松田哲夫のおすすめランキング

プロフィール

1947年東京生まれ。学生時代にマンガ誌『ガロ』編集部に出入りし、筑摩書房の「現代漫画シリーズ」を手伝ううちに、大学を中退。69年、筑摩書房入社。「ちくまぶっくす」の編集長を経て、浅田彰の『逃走論』や「ちくま文学の森」「ちくま哲学の森」などの数々のベストセラーを産み出す。路上観察学会の事務局長、季刊誌『本とコンピューター』の編集委員、TBSテレビ「王様のブランチ」(本の紹介コーナー)のコメンテーターとしても活躍中。2003年には、電子本を配信する新会社「パブリッシングリンク」の初代社長に就任した。

著書に、『編集狂時代』(本の雑誌社)、『これを読まずして、編集を語るなかれ』(径書房)、『印刷に恋して』(晶文社)などがある。

「1995年 『これを読まずして、編集を語ることなかれ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田哲夫のおすすめランキングのアイテム一覧

松田哲夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『印刷に恋して』や『「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)』や『「本」に恋して』など松田哲夫の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

印刷に恋して

197
3.67
松田哲夫 2002年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

DTP以前の印刷業界がざっとわかる本。 仕事で使うCTP、PS版についてはかろうじて理解できた程度。 電子ブックについても後半、少し触れられている。 活版... もっと読む

「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)

197
3.50
松田哲夫 2009年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書店員時代、本の売り上げに影響する「王様のブランチ」の松田哲夫氏のコーナーはいつも要チェックであった。時には一読者としてその紹介内容に心を掴まれ、財布を開... もっと読む

「本」に恋して

152
3.79
松田哲夫 2006年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ものを造る仕事というのは、どうしてこんなに心を惹きつけるのだろう。 丁寧に描きこまれたイラストに、顔を近づけて何度も何度も見つめる。 まるで「フランダ... もっと読む

編集狂時代 (新潮文庫)

96
3.66

感想・レビュー

まだ読み終えていませんが、現役編集者の方にすすめられました。帯文には南伸坊「編集なんかにこれっぽっちも興味のない人にもこの本はおもしろい」とのこと。 もっと読む

縁もたけなわ: ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たち

57
3.41
松田哲夫 2014年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルのとおり、著者がこれまでの仕事で出会ったさまざまな人々について語るエッセイ。路上観察研究会や仕事の相棒としておなじみの赤瀬川原平さんや南伸坊さんを... もっと読む

林丈二的考現学―屁と富士山 (INAX booklet)

42
3.85
赤瀬川原平 2000年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ようやく購入。改めて読書。 赤瀬川さんたちの座談会で語られている『非コレクターとしての収集』に納得。開放系なのだろうな。 考現学の祖である今和次郎と吉田... もっと読む

昭和の東京 路上観察者の記録

29
3.43
路上観察学会 2009年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

赤瀬川さんに黙祷! もっと読む

これを読まずして、編集を語ることなかれ。

27
3.00
松田哲夫 1995年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書籍編集という仕事とは何かを考えるプロセスを、対談形式でまとめた本。 企画や編集の中で、生き生きとモノを作る息吹が伝わってくる。 もっと読む

編集狂時代

14
3.50

感想・レビュー

筆者は筑摩書房の編集者。 宮武外骨の「外骨」は昭和18年、喜寿を機会に読みを改めるまでは「がいこつ」、喜寿以降は「とぼね」 もっと読む

路上探検隊 讃岐路をゆく

13
3.14

感想・レビュー

日向子さんは路上観察学会の中では銭湯担当?である。この本には 「豊作脱帽堪能満喫的銭湯物件」 「命洗濯的長閑物件」 「四国の長女」 の3つのエッセ... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
ツイートする