松尾由美のおすすめランキング

プロフィール

1960年、金沢市生まれ。お茶の水女子大学卒。会社勤務を経て作家になる。1989年に『異次元カフェテラス』を刊行。1991年「バルーン・タウンの殺人」でハヤカワSFコンテストに入選する。日常と非現実、現実と仮想が交じり合う作品世界を創り続けている。著作に「安楽椅子探偵アーチー」シリーズ、「ニャン氏」シリーズ、『おせっかい』『ピピネラ』『銀杏坂』『スパイク』『雨恋』『ハートブレイク・レストラン』『九月の恋と出会うまで』『モーリスのいた夏』などがある。

「2021年 『嵐の湯へようこそ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松尾由美のおすすめランキングのアイテム一覧

松尾由美のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』や『九月の恋と出会うまで (双葉文庫)』や『ハートブレイク・レストラン (光文社文庫)』など松尾由美の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3216
3.19
阿川佐和子 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8人の作家が紡ぐそれぞれの物語は異なる味わいで享受できますが、胸キュンのツボに入ったのは乃南アサさんの「キープ」。 ローテンション人生だった主人公の奇跡... もっと読む

九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

1236
3.38
松尾由美 2016年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エアコン用の壁の穴から、突然聞こえてきた声。 男は〈未来の平野〉=〈シラノ〉だと言うが……。 SF恋愛小説。 変わり者のマンションオーナーに... もっと読む

ハートブレイク・レストラン (光文社文庫)

851
3.34
松尾由美 2008年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フリーライターの真以が行きつけの店にいる、幽霊のハルさんが謎を解くお話。ハルさんの観察力や推理力がすごい。真以の恋やら山田さんのことやらも絡み、なかなか読... もっと読む

雨恋 (新潮文庫)

612
3.26
松尾由美 2007年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

語り手はオーディオメーカーに勤める沼野渉30歳。叔母さんが期間限定でアメリカに異動になり、そのマンションに住むことになった沼野渉は、ある晩、姿が見えず声だ... もっと読む

九月の恋と出会うまで

333
3.37
松尾由美 2007年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて読んだ作家さんです。OLの女性が不思議なアパートに引っ越す。入居の条件は、他所で3回以上断られていることと、なんらかの芸術に関係していること。ぎりぎ... もっと読む

アンソロジー 隠す

298
3.48
大崎梢 2017年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつだって、誰だって、どこかに、 何かを隠している、ことを隠している。 大切なものか、 知られたくないものかはそれぞれだ。 作家が個々に とても上手く... もっと読む

九月の恋と出会うまで (新潮文庫)

275
3.59
松尾由美 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すっごく好きだった。気持ち良く予想を裏切られた。 もっと読む

ニャン氏の事件簿 (創元推理文庫)

274
3.25
松尾由美 2017年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おばあさんの幽霊、安楽椅子と様々なモノを探偵にしてきた作者ですが、今度は猫です。ネタとしては面白いけど、猫が探偵である必然を感じない。連作短編で1冊にはま... もっと読む

花束に謎のリボン (光文社文庫)

255
2.56
松尾由美 2012年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カテゴリとしては≪日常の謎≫になるのかもしれないけれど 謎というほどの謎じゃないし、解決するものもしないものもあるし。 (巻末の解説によると、解決しな... もっと読む

ハートブレイク・レストラン ふたたび (光文社文庫)

222
3.28
松尾由美 2015年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幽霊のハルさんの謎解きシリーズ。結構トリックが難解で、分りにくいものもあった。真衣と南野さんの恋もあまり進まず、なんか消化不良。 もっと読む

惑: まどう

206
3.54
アミの会 2017年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「迷う」から「惑う」を読んで「迷惑」完成(笑) 加納さんのお話は『トオリヌケキンシ』系。 あなたはあなたのままでいいんだよとそっとエールを送る。じんわ... もっと読む

恋する男たち (新潮文庫)

203
2.86
篠田節子 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6人の作家さんによるアンソロジー。 タイトルからして、男性目線の恋愛小説かなと思ったのですが、そう単純なものではなく。 恋という概念が様々だということな... もっと読む

安楽椅子探偵アーチー (創元推理文庫)

200
3.19

感想・レビュー

読むのに結構時間が掛かってしまった; 営業さんの話を聞いて 安楽椅子が喋るなんて・・・?! どんなおもしろ話かと思っていたら 意外と真剣。 ... もっと読む

雨恋

183
3.17
松尾由美 2005年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松尾由美さんの猫が登場する作品だったと思います。再読したいです! もっと読む

スパイク (光文社文庫)

179
3.20
松尾由美 2004年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パラレルワールド的話は好きではないが松尾由美はやっぱりすごい。ビーグル犬スパイクの愛らしさと口の聞き方でぐんぐん引き込まれて行く。棘のように私の心に刺さっ... もっと読む

NOVA 8 ---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

174
3.46
山田正紀 2012年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NOVA 8 ---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫) もっと読む

さよならハートブレイク・レストラン (光文社文庫)

174
3.40
松尾由美 2016年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真以は恋人の南野刑事との久しぶりのデートに心ときめかせていた。やっと予約がとれた人気レストランには、奇妙なことに空席が目立っていた。なぜか、突然お客が減っ... もっと読む

煙とサクランボ

169
3.22
松尾由美 2011年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

炭津と名乗る紳士は幽霊だった。バーテンダーの柳井は幽霊を見ることができてなおかつ冷静でいられるという特異な性質である。まずこの設定が面白かった。幽霊を実体... もっと読む

バルーン・タウンの殺人 (創元推理文庫)

162
3.36
松尾由美 2003年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素行不良の《妊婦探偵》が活躍する、シュールな笑いにあふれたSFテイストのミステリ。 舞台は、東京都第七特別区。人呼んで「バルーンタウン」。そこは、「... もっと読む

ハートブレイク・レストラン

160
3.33
松尾由美 2005年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

P271 とても寒いので長くはいられなかったが、そのあいだにくちびるを二つのことに使った。 この一文に心ほんわか。 全体を通して温かみのある優しい文章で... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示

松尾由美に関連する談話室の質問

ツイートする
×