来住道子のおすすめランキング

プロフィール

翻訳家。スポーツ書籍、歴史書、児童書などを中心とした翻訳に携わる。訳書に『1964ー日本が最高に輝いた年 敗戦から奇跡の復興を遂げた日本を映し出す東京オリンピック』(文芸社)、『1968 世界が揺れた年』(ソニー・マガジンズ)、『アンネ・フランク 日記とともに生きつづける少女』『ナイチンゲール 人につくす喜びこそ生きる喜び』(国土社)、『シドニーの選択』(そうえん社)などがある。

「2023年 『スポーツペアレンティング 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

来住道子のおすすめランキングのアイテム一覧

来住道子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『1968世界が揺れた年 (前編) (ヴィレッジブックス N カ 2-1)』や『1968世界が揺れた年 (後編) (ヴィレッジブックス N カ 2-2)』や『アンネ・フランク: 日記とともに生きつづける少女 (愛と勇気をあたえた人びと 5)』など来住道子の全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

1968世界が揺れた年 (前編) (ヴィレッジブックス N カ 2-1)

48
3.63

感想・レビュー

難しいところが多いですが、時折、見知った人物が出てきて興味深いです。ビートルズとか、ティモシー・リアリーなど。 もっと読む

1968世界が揺れた年 (後編) (ヴィレッジブックス N カ 2-2)

35
3.29

感想・レビュー

知らない人の話ばかりで難しかったです。 知識不足です。 もっと読む

アンネ・フランク: 日記とともに生きつづける少女 (愛と勇気をあたえた人びと 5)

12
4.00

感想・レビュー

アンネフランクが強制収容所に入っていたときのことがよくわかる本です。強制収容所がどれだけひどいところなのかもわかります。 もっと読む

1968:世界が揺れた年 (前編)

9
3.00

感想・レビュー

分類=団塊の世代。06年3月。 もっと読む

ナイチンゲ-ル: 人につくす喜びこそ生きる喜び (愛と勇気をあたえた人びと 8)

8
3.00

感想・レビュー

概要がわかるが、語り足りてない部分も各所に感じる。 もっと読む

1968:世界が揺れた年 (後編)

7
2.80

感想・レビュー

分類=団塊の世代。06年3月。 もっと読む

シドニーの選択 (Soenshaグリーンブックス F 1)

6
4.50

感想・レビュー

メロン頭のシドニー。彼の居場所はいったいどこに?アメリカ横断バスの旅をしながら、自分の居場所を探す。 結局辿り着いたのは・・。 これは、面白かった。 もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×