東直子のおすすめランキング

プロフィール

東直子

一九六三年、広島県生まれ。歌集に『青卵』『十階』『春原さんのリコーダー』など。二〇〇六年に『長崎くんの指』(文庫『水銀灯が消えるまで』)で小説デビューし、以後、『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』ほか多数の小説作品、またエッセイ集『千年ごはん』『短歌の不思議』『七つ空、二つ水』、絵本『ゆき ふふふ』など著書多数。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』『しびれる短歌』などがある。そのほか、脚本、朗読、イラストレーションなど幅広く活動。一九九六年、「草かんむりの訪問者」で第七回歌壇賞、二〇一六年、『いとの森の家』で第三一回坪田譲治文学賞を受賞。

「2019年 『愛のうた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東直子のおすすめランキングのアイテム一覧

東直子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『とりつくしま (ちくま文庫)』や『回転ドアは、順番に (ちくま文庫)』や『([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)』など東直子の全188作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

とりつくしま (ちくま文庫)

1095
3.43
東直子 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とりつくしま 2017.11発行。大活字本シリーズ、埼玉福祉会。 なお、本の登録は、「とりつくしま (ちくま文庫) 2011.05発行」で行う。 ロ... もっと読む

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

971
3.86
穂村弘 2007年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『短歌があるじゃないか』(角川書店)を読み終え、次は穂村弘さんと東直子さんの短歌を読んでみることに。 アマチュア歌人のみなさんの短歌もとても面白かったの... もっと読む

([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

719
3.47
壁井ユカコ 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それにしても『三時のおやつ』とは なんと甘美な響きなんだろう。 生まれた時からコンビニがある今の若い人にはピンとこないだろうけど、 僕が子供だっ... もっと読む

とりつくしま (単行本)

499
3.50
東直子 2007年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この世に心残りがある死者の前に現れる"とりつくしま係"。 この"とりつくしま係"と契約すると、この世にあるモノを1つ選んでとりつくことができるのです。 ... もっと読む

薬屋のタバサ

351
2.93

感想・レビュー

寝覚めの悪い夢を見た後のような。 もっと読む

しびれる短歌 (ちくまプリマー新書)

332
3.58
東直子 2019年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東さんと穂村さんが気になる短歌を持ち寄って語り合った対談集。 恋の歌、食べ物の歌、固有名詞の歌にトリッキーな歌…各章ごとにテーマに沿ったさまざまな短... もっと読む

つやつや、ごはん (おいしい文藝)

321
3.13
出久根達郎 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は同情する事が大好きだから 嘘を言って騙せば 簡単に<むすび>がもらえる。 嘘の話に うんうんと頷き 「さぞや大変だったろう。」 「これ... もっと読む

さようなら窓 (講談社文庫)

295
3.67
東直子 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家を出て ひょんなことから ゆうちゃんの家に転がり込むことになった きいちゃん。 一人暮らし歴が長く ジャムだって作れる 美容師のゆうちゃ... もっと読む

水銀灯が消えるまで (集英社文庫)

273
3.36
東直子 2010年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夜の遊園地。遠くに光る観覧車。ひとり佇む少女の髪にはメリーゴーランドのユニコーンと白い花が挿されていて。 酒井駒子さんのこの表紙、本当に素敵。 寂... もっと読む

NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

258
3.58
朝井リョウ 2019年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朝井リョウ、石田衣良、小川洋子、角田光代、坂木司、重松清、宮下奈都、東直子『NHK国際放送が選んだ日本の名作 1日10分のしあわせ』双葉文庫。 さすがN... もっと読む

千年ごはん (-)

253
3.54
東直子 2011年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食べること=生きること 美味しい=しあわせ これは人類最高の方程式だ(と思う)! と、そんなにしゃっちょこばらなくても、自然に読めて、ほっとする一冊で... もっと読む

いとの森の家(一般書)

243
3.60
東直子 2014年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじを書けって言われたら、この作品の素敵さを全く伝えられない気がする。そのくらい日常なの。でもその一つ一つがとても生き生きしていて温かくて。涙が出るく... もっと読む

トマト・ケチャップ・ス

238
3.32
東直子 2012年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆3.2 もうちょっと三人それぞれの事を濃く書いてほしかったなぁー、というのがほんとのところ。でも青少年向けっぽいし、こんなものか。 もっと読む

ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)

232
3.63
穂村弘 2012年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短歌とは近寄りがたしと思えども この本読むとあら楽しそう 「猫又」という同人会の主催者が 選首をまとめてコメントしてます 会員に吉野朔美氏在籍... もっと読む

薬屋のタバサ (新潮文庫)

224
2.91
東直子 2017年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

行ってはいけないと自分のどこかが止めている。 ただ、心を少し離れるともっと深いところにあるふと顔を出すどろどろとした澱が体から出して欲しいと叫んで、行って... もっと読む

長崎くんの指

222
3.31
東直子 2006年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゆっくりと時間が静かに少しずつ消えていく美しい不気味さ。 長崎くんの不安定さは不思議で まるでコキリコ・ピクニックランドのような不気味さ。 この世で... もっと読む

マナーの正体

215
3.06
綿矢りさ 2015年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作? にあたる考えるマナーも面白かったので楽しみにしてました。 そんなマナー考えたことないよ的なものがわんさかです。しかもどれも真面目にマナーなの。うん... もっと読む

私のミトンさん

205
3.33
東直子 2011年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東直子の、大人の童話。 すがすがしい筆致で描かれています。 あいまいな人間関係の中に、不思議な存在ミトンさんが投げかける波紋。 それは‥ アカ... もっと読む

みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル文庫 ん 1-13)

179
3.40
有島武郎 2009年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

0105.皆川博子『雪女郎』①2017/2/10 0106.皆川博子『雪女郎』②2017/2/10読了 「みじかい眠りにつく前に 3」より ... もっと読む

十階―短歌日記2007

173
4.03
東直子 2011年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手に馴染む小さめのサイズと不思議な装丁に惹かれて。 歌人・東直子さんが毎日Webに掲載した短い日記と短歌一首を、365日分集めたもの。 日常生活の... もっと読む
全188アイテム中 1 - 20件を表示

東直子に関連する談話室の質問

ツイートする
×