松嶋健のおすすめランキング

プロフィール

広島大学大学院社会科学研究科准教授、文化人類学、医療人類学。主要著書に、『プシコ ナウティカ——イタリア精神医療の人類学』世界思想社、2014年(単著)、『文化人類学の思考法』2019年、『身体化の人類学——認知・記憶・言語・他者』2013年(以上、世界思想社、共著)、『医療人類学を学ぶための60冊——医療を通して「当たり前」を問い直そう』明石書店、2018年(共著)、『Lexicon現代人類学』以文社、2018年(共著)、『世界の手触り——フィールド哲学入門』2015年、『動物と出会う I——出会いの相互行為』2015年、『自然学——来るべき美学のために』2014年(以上、ナカニシヤ出版、共著)、『医療環境を変える——「制度を使った精神療法」の実践と思想』京都大学学術出版会、2008年(共著)などがある。

「2019年 『トラウマを共有する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松嶋健のおすすめランキングのアイテム一覧

松嶋健のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『プシコ ナウティカ―イタリア精神医療の人類学』や『能力2040 AI時代に人間する』や『身心変容のワザ~技法と伝承――身体と心の状態を変容させる技法と伝承の諸相―― (身心変容技法シリーズ)』など松嶋健の全3作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

プシコ ナウティカ―イタリア精神医療の人類学

43
4.50
松嶋健 2014年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読前と読後で、人間と社会の関係についての考え方が決定的に変わった一冊。著者のイタリアに対する深い愛と尊敬が全編を通して感じられる。 もっと読む
全3アイテム中 1 - 3件を表示
ツイートする
×