松田青子のおすすめランキング

プロフィール

松田青子

一九七九年、兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業。著書に『スタッキング可能』『英子の森』『ワイルドフラワーの見えない一年』(以上、河出書房新社)、『おばちゃんたちのいるところ』(中央公論新社)、翻訳書に『狼少女たちの聖ルーシー寮』『レモン畑の吸血鬼』(以上、カレン・ラッセル/河出書房新社)、『AM/PM』(アメリア・グレイ/河出書房新社)『問題だらけの女性たち』(ジャッキー・フレミング/河出書房新社)、エッセイ集に『読めよ、さらば憂いなし』『東京 しるしのある風景』(河出書房新社)、『ロマンティックあげない』『じゃじゃ馬にさせといて』(新潮社)などがある。

「2019年 『おばちゃんたちのいるところ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田青子のおすすめランキングのアイテム一覧

松田青子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『スタッキング可能』や『英子の森』や『おばちゃんたちのいるところ - Where the Wild Ladies Are』など松田青子の全80作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

スタッキング可能

1239
3.19
松田青子 2013年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年の初めに「なんかすごいらしい」と耳にしていながらも、読むのがのびのびになっていた本。 表題作の『スタッキング可能』、最初から飛ばしている。匿名希望の... もっと読む

英子の森

496
3.41
松田青子 2014年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

痛い小説だ。いやいや作品が痛いんじゃなくて痛いのは私。 うーん、刺さるなぁ。痛すぎますよ・・・。 自分のことを言われているようで逃げたくなった。 多... もっと読む

おばちゃんたちのいるところ - Where the Wild Ladies Are

399
3.42
松田青子 2016年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おばちゃんたちの生態がさまざまに書かれている本かと思って手に取ったが、間違ってはいないけれど、おば…のあとに「け」が抜けているような気もする。 けの力は... もっと読む

ロマンティックあげない

321
3.93
松田青子 2016年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなにおもしろいエッセイよんだことないよ! 映画に詳しくないので、映画の話にはついていけなかったけれど映画も見たくなった。テイラー・スウィフトも聴... もっと読む

読めよ、さらば憂いなし

235
3.55
松田青子 2015年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な媒体に発表した書評、映画評をまとめた、ずっしりと読み応えのある一冊。ずっと気になっていた松田青子さん、初読み。できれば小説から読みたいと思っていたけ... もっと読む

スタッキング可能 (河出文庫)

195
3.70
松田青子 2016年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編中編実験作ぽいの等ごった煮だったけれどどれも面白かった。表題作は働く女性(男性)なら誰しも多少なりとも共感できる「あるある」ポイントや、こういう人「い... もっと読む

ワイルドフラワーの見えない一年

191
3.49
松田青子 2016年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天才に出会ってしまった。 もっと読む

本にまつわる世界のことば

183
3.00
温又柔 2019年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界各国の「本にまつわることば」を集め、作家や翻訳家による ショートストーリーやエッセイと共に紹介する本。 ・本にまつわる言葉から創作したショートスト... もっと読む

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

161
3.29
山内マリコ 2017年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

団地のことがなぜかすごく気になってた時に見つけた本。 団地にまつわる小説・ポエム・フォトエッセイ・対談やコミックなど、中身は豪華満載。 これは楽しい! もっと読む

英子の森 (河出文庫)

154
3.90
松田青子 2017年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単行本で読みそびれていたところ、このたび文庫化されたのでさっそく読んでみた。 表題作「英子の森」は、多少なりとも外国語にあこがれを持ち、学習し、仕事... もっと読む

皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

110
4.58
皆川博子 2018年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「本の雑誌」7月号で、日下三蔵氏が「小説の女王の巨大な山脈」と題して「皆川博子の十冊」を紹介している。おお、なんてタイムリーな(私には)企画、最近読んだ初... もっと読む

十年後のこと

97
2.92
東浩紀 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「10年後」がテーマの、35のショートショートアンソロジー。幅広いメンツで、初読みの作家さんも多いのでお得かな、と思ったが。全体的にシュールでつかみどころ... もっと読む

なんでそんなことするの? (福音館創作童話シリーズ)

90
3.43
松田青子 2014年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵とお話しの雰囲気が合いすぎている ミケはトキオくんのことが本当に大好きなので少し悪者になってトキオくんに大切なことに気づいてもらった 「ミソサバ」「サ... もっと読む

東京 しるしのある風景

85
3.32
松田青子 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風景印集めを再開したくなった。姫路郵便局の風景印が一番いいなと思った。 もっと読む

村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ

70
2.91
青山七恵 2014年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わたしはハルキストではないし、村上春樹の著書をあまり知らない。中学生の頃まだ読書嫌いだったあの頃無理矢理彼の著書を読まされて以来食わず嫌い、あまりいい記憶... もっと読む

早稲田文学増刊π(パイ)

57
3.20
川上未映子 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一箱古本市 もっと読む

じゃじゃ馬にさせといて

55
3.83
松田青子 2019年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前から気になって注目してる松田青子さん。 本書はエルジャポンの連載をまとめたもの。 見聞きした作品のジェンダーバイアスな部分を斬り捨て、「闘う女性」を応... もっと読む

大島弓子 fan book ピップ・パップ・ギーととなえたら

54
3.50
大島弓子 2015年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大島弓子の作品は好きで、けっこう読んでいたが、初期の頃の作品は知らなくて、作風が全然違ってたんだなと思った。 以前読んだ作品を、改めて、また読みたくなっ... もっと読む

早稲田文学5

53
3.75
松田青子 2012年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎号楽しみにしています。年に1,2回しか出ないけど。 abさんご、ここ数年読んだ新人賞受賞作の中で一番次も読みたいと思える小説だった!すごい! 早稲田文学... もっと読む

ユリイカ 2013年10月号 特集=武田百合子 歩く、食べる、書く

46
3.50
武田百合子 2013年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な人が武田百合子さんについて書いている、というか思いの丈を吐露している。改めて魅力的な人だった(いや現在形か)のだなぁと感じる。誰だったか思い出せない... もっと読む
全80アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする