松本卓也のおすすめランキング

プロフィール

精神医学者・現代思想研究者・京都大学大学院准教授

「2019年 『心の病気ってなんだろう?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本卓也のおすすめランキングのアイテム一覧

松本卓也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人はみな妄想する -ジャック・ラカンと鑑別診断の思想-』や『創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで (講談社選書メチエ)』や『享楽社会論: 現代ラカン派の展開』など松本卓也の全42作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人はみな妄想する -ジャック・ラカンと鑑別診断の思想-

147
4.55
松本卓也 2015年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神病理学の専門家としての立場から、特に鑑別診断に焦点を当ててラカンを年代別に論じる。 フロイトとの対応も詳細に解説し、ラカンはフロイトをどのように受け... もっと読む

創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで (講談社選書メチエ)

102
4.44
松本卓也 2019年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

創造と狂気の関係がどのように考えられてきたのか、各年代の考察をまとめた本だと言えます。クリエイティブとは常軌を逸した行為の成果なのか、それともそうでないの... もっと読む

享楽社会論: 現代ラカン派の展開

83
4.33
松本卓也 2018年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10月新着 東京大学医学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_search/?la... もっと読む

現代思想 2018年4月号 特集=現代思想の316冊 ―ブックガイド2018―

57
3.00
檜垣立哉 2018年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各記事の著者のエッセイとして読みやすいものが多かったが、読書ガイドとしては?のつくものも。 もっと読む

症例でわかる精神病理学

57
4.00
松本卓也 2018年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難解な精神病理学の理論を記述精神病理学、現象学的精神病理学、力動的精神病理学と、どの学派に偏ることなく平易に説明。また症例は古典的な症例を含めて提示され、... もっと読む

現代思想 2018年1月号 特集=現代思想の総展望2018

34
3.50
養老孟司 2017年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

早速、レンマ的算術へ、すっごくおもしろ~いけど、量子論のマトリクス数式、読めません、、とほほ、、非線形の前に、、線形の復習からか~、、 もっと読む

労働と思想

33
4.25
本橋哲也 2015年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『労働と思想』 編著:市野川容孝、渋谷望 執筆:本橋哲也、植村邦彦、市野川容孝、斎藤幸平、佐々木隆治、溝口大助、明石秀人、松本卓也、永野潤、大貫隆史、... もっと読む

nyx ニュクス

28
3.00
佐々木雄大 2015年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑誌 もっと読む

現代思想 2014年5月号 特集=精神医療のリアル DSM-5時代の精神の<病>

27
3.00
斎藤環 2014年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想→ http://flutingsnoopy.jugem.jp/?eid=1777 もっと読む

現代思想 2015年5月号 特集=精神病理の時代 -自閉症・うつ・普通精神病・・・

21
3.00
松本卓也 2015年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

借りたもの。 精神病理を哲学から解釈する。 生きづらさ、生き苦しさともいうべきそれは、一体何処から来るのか―― ラカンの理論、バラバラな自己から成長を通し... もっと読む

現代思想 2018年11月号 特集=「多動」の時代 ―時短・ライフハック・ギグエコノミー―

19
4.14
小島慶子 2018年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ADHDのところをひろい読み。 それとは関係ないけど、「不登校の人とどもる体の人」の最初の対談が興味深くておもしろかった。 現代思想は、興味あるテーマの... もっと読む

日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学」の可能性 (WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ 3)

16
4.00
中川尚史 2012年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

霊長類研究のこれからを担う人たちが書いたサル学の本。 図や写真が多く、カラーでわかりやすい。教科書のような印象。研究の分野ごとに分けられているので、興味... もっと読む
全42アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする