松井孝典のおすすめランキング

プロフィール

1946年生まれ。東京大学理学部地球物理学科卒業、同大学院博士課程修了。東京大学名誉教授、千葉工業大学惑星探査研究センター所長、理学博士。専門は比較惑星学、アストロバイオロジー。著書に『地球進化論』『地球・46億年の孤独』『惑星科学入門』『地球・宇宙・そして人間』『1万年目の「人間圏」』『地球倫理へ』『宇宙からみる生命と文明』『宇宙人としての生き方』『地球システムの崩壊』『再現!巨大隕石衝突』『天体衝突』ほか多数。

「2015年 『宇宙誌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松井孝典のおすすめランキングのアイテム一覧

松井孝典のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『フューチャー・イズ・ワイルド』や『松井教授の東大駒場講義録 ―地球、生命、文明の普遍性を宇宙に探る (集英社新書)』や『マザーネイチャーズ・トーク (新潮文庫)』など松井孝典の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

フューチャー・イズ・ワイルド

575
3.61

感想・レビュー

二億年後はイカが地上を侵略している!? 素晴らしいじゃなイカ! もっと読む

松井教授の東大駒場講義録 ―地球、生命、文明の普遍性を宇宙に探る (集英社新書)

189
3.40
松井孝典 2005年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松井教授が行った東大での講義。 「惑星地球科学?」と題する講義の中身は、地球というものの存在、宇宙との関係性、文化とは?という単純な科学というものだけで... もっと読む

マザーネイチャーズ・トーク (新潮文庫)

187
3.61
立花隆 1996年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立花隆が、第一線で活躍する7人の科学者たちへのインタビューを試みた本です。 対話相手となったのは、サル学の河合雅雄、動物行動学の日高敏隆、惑星科学の... もっと読む

我関わる、ゆえに我あり ―地球システム論と文明 (集英社新書)

150
3.24
松井孝典 2012年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地球を一つのシステムとしてとらえ、それを宇宙から俯瞰することによって地球や文明について語った一冊。人間が「生物圏」から分化して「人間圏」を作ったことによっ... もっと読む

宇宙人としての生き方―アストロバイオロジーへの招待― (岩波新書)

131
3.54
松井孝典 2003年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地球惑星科学の専門家でありながら、哲学的思想と宇宙的視野を持った人だ。私は今までとは少し違ったものの見方ができるようになった。私も著者を見習い、「地球にや... もっと読む

われわれはどこへ行くのか? (ちくまプリマー新書)

119
3.36
松井孝典 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの章とその前の章だけ読みました。 それ以外は宇宙とかの話なので、よくわかんないです。 地産地消というか、グローバル化は、止めたほうがイイって、... もっと読む

スリランカの赤い雨 生命は宇宙から飛来するか

115
3.65
松井孝典 2013年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2012年にスリランカに赤い雨が降ったことから、過去に同様の実例があったこと、その前に隕石が落ちているらしいこと、などから話は、宇宙へと拡がる。 地... もっと読む

コトの本質

96
3.61
松井孝典 2006年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は、日本を代表する物理学者。一般書も多く著作されており、特に「宇宙誌」はこの類の本の中では白眉といってよい。ただし、この本は、なんとも評価しかねる。な... もっと読む

智慧の実を食べよう 学問は驚きだ

96
3.53
糸井重里 2004年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学問の楽しさってなんだろう?と学生時代(中学生や高校生の頃)思っていましたが、それがこの本にあります。 よく「勉強が嫌いだ」という人がいますが、この本... もっと読む

生命はどこから来たのか? アストロバイオロジー入門 (文春新書 930)

94
3.32
松井孝典 2013年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆるアストロバイオロジーについて、 一人の著者が全体を見渡して書いた本は、 そう多くはありません。 そういった意味では貴重な書籍の一つです。 ... もっと読む

文明は〈見えない世界〉がつくる (岩波新書)

62
3.30
松井孝典 2017年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・図書館の岩波アラート 【期待したもの】 ・社会学系の文明論かと思ったら宇宙学者によるものらしい。パラパラとめくってみたところ、期待していたベ... もっと読む

天体衝突 (ブルーバックス)

56
3.94
松井孝典 2014年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地球や生命の進化史は、天体衝突の研究で斉一説から激変説へ大きくシフトした。6550万年前の小惑星の衝突によって、哺乳類の時代が始まった。 もっと読む

地球システムの崩壊 (新潮選書)

54
3.25
松井孝典 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マクロな視点で宇宙・太陽系・地球を語る。けっこう面白いことも書いてあるが、マクロすぎるのか少し散漫な印象。 地球を構成する物質圏に、人間圏が登場し、エネ... もっと読む

宇宙誌 (岩波現代文庫)

37
3.86
松井孝典 2009年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宇宙を見る視点を様々な角度から論じた本。大変興味深い指摘が各所にあり、現代人必読。 もっと読む

ガイア―地球は生きている (ガイアブックス)

29
3.64

感想・レビュー

ガイア理論概論。そんなに難しくはない。たぶん。 もっと読む

宇宙誌―我々はどこから来たか?我々とは何か?我々はどこへ行くのか?

26
4.00
松井孝典 1993年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筆者はあるテレビ番組によると、「日本人物理学者でもっともノーベル賞に近い」人らしい。それほど有能な物理学者あるにもかかわらず、思想家としても超一流であるこ... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする