松田道弘のおすすめランキング

松田道弘のおすすめランキングのアイテム一覧

松田道弘のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『超能力のトリック (講談社現代新書 (799))』や『将棋とチェスの話―盤上ゲームの魅力 (岩波ジュニア新書 (344))』や『トリックものがたり (ちくま文庫)』など松田道弘の全80作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

超能力のトリック (講談社現代新書 (799))

44
3.92

感想・レビュー

ユリ・ゲラーのスプーン曲げから、脱出王フーディー二らが賞金をかけて超能力者に挑戦したエピソードなど、超能力のトリックを解説。 ドラマのトリックみたいだな... もっと読む

トリックものがたり (ちくま文庫)

27
3.57

感想・レビュー

新カー問答、クレイトン・ロースン等のミステリ論あり もっと読む

クロースアップ・マジック事典

26
3.00
松田道弘 1990年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初級者から上級者まで誰でも参考になります。 もっと読む

メンタル・マジック事典

25
3.57

感想・レビュー

読んでおいて損はない もっと読む

奇術のたのしみ (ちくま文庫)

22
3.83

感想・レビュー

かなり古い本なのですね。 奇術(マジック)の歴史的・文化的な背景や様々な奇術師たちの活躍など、とても興味深く楽しく読めた。 日本でも古くから「しかけ」... もっと読む

トリックのある部屋―私のミステリ案内 (講談社文庫)

17
4.00

感想・レビュー

タイトルはミステリー案内で、確かに書評もあるんですが、意地悪クイズや、逆さ漫画、手品など、むしろ発想の転換を促してくれる本です。 もっと読む

トリックスター列伝―近代マジック小史

16
2.83

感想・レビュー

トリックスター、日本語では詐欺師、ペテン師と訳されるかもしれないが、この本では歴史上のマジシャンたちを指している。人をだますことを「悪」に使うのではなく、... もっと読む

クロースアップ・マジック (fukkan.com)

16
3.29
松田道弘 2005年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松田道弘「クロースアップ・マジック」(金沢文庫、1974年)、松田道弘「即席(クロースアップ)マジック入門」(ちくま文庫、1987年)の復刻版。 もっと読む

トランプものがたり (1979年) (岩波新書)

15
3.40

感想・レビュー

「日本遊戯史」の副読本に良い。 この本が書かれた当時には、幻だったうんすんかるたも 今は、水道橋の奥の歌留多で新刷がてにはいる。 誠時代というものは... もっと読む

即席(クロースアップ)マジック入門 (ちくま文庫)

14
4.00

感想・レビュー

松田道弘「クロースアップ・マジック」(金沢文庫、1974年)の文庫版。 もっと読む

トランプ・マジック (ちくま文庫)

14
4.00

感想・レビュー

トランプを置いてるバーで大活躍!! もっと読む

あそびの冒険 全5巻

13
4.33
松田道弘 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もともと筑摩書房からでていて、その後長らく絶版になっていたこの本。当時小学生だった自分が町の本屋に行って初めて本の注文というものをしてみたのに、数週間待っ... もっと読む

超能力(メンタル)マジックの世界 (松田道弘あそびの冒険)

12
3.83

感想・レビュー

超能力(メンタル)マジックとは、超能力を装ったトリック。 相手に誤解を与える態度と演出で使わないように、と前書きをしてから、代表的な手品とタネをわかりや... もっと読む

トリック専科 (現代教養文庫)

12
3.67

感想・レビュー

松田道弘「トリック専科」(社会思想社、1982年)の文庫版。 もっと読む
全80アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×