松浦和也のおすすめランキング

プロフィール

1978年、大阪府生まれ。東京大学文学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。現在、東洋大学文学部哲学科准教授。専門はギリシア哲学。主要業績に『アリストテレスの時空論』(知泉書館)、『世界哲学史Ⅰ──古代1 知恵から愛知へ』(筑摩書房:第6章「古代ギリシアの詩から哲学へ」)、『iHuman──AI時代の有機体-人間-機械』(学芸みらい社:第7章「労働力としての人工知能」)がある。また、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)「人と情報のエコシステム」(HITE)研究領域において、科学技術と市民、社会を円滑に結びつけるための研究開発活動を行っている。

「2021年 『ロボットをソーシャル化する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦和也のおすすめランキングのアイテム一覧

松浦和也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ロボットをソーシャル化する:「人新世の人文学」10の論点』や『アリストテレスの時空論』や『情報とリスク―ポスト3.11の哲学 (哲学雑誌 第 128巻第800号)』など松浦和也の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする
×