東直己のおすすめランキング

プロフィール

一九五六年札幌生まれ。本郷幼稚園中退、本郷小学校卒、東白石中学校卒、札幌東高等学校卒、小樽商科大学中退、北海道大学文学部哲学科中退。
現場作業員、ポスター貼り、調査員、ガードマン、トラック助手、編集者、広告営業、コピーライター、受刑者など諸職を転々。
一九九二年『探偵はバーにいる』(早川書房)で小説家としてデビュー。同作は、一九九三年『怪の会』激賞新人賞受賞。
二〇〇一年『残光』(角川春樹事務所)で日本推理作家協会賞受賞。

「2010年 『北の作家 書下ろしアンソロジーvol.2 utage・宴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東直己のおすすめランキングのアイテム一覧

東直己のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)』や『バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)』や『探偵はひとりぼっち (ハヤカワ文庫 JA (681))』など東直己の全182作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)

3225
3.12
東直己 1995年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。やはり初期は伏線の回収も鮮やかだし文章も密度が高くていいなー。 後期のようなススキノを揺るがす大事件でもなく、行政の腐敗にメスを入れる批評的な視点が... もっと読む

バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)

1756
3.71
東直己 1996年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東直己さんの「バーにかかってきた電話」読了。ススキノの街を酔いどれ探偵が駆け抜けるシリーズ第2弾。ある晩、コンドウキョウコと名乗る女性から電話で奇妙な依頼... もっと読む

探偵はひとりぼっち (ハヤカワ文庫 JA (681))

721
3.51
東直己 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 『探偵はバーにいる』でススキノ探偵の<俺>がデビューしたのが1992年。本書は長編第四作で1998年。28歳だった<俺>も中年の領域に入り、可愛い恋人も... もっと読む

消えた少年 (ハヤカワ文庫JA)

695
3.79
東直己 1998年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

めっちゃ面白かった!! だんだん探偵のキャラがはっきりしてきた。 続編映画化の話もあるけど、これはちょっと映画化するにはえぐいだろうな~。 もっと読む

向う端にすわった男 (ハヤカワ文庫JA)

691
3.26
東直己 1996年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画を観て、ちょっと気分の良くなった<俺>はいつものバーで飲んでいた。 その店に後から入って来た男が背負っている哀愁みたいなものに惹かれた<俺>はちょっ... もっと読む

探偵は吹雪の果てに (ハヤカワ文庫 JA)

545
3.54
東直己 2004年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「俺」も人並みに年をとり、45歳という世間的にはそれなりの年齢になっているのが本作である。 しかし、45歳になってはいても「俺」は変わらない。息子を持つ親... もっと読む

半端者(はんぱもん)―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

451
3.42
東直己 2011年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ススキノ探偵シリーズの「俺」がまだ探偵になる前の話。 フラフラとススキノを飲み歩き、そこにいる仲間と遊び、金には困らず、女にはそこそこもて、情にあつい。そ... もっと読む

駆けてきた少女―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

445
3.30
東直己 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 以前に読了したのをすっかり失念して文庫本を買ってしまった。 この作品を書いたあたりの東直己は北海道警察の不正問題に対して、かなりの憤りを抱えてい... もっと読む

探偵、暁に走る―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

408
3.59
東直己 2010年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地下鉄で乗客とトラブルになっていたところを救ったのがきっかけで、“俺”はイラストレーターの近藤と飲み友だちになった。その近藤が何者かに刺されて死んだ。友人... もっと読む

ライト・グッドバイ―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)

407
3.38
東直己 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

酒を飲む時に嫌なやつと飲むのはやめましょう。 もっと読む

旧友は春に帰る (ハヤカワ文庫JA)

361
3.60
東直己 2011年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

複数再読。かつてファムファタールだったモンローが醜悪なオバサンになってしまうのが切ない。単なる老いではなくて、あの頃のまま、子供のまま、年齢を重ねてしまっ... もっと読む

残光 (ハルキ文庫)

299
3.43
東直己 2003年8月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初の東直己作品。 ストーリーとかそういうもの以前に文章が入ってこない。 比喩がしっくりこない。 ハードボイルドってこんな感じ? もっと読む

猫は忘れない (ハヤカワ文庫JA)

281
3.56
東直己 2012年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知り合いのスナックママ、ミーナから、旅行中の飼い猫の世話を頼まれた“俺”は、餌やりに訪れたマンションで変わり果てた姿となった彼女を発見する。行きがかりから... もっと読む

札幌刑務所4泊5日 (光文社文庫)

224
2.98
東直己 2004年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やってることの是非はともかく、ルポの表現の仕方が面白い。 もっと読む

フリージア (ハルキ文庫)

181
3.54
東直己 2000年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

榊原健三シリーズ。 正統派ハードボイルド。 ページをめくる前の1ページ目から、読者を引き込む辣腕ぶりは流石の一言。 主人公の台詞は非常に少なく、行間で読... もっと読む

待っていた女・渇き (ハルキ文庫)

176
3.54
東直己 1999年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東直己さんのススキノ探偵シリーズが好きなので 他シリーズも気になり読んでみました。 かなりのハードボイルド。 ススキノ探偵シリーズと比べて、 主人... もっと読む

サイドストーリーズ (角川文庫)

175
3.23
東直己 2015年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終えるのが惜しい、 物語がある。 もう少し読んでいたい、 余韻に浸っていたい、 もしかしたら CDの隠しトラックの様に どこかに後日談... もっと読む

猫は忘れない (ハヤカワ・ミステリワールド)

163
3.45
東直己 2011年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

俺シリーズが出ていたこと、全く気付かなかった。 いっときの駄目な時期からは脱出している感じで、今回も出来よい。 とくに、俺の行動・会話がハードボイルド... もっと読む

新装版 ススキノ・ハーフボイルド (双葉文庫)

163
3.28
東直己 2011年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他の作品のスピンオフ的な話だったらしいけどその話を読んでないからわかりづらかったのかなぁ。 テンポはいいんだけど結局なんだったのかよくわからない感じだつた... もっと読む

悲鳴 (ハルキ文庫)

162
3.67
東直己 2004年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

複数回再読。 産廃業界と警察の癒着に切り込むウネハラ。この頃は巨悪と戦ってたなー。 玉木が男気を見せるのがとてもよい。 めんどくさいこだわりを持つウネハラ... もっと読む
全182アイテム中 1 - 20件を表示

東直己に関連する談話室の質問

ツイートする