松田志乃ぶのおすすめランキング

松田志乃ぶのおすすめランキングのアイテム一覧

松田志乃ぶのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悪魔のような花婿 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)』や『新釈 グリム童話 ―めでたし、めでたし?― (集英社オレンジ文庫)』や『悪魔のような花婿 遅れてきた求婚者 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)』など松田志乃ぶの全108作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

悪魔のような花婿 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

240
3.69
松田志乃ぶ 2010年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「花婿」と書いて「あなた」と読みます。通称「悪婿」シリーズ。 名探偵コナンみたいな感じ?  見た目は子供、頭脳は大人、悪魔伯爵バジル!!みたいな。... もっと読む

新釈 グリム童話 ―めでたし、めでたし?― (集英社オレンジ文庫)

183
3.22
谷瑞恵 2016年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

六編のグリム童話を下敷きにした物語。 トップバッターは、谷瑞恵の『ルンペルシュティルツヒェン』。 海外ドラマ、「Once Upon a Time」で知... もっと読む

悪魔のような花婿 遅れてきた求婚者 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

163
3.70
松田志乃ぶ 2010年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人物紹介の絵と表紙や挿絵が同じ人物に見えないんですけど…… 絵と一緒に内容も「嘘姫」と同じ調子 1巻が受けたのは1話のコメディ調だと思うのだがどうか もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり ひみつの乳姉妹 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

138
3.73
松田志乃ぶ 2008年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

成年してから初めてコバルトに触れた(少女にあるまじき)者としては、多分、こういうノリが本来少女小説の王道と分類されるものなんだろうと感じた。物語としてはそ... もっと読む

悪魔のような花婿 薔薇の横恋慕 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

131
4.00
松田志乃ぶ 2011年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

次々と秘密の明かされる怒涛の後半が面白かった。やっぱモテまくるヒロインは読んでいても気持ちがいい!w もっと読む

悪魔のような花婿 ダイヤモンドは淑女の親友 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

112
3.90
松田志乃ぶ 2011年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バルバロッサ格好良い‼ 心がふんわり温かくなる一冊。 好きだ〜。 もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり 見習い姫の災難 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

106
3.73
松田志乃ぶ 2008年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは凄い 1巻に続き平安朝を舞台にすみずみまできっちりミステリしている 構成も見せ方も素晴らしい 少女小説を踏まえたキャラ配置も決まって 文句付... もっと読む

悪魔のような花婿 愛と誘惑の黄金宮 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

105
3.79
松田志乃ぶ 2011年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホスト4人衆な見開き挿絵を何度も見てしまう(笑) 安定の面白さ。 もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり 恋する後宮 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

92
3.89
松田志乃ぶ 2009年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初作品と比して脅威の伸長 今回はミステリ控えめ平安舞台の少女小説だが充分に面白い 目指せ今代のジャパネスク もっと読む

悪魔のような花婿 魔女たちの仮面舞踏会 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

92
3.71
松田志乃ぶ 2012年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪魔城、『ザ・スカイ』の住人になりたい。 こんなに面白い作品は久しぶりである。 もっと読む

わたしの嫌いなお兄様 (コバルト文庫)

90
3.45
松田志乃ぶ 2012年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙の印象もあって華やかな雰囲気で面白かったです。読み始めたら止まらなかった。1作目を雑誌で読んだときぜひ文庫化して欲しいと思っていたので、こうしてまた読... もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり ふたりの東宮妃 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

89
3.74
松田志乃ぶ 2009年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本編は前2巻の後始末でミステリ要素なくつなぎと前振りに徹するの巻 短編は持ち味が出ていて良 馨子さまの活躍させかた振りがこの作品構成の重要なところ もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり―姫盗賊と黄金の七人〈後編〉平安ロマンティック・ミステリー (コバルト文庫)

88
3.79
松田志乃ぶ 2009年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平安時代でライトノベル風少女小説で 「本格」ミステリをするということの難しさを感じる巻 『風の王国』だとその齟齬が面白いが 本作は平安少女小説として... もっと読む

悪魔のような花婿 薔薇の祭典 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

87
3.88
松田志乃ぶ 2012年12月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カスタードとスピンクスはがっつり同性愛として書いちゃうのにあくまでイヴニングフェイスとリオンについては否定していくのはどういう意図があるのかな…と思いつつ... もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり 姫盗賊と黄金の七人(前編) 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

86
3.89
松田志乃ぶ 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は強ミステリ仕立て ライトノベル的少女小説としては構成も描写も安定の出来栄え抜群 安心して読める もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり 寵愛の終焉 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

84
3.85
松田志乃ぶ 2010年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よろめきめろめろドラマ部分は良いと思うけれども それにつられて今巻では構成がよろしくない 短編を置く位置がどうこうよりそれを踏まえての筋書きが単調 もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり 東宮の求婚 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

80
3.97
松田志乃ぶ 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 優しくて穏やかな愛情しか知らなかった宮子が、初めて身の内に覚えた激しい感情に戸惑い、翻弄される様が、今までいかに真幸に大切に愛されてきたのかを物語ってい... もっと読む

悪魔のような花婿 魔法使いの恋人 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)

80
3.83
松田志乃ぶ 2012年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本編も盛り上がってきたけど、個人的に短編のレディドーラのお話がとてもよかった。 逆プロポーズが可愛い♡ 2人の馴れ初めを知ったおかげでレディドーラの喪... もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり 初恋と挽歌 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

79
3.74
松田志乃ぶ 2011年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

次郎君を支えるため、後宮に戻った宮子。しかし次郎君の失声の病はなかなか回復しない。市の聖の話を聞くことを薦められ、宮子と次郎君は一緒に市に向かう。だが、見... もっと読む

嘘つきは姫君のはじまり 少年たちの恋戦 平安ロマンティック・ミステリー (嘘つきは姫君のはじまりシリーズ) (コバルト文庫)

77
3.65
松田志乃ぶ 2011年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『少年たちの恋戦』 ということで、真幸と次郎君初対面。 あまり戦というほどバチバチした感じはしませんでした。二人が戦うというより、それぞれが宮子の為に戦う... もっと読む
全108アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする