田喜代子 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村田喜代子 著「光線」2012.7発行、短編8話です。太陽は核融合する巨大な裸の原子炉、火山の噴火が示すように地球の深部は核分裂の火、地上では人間の手で造... もっと読む

縦横無尽の文章レッスン (朝日文庫)

83
3.38
村田喜代子 2014年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者:村田喜代子  装丁・装画:南 伸坊 講義の記録から成った本。単行本は2011年刊行。 【目次】 目次 [003-007] 前期... もっと読む

鍋の中 (文春文庫)

76
3.46

感想・レビュー

再読…の筈なのだが、相当昔に読んだこともあってか、収録4篇中「水中の声」「盟友」は読んだ記憶が全く残ってない。これでは60年前の記憶が抜け落ちている「鍋の... もっと読む
全104アイテム中 1 - 20件を表示

村田喜代子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×