松尾由美のおすすめランキング

プロフィール

一九六〇年、石川県生まれ。会社勤務を経て作家になる。八九年『異次元カフェテラス』を刊行。九一年「バルーン・タウンの殺人」でハヤカワSFコンテストに入選。主な著書に「ニャン氏の事件簿」シリーズ、『おせっかい』『ピピネラ』『九月の恋と出会うまで』『嵐の湯へようこそ!』など。

「2022年 『おいしい旅 初めて編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松尾由美のおすすめランキングのアイテム一覧

松尾由美のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』や『九月の恋と出会うまで (双葉文庫)』や『おいしい旅 初めて編 (角川文庫)』など松尾由美の全134作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3816
3.20
阿川佐和子 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食わず嫌いはやはり良くないですね。 本書を借りた時、タイトルにげんなりきた。もう勘弁してよ~、こんなの全く興味ないし~と思った。 でも、予想に... もっと読む

九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

1647
3.36
松尾由美 2016年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エアコン用の壁の穴から、突然聞こえてきた声。 男は〈未来の平野〉=〈シラノ〉だと言うが……。 SF恋愛小説。 変わり者のマンションオーナーに... もっと読む

おいしい旅 初めて編 (角川文庫)

1217
3.39
近藤史恵 2022年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はコロナ禍になってからというもの、旅行はもちろん(元々出不精なんですが)、外食すら一度もしていないという、いくらコロナ禍とはいえ、こんな人いないくらい、... もっと読む

ハートブレイク・レストラン―連作ミステリー (光文社文庫 ま 12-4)

908
3.35
松尾由美 2008年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

可愛いお婆ちゃんが謎を解く探偵譚、連作6話が収録されています。 とあるファミリーレストランを仕事場代わりに利用しているフリーライターの寺坂真以は、自... もっと読む

雨恋 (新潮文庫)

654
3.26
松尾由美 2007年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

語り手はオーディオメーカーに勤める沼野渉30歳。叔母さんが期間限定でアメリカに異動になり、そのマンションに住むことになった沼野渉は、ある晩、姿が見えず声だ... もっと読む

ニャン氏の事件簿 (創元推理文庫)

352
3.28
松尾由美 2017年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あやごぜさんのレビューから読みたくて。大学生佐多くんがバイト先などでニャン氏とその秘書丸山さんに遭遇、結果様々な事件を解決する。ゆる系ながら名作へのオマー... もっと読む

九月の恋と出会うまで

344
3.38
松尾由美 2007年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて読んだ作家さんです。OLの女性が不思議なアパートに引っ越す。入居の条件は、他所で3回以上断られていることと、なんらかの芸術に関係していること。ぎりぎ... もっと読む

アンソロジー 隠す

341
3.48
大崎梢 2017年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつだって、誰だって、どこかに、 何かを隠している、ことを隠している。 大切なものか、 知られたくないものかはそれぞれだ。 作家が個々に とても上手く... もっと読む

九月の恋と出会うまで (新潮文庫)

283
3.63
松尾由美 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「奇跡を起こしたい」と読むか、「奇跡を起こせる」と読むか。どちらにしても「愛のバカ力」かな? もっと読む

花束に謎のリボン (光文社文庫 ま 12-5)

269
2.56
松尾由美 2012年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カテゴリとしては≪日常の謎≫になるのかもしれないけれど 謎というほどの謎じゃないし、解決するものもしないものもあるし。 (巻末の解説によると、解決しな... もっと読む

ハートブレイク・レストラン ふたたび (光文社文庫)

247
3.22
松尾由美 2015年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第二弾。 とあるファミリーレストランに現れる、幽霊のハルお婆ちゃんの謎解き譚、連作六話でございます。 前作の終盤で“ええ感じ”になって... もっと読む

惑: まどう

233
3.47
アミの会 2017年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「迷う」から「惑う」を読んで「迷惑」完成(笑) 加納さんのお話は『トオリヌケキンシ』系。 あなたはあなたのままでいいんだよとそっとエールを送る。じんわ... もっと読む

恋する男たち (新潮文庫)

216
2.86
篠田節子 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6人の作家さんによるアンソロジー。 タイトルからして、男性目線の恋愛小説かなと思ったのですが、そう単純なものではなく。 恋という概念が様々だということな... もっと読む

安楽椅子探偵アーチー (創元推理文庫 M ま 1-5)

214
3.18
松尾由美 2005年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むのに結構時間が掛かってしまった; 営業さんの話を聞いて 安楽椅子が喋るなんて・・・?! どんなおもしろ話かと思っていたら 意外と真剣。 ... もっと読む

アンソロジー 隠す (文春文庫 し 34-51)

207
3.26
大崎梢 2019年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「アミの会」第3弾。 今回は通常通り女性作家のみの短編集。 「理由わけ」柴田よき・・・イラストレーターの女性がテレビ評論家を刺した。彼女は決して本当... もっと読む

さよならハートブレイク・レストラン (光文社文庫 ま 12-8)

197
3.40
松尾由美 2016年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真以は恋人の南野刑事との久しぶりのデートに心ときめかせていた。やっと予約がとれた人気レストランには、奇妙なことに空席が目立っていた。なぜか、突然お客が減っ... もっと読む

スパイク (光文社文庫)

190
3.19
松尾由美 2004年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パラレルかぁ。興味深く。 もっと読む

嵐の湯へようこそ! (角川文庫)

188
2.74
松尾由美 2021年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔ながらの銭湯を相続した姉妹が謎を解いていく話。 人情物と期待したが、次第にファンタジー色が強くなり、途中から楽しくなくなった。 常連客が持ち込む謎も、特... もっと読む

雨恋

187
3.17
松尾由美 2005年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松尾由美さんの猫が登場する作品だったと思います。再読したいです! もっと読む

NOVA 8 ---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

186
3.45
山田正紀 2012年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大卒ポンプ / 北野勇作 #銀の匙 / 飛浩隆 落としもの / 松尾由美 人の身として思いつく限り、最高にどでかい望み / 粕谷知世 激辛戦国時代 / 青... もっと読む
全134アイテム中 1 - 20件を表示

松尾由美に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×