東江一紀のおすすめランキング

プロフィール

1951年生まれ。翻訳者。北海道大学文学部英文科卒業。英米の娯楽小説やノンフィクションを主として翻訳する。フェロー・アカデミー、のちにユニカレッジで翻訳講座を担当。訳書に、ジョン・ウィリアムズ『ストーナー』、ピーター・マシーセン『黄泉の河にて』(以上作品社)、トム・ラックマン『最後の紙面』(日経文芸文庫)、マイケル・ルイス『世紀の空売り』(文春文庫)、ドン・ウィンズロウ『犬の力』(角川文庫)、『ストリート・キッズ』(創元推理文庫)、リチャード・ノース・パタースン『罪の段階』、デイヴ・バリー『ビッグ・トラブル』(以上新潮文庫)、ネルソン・マンデラ『自由への長い道』(NHK出版、第33回日本翻訳文化賞受賞)など。また「楡井浩一」名義で、エリック・シュローサー『ファストフードが世界を食いつくす』、ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊』(以上草思社文庫)、ジョセフ・E・スティグリッツ『世界の99%を貧困にする経済』(共訳、徳間書店)、トル・ゴタス『なぜ人は走るのか』(筑摩書房)など。総計200冊以上の訳書を残し、2014年6月21日逝去。

「2018年 『ねみみにみみず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東江一紀のおすすめランキングのアイテム一覧

東江一紀のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する』や『犬の力 上 (角川文庫)』や『犬の力 下 (角川文庫)』など東江一紀の全129作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する

1305
3.54

感想・レビュー

読了。 さまざまな分野にわたり40年後の世界を推察するという野心的な本だった。 日本という国については人口動態からダメな方向に向かうことが予測されており... もっと読む

犬の力 上 (角川文庫)

1303
3.98

感想・レビュー

メキシコの麻薬戦争、取締官とマフィア、それぞれの人物と戦いが細かく書かれている。 が、激長なうえにどうも外国書籍は文章が読みにくい、翻訳者の腕前次第なん... もっと読む

犬の力 下 (角川文庫)

1027
4.01

感想・レビュー

長かった、久しぶりに時間かかった。下巻はの途中から一気に麻薬戦争も佳境に入り、後半は主だった登場人物が一気に消えていく。追うものと追われるもの、どちらの強... もっと読む

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

1013
3.83

感想・レビュー

具体例が豊富で愉しい。だいたい物理の解説本って、受験問題にありそうな無味乾燥な例が多くてすぐ飽きる。 早速、朝方庭に出て、水道のホースで虹を作ってみ... もっと読む

ストーナー

856
4.45

感想・レビュー

> ジョン・ウィリアムズ『ストーナー』読了。 この本に出会えて良かった。 最初の数頁を読んだだけで、迷わず買った。 普段、一冊の文庫本を買うのでさ... もっと読む

世紀の空売り

852
4.05
マイケル・ルイス 2010年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2010年に発行されているものを今頃読んだ。 それでも better than never  リーマンの元社員の泣き言本や 財務官の自慢話とは比べ物... もっと読む

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

718
3.95

感想・レビュー

このひとの小説は、重たい現実を下敷きにしながら、コメディと見紛うほど飄々としたキャラクタの活躍するものが好きです。その意味で、『ボビーZの気怠く優雅な人生... もっと読む

世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

648
4.00

感想・レビュー

世界中の景気に冷や水を浴びせかけたリーマンショック。それはアメリカの不動産を担保にしたサブプライムローンの破綻が発端でした。そのバブルがはじけるまで、サブ... もっと読む

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

622
3.80
マイケル・ルイス 2014年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100ドルの売り注文があったときに、100.5ドルの買い注文が入ったとする。 普通は100ドルで約定しておしまい。 だけど、ここに超高速取引業者が入るとど... もっと読む

フランキー・マシーンの冬 下 (角川文庫)

342
3.88

感想・レビュー

カッコいいとはこういうことさ。 某大人アニメのキャッチ・コピーがこんなだった気がしますがw、まさにその通りな大人の物語。かつての凄腕の殺し屋、フランキー... もっと読む

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

332
3.70

感想・レビュー

舞台は前作「ストリートキッズ」終了より、隠遁生活中のニールにグレアムが現れ「やあ父さん」から、新たな物語が始まる。 一体どうしちまった!ニール。 前半はメ... もっと読む

ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる

329
3.71
マイケル・ルイス 2012年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サブプライムローンの破綻にかけて大儲けしたヘッジファンドの経営者カイル・バスは08年ギリシャ破綻の保険CDSを買う。100万ドルの保険金に対する保険料はわ... もっと読む

ライアーズ・ポーカー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

309
3.70
マイケル・ルイス 2013年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

掛け値無しに面白かった。ネタになる本。そしてトレーダー、セールス/債券、株式の力関係が結構よく分かる本。 もっと読む

高く孤独な道を行け (創元推理文庫)

285
3.75

感想・レビュー

ニール・ケアリーではこれが一番。 静から動へ。 溜めたものが大爆発する後半へのテンポの良さは正にエンタメ。 そして揃いも揃ってカッコイイ男たち。 ... もっと読む

レクサスとオリーブの木―グローバリゼーションの正体〈上〉

255
3.56

感想・レビュー

内容的にすばらしい。 が、少し古い書籍ですので、今では当たり前のことが書かれているかも。 もっと読む

最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (日経ビジネス人文庫)

235
3.76

感想・レビュー

『天才たちの誤算―ドキュメントLTCM破綻』の文庫化? もっと読む

ウォータースライドをのぼれ (創元推理文庫)

231
3.48

感想・レビュー

随分テイストが変わったなぁ。これはこれで楽しめました。 もっと読む

ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)

222
3.55

感想・レビュー

再読。 スピードと軽さ。 訳文のリズム感。 ウィンズロウにしては珍しく主役が報われるラスト。 面白いでしょ。 ウィンズロウはこういった軽妙洒脱な... もっと読む

砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)

206
3.54

感想・レビュー

ニール、こんなにポンコツになっちまって(笑。老コメディアン、ナッティ・シルヴァーが良いねぇ~。ラストが思わせぶり過ぎて、この後がメッチャ気になるんだけど、... もっと読む
全129アイテム中 1 - 20件を表示

東江一紀に関連する談話室の質問

ツイートする