松尾匡のおすすめランキング

プロフィール

松尾 匡(マツオ タダス)
立命館大学経済学部教授
立命館大学経済学部教授。1964年、石川県生まれ。専門は理論経済学。著書に河上肇賞奨励賞を受賞した『商人道ノスヽメ』(藤原書店)、『不況は人災です! 』(筑摩書房)、『「はだかの王様」の経済学』(東洋経済新報社)、『この経済政策が民主主義を救う』(大月書店)など。共著に『これからのマルクス経済学入門』(筑摩書房)、『マルクスの使いみち』(太田出版)、『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう─レフト3.0の政治経済学』『「反緊縮!」宣言』(ともに亜紀書房)などがある。

「2019年 『MMT現代貨幣理論入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松尾匡のおすすめランキングのアイテム一覧

松尾匡のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学』や『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼 巨人たちは経済政策の混迷を解く鍵をすでに知っていた (PHP新書)』や『新しい左翼入門―相克の運動史は超えられるか (講談社現代新書)』など松尾匡の全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学

373
4.00
ブレイディみかこ 2018年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経済、つまりどうやって食べていくか、がまず大事なことなのだということを考えさせてくれる。グラスルーツとか地べたというけどさ、理念うんぬんよりもまず食べてい... もっと読む

ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼 巨人たちは経済政策の混迷を解く鍵をすでに知っていた (PHP新書)

186
3.44
松尾匡 2014年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代遅れの大きな政府の推進者とみなされがちなケインズと、新自由主義の祖の一人にかぞえられることのあるハイエクという、二人の経済思想家が考えていたことをみな... もっと読む

新しい左翼入門―相克の運動史は超えられるか (講談社現代新書)

183
3.42
松尾匡 2012年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 新左翼入門,ではなくて,それ以前の,明治から戦後までの日本の左翼について。エリートが理論を掲げて主導する道と,大衆の中から立ちあがる道の対立が,日本の社... もっと読む

この経済政策が民主主義を救う: 安倍政権に勝てる対案

121
3.87
松尾匡 2016年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 今の日本に必要は経済政策はこれだ。    たくさん国債を発行しお金を刷り、そのお金を福祉や雇用にあてる。アベノミクスの一の矢と二の矢は正解だが足りず... もっと読む

経済の論点がこれ1冊でわかる 教養のための経済学 超ブックガイド88

78
3.20
飯田泰之 2020年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生から、ビジネスマンまで、ケーザイを学ぶ入口はここだ! 経済学を学ぶための基本的な必読入門書リストと共に、その概要を専門家たちがダイジェストで解説。 ... もっと読む

これからのマルクス経済学入門 (筑摩選書)

73
3.86
松尾匡 2016年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

むちゃくちゃ面白かった。「格差がどんどん強まる現代だからこそ、「階級」を視座にもつマルクス主義経済学は重要だ」という指摘に、なるほどそういう見方もあるかと... もっと読む

自由のジレンマを解く グローバル時代に守るべき価値とは何か (PHP新書)

70
3.33
松尾匡 2016年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「自由」をめぐる錯綜した問題を解きほぐし、新自由主義と排外主義、リベラリズムとリバタリアニズムとコミュニタリアニズムの相克を乗り越える道を探る試みです。 ... もっと読む

対話でわかる 痛快明解 経済学史

68
3.53
松尾匡 2009年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近では目覚ましい活躍を見せている数理マルクス経済学者(兼ニューケインジアン)の松尾匡による経済学史の本。本書では、スミスに始まりフリードマンまで八人の経... もっと読む

黒い匣 (はこ) 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命――元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層

66
4.33

感想・レビュー

【偉大な悲劇作家たちが教えてくれたように、最高の権威とまったくの無力さの組み合わせほど、悲惨なものはないのだ】(文中より引用) 金融危機の最中にギリ... もっと読む

不況は人災です! みんなで元気になる経済学・入門(双書Zero)

65
3.40
松尾匡 2010年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミクロ的基礎付け=新古典派の手法=個人の態度から式を導く。ケインズの価格の下方硬直性を前提にするのは古いという考え方。 新しいケインズ理論=価格の伸縮性... もっと読む

「はだかの王様」の経済学

62
3.40
松尾匡 2008年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビジネス お金 もっと読む

マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)

61
3.10
松尾匡 2010年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

珍しく図解雑学シリーズなのに、分かりづらかった。 理由としては文章が多く、図も様々な要素を入れており、すっきりまとまっていない。マルクス経済学を概観... もっと読む

「反緊縮! 」宣言

60
3.60
松尾匡 2019年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネオリベラリズムは巨大な格差社会を生み出し、超富裕層をますますリッチにするシステムを作り上げた。一方で大多数の国民の取り分は一向に増えず、当然総需要も改善... もっと読む

マルクスの使いみち

43
3.00
稲葉振一郎 2006年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『マルクスの使い道』 著者:稲葉振一郎・松尾匡・吉原直毅 出版:太田出版 <http://www.ohtabooks.com/publish/20... もっと読む

定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半 (論創ノンフィクション 005)

43
4.75
雨宮処凛 2020年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナ禍での様々な出来事、事象をテーマ別に同じ執筆陣が1年半にわたり3回に分け論じていくという企画自体が素晴らしい。なるほどそれは戦後ということでは未曾有... もっと読む

左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議

40
4.00
松尾匡 2019年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

摂南大学図書館OPACへ⇒ https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50206091 もっと読む

商人道ノスヽメ

38
4.43
松尾匡 2009年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高い倫理感を持ち、儒教につながる武士道的な生き方は、身内集団原理に基づく考えであり、その評価は高い。 一方、商人道とは開放個人主義原理を道徳としてい... もっと読む

日本経済は復活するか

29
4.14
浜田宏一 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013年時点でのアベノミクスに対する評価や、消費税増税によって起こる問題などについて、気鋭の経済学者たちによる討論や意見を纏めた一冊です。リフレ派の学者... もっと読む

経済政策形成の研究―既得観念と経済学の相克

26
3.33

感想・レビュー

<a href="http://d.hatena.ne.jp/kuma_asset/20071115/1195139109">今年の10冊 - ラスカルの... もっと読む

ポスト「アベノミクス」の経済学

18
1.00
金子勝 2017年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対談形式。脈絡がない話。 もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×