東浩紀のおすすめランキング

プロフィール

東浩紀(あずま・ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門受賞作。

東浩紀の関連サイト

東浩紀のおすすめランキングのアイテム一覧

東浩紀のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)』や『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル』や『弱いつながり 検索ワードを探す旅』など東浩紀の全230作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)

2843
3.58
東浩紀 2001年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一般にライトノベルはキャラが立っていることがとにかく重要と言われているので、私にはラノベは面白くないだろうなと思って手を出していない。食わず嫌いと言われて... もっと読む

一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル

2227
4.03
東浩紀 2011年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グーグルで「百獣の王」を検索すると、候補としてあがってくるのは、ライオンでも他の猛獣でもない。「武井壮」という芸人である。「百獣の王」といえば昔はライオン... もっと読む

弱いつながり 検索ワードを探す旅

1617
3.83
東浩紀 2014年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東浩紀氏の柔らかくライトに語られる新作エッセイですが、現代考察に満ちた「思想」書であり、インターネッツ情報環境社会の中での「自由」論であり、そのための道筋... もっと読む

ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)

1394
3.54
東浩紀 2007年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オタク論でありポストモダン論であり文学論。 ラノベにも美少女ゲームにも触れたことのない人にとっては理解しにくいかもしれない。そういう人でも理解しやすいよ... もっと読む

思想地図β vol.1

1226
3.92
東浩紀 2010年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山陽新聞2011.02.08朝刊。 「世の中で働いている人に読まれる言論をつくりたいと思ったんです。言論人が言論人の中でぐるぐると回している言論はも... もっと読む

思想地図β vol.2 震災以後

1090
4.08
東浩紀 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「震災以降」、言葉や思想はいったい何をなし得たのか、そしてなし得るのか――この問いを軸として編まれた、批評家・東浩紀による新しい言論誌「思想地図β」シリー... もっと読む

クォンタム・ファミリーズ

1037
3.74
東浩紀 2009年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

量子回路の実用化が、並行世界の存在を具現化してしまい、お互いの世界が干渉し始めてしまうお話。量子論の多世界解釈を元にした思考実験のような小説で、知的で面白... もっと読む

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて

787
3.73
東浩紀 1998年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学者・東浩紀氏が28歳の時に発表したデビュー作です。 J.デリダのテクスト読解というテーマに絞り込まれた内容ですが、本書で展開される「否定神学」「... もっと読む

ゲンロン0 観光客の哲学

686
4.14
東浩紀 2017年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「観光客は大衆である。労働者であり消費者である。観光客は私的な存在であり、公共的な役割を担わない。観光客は匿名であり、訪問先の住民と議論しない。訪問先の歴... もっと読む

日本2.0 思想地図β vol.3

613
3.79
東浩紀 2012年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分厚くて、部屋に置いてるだけで賢そうに見えます。 もっと読む

東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス)

590
3.49
東浩紀 2007年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

共通するテーマ「郊外」という概念について、「1995以後」ではインタビュー形式、「東京から」では二人の対談形式とどちらも会話形式を取っているため、個人の生... もっと読む

リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)

522
3.28
東浩紀 2008年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「物語消費論」の大塚英志と「データベース消費論」の東浩紀の対談本。 あくまでそういう軸というか立場でしかとらえてなかったので、思ってた以上に議論が深いと... もっと読む

チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1

520
4.16
東浩紀 2013年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ダークツーリズム」という言葉には僕自身は新鮮な響き感を受けるが、考えてみるとそれは割と身近にも存在してる。 国内で見るとそれは原爆ドームであり、県内だ... もっと読む

父として考える (生活人新書)

515
3.83
東浩紀 2010年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対談が「父として」を超えてその周辺テーマ・領域を広く縦横無尽に語られているのが面白い。しかし、良く読んでみると出発点はやはり「父として」であり、その微妙さ... もっと読む

NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

419
3.45
東浩紀 2010年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京の日記はまさに今の日本の状況の延長線上にあるような感じですごく恐ろしかった。 五色の船は、中でも別格で賞をとるだけはある内容。 もっと読む

ユリイカ2004年9月臨時増刊号 総特集=西尾維新

401
3.26
東浩紀 2004年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山口晃の挿絵(短編「「させられ現象」」)が目当てで手に取りました。 もっと読む

NOVA 5---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

382
3.44
東浩紀 2011年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本SFの新作短編を収録したアンソロジー。 ●上田早夕里『ナイト・ブルーの記録』  海洋無人探査機の元オペレータは死を目前にして、ある体験を語... もっと読む

自由を考える―9・11以降の現代思想 (NHKブックス)

381
3.53
東浩紀 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会学者の大澤真幸と思想家の東浩紀が、3回にわたっておこなった対談を収録している本です。 「自由を考える」というタイトルが示すように、管理社会の問題... もっと読む

NHKブックス別巻 思想地図 vol.5 特集・社会の批評

309
3.51
東浩紀 2010年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北田 暁大さんの責任編集によるVol.5は王道路線なのですが、やや散漫で迫力に欠ける気がしました。 自分の関心が本書のテーマから別のところへ移りつつある... もっと読む

地域社会圏モデル ――国家と個人のあいだを構想せよ (建築のちから)

302
3.75
山本理顕 2010年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

決して飛躍せず、謙虚に緻密に圏域の中で起こっている事象を捉えている。色なしで今の社会というものを見ている人たちの見方を感じることができた気がする。しかし、... もっと読む
全230アイテム中 1 - 20件を表示

東浩紀に関連する談話室の質問

ツイートする