林望のおすすめランキング

プロフィール

1949年東京生。作家・国文学者。

慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程満期退学(国文学専攻)。東横学園短大助教授、ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。『イギリスはおいしい』(平凡社・文春文庫)で91年日本エッセイスト・クラブ賞。『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』(Pコーニツキと共著、ケンブリッジ大学出版)で、国際交流奨励賞。学術論文、エッセイ、小説の他、歌曲の詩作、能作・能評論等著書多数。『謹訳源氏物語』全十巻(祥伝社)で2013年毎日出版文化賞特別賞受賞。2019年『(改訂新修)謹訳源氏物語』(祥伝社文庫)全十巻。ほかに、『往生の物語』(集英社新書)『恋の歌、恋の物語』(岩波ジュニア新書)等古典の評解書を多く執筆。『旬菜膳語』(岩波書店・文春文庫)『リンボウ先生のうふふ枕草子』(祥伝社)、『謹訳平家物語』全四巻(祥伝社)『謹訳世阿弥能楽集』(檜書店)『謹訳徒然草』(祥伝社)等著書多数。

「2021年 『古典の効能』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林望のおすすめランキングのアイテム一覧

林望のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『イギリスはおいしい (文春文庫 は 14-2)』や『アンソロジー おやつ』や『知性の磨きかた (PHP新書)』など林望の全562作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

イギリスはおいしい (文春文庫 は 14-2)

1041
3.78
林望 1995年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イギリスの料理は不味い、そんな話をよく聞きます。 確かに、お茶の話はよく聞きますが、、 いわゆる“名物料理”というものはあまり印象にありません。 ... もっと読む

アンソロジー おやつ

890
3.38
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

知性の磨きかた (PHP新書)

700
3.35
林望 1996年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学問・読書・遊びは、三位一体というべき事柄である。良く学び、良く遊ぶ が本書のメッセージである 教えないことが教えることであるという禅問答的なやりとりが... もっと読む

節約の王道

633
2.81
林望 2009年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

節約とは自分の身の丈を素直に正直に見つめることだと思った。見栄を張ることが一番無駄なことかな。身の丈に合った地に足のついた生活を目指したい。 もっと読む

あなたと、どこかへ。 (文春文庫)

467
3.18
吉田修一 2008年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<クルマで出かける場面を用意すること>だけを約束事とされた8人の作家さんによる短編集。 大好きな、吉田修一さんの作品が収められているので 手にとってみまし... もっと読む

謹訳 源氏物語 一

410
3.76
林望 2010年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドナルド・キーン氏が原文を読めないからと「源氏物語」未読の日本人が多いと嘆かれ、現代語訳で構わないから読みましょうと励まされたので、“林望訳”で読み通すこ... もっと読む

にっこり、洋食 ; おいしい文藝

401
2.93
江國香織 2021年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江國香織さんはポタージュを手作りするのにミキサーを使うのが苦手だとおっしゃっていますが、私も同じです。 最近スープ作りに凝り始め、スープの本を見て色々作... もっと読む

あなたと、どこかへ。 eight short stories

400
3.26
片岡義男 2005年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

角田光代の姉弟の話が好き。弟ナイス! 林望の話の中で、人生やり直すことはできないからこれでいいことにしようっていうのがいいなーと思いました。 もっと読む

イギリスは愉快だ (文春文庫)

333
3.74
林望 1996年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作の「イギリスはおいしい」は、不味いとされるイギリス料理にフォーカスを当てたもの。ある意味、際物であった。本書はある意味では王道である、イギリスの文化・... もっと読む

すらすら読める風姿花伝 (講談社+α文庫)

333
3.63
林望 2018年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

You Tubeのアバタローさんがこの本を紹介しており、興味が湧いたので読んでみました。 この風姿花伝は伝統芸能である「能」の演技、演出などについて書か... もっと読む

役に立たない読書 (インターナショナル新書)

290
3.11
林望 2017年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【要約】 ・読書は「楽しい!」が一番。 ・読んだ内容について考えて初めて読書と言える。 ・内的な契機のない読書に意味はない ・「自分が今何に対して興味を感... もっと読む

イギリスはおいしい

226
3.80
林望 1991年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHKラジオ深夜便で著者ことを初めて知りました。イギリスに滞在時に初めて出版された本ということで読んでみたいと思いました。 もっと読む

「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書 118)

205
2.66
林望 2011年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

情けないことですが、最近体が思ったように素早く反応できなくなってきていると痛感します。自分に残された時間の定義は、観点によって長さは異なってくると思います... もっと読む

すらすら読める風姿花伝

199
3.56
林望 2003年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ご存知、日本の伝統芸能「能」の育ての親。不世出の天才「世阿弥」によって書かれた「芸能論」を、林望が翻訳、解説を加えたもの。 タイトルどおり、「すらす... もっと読む

「芸術力」の磨きかた

187
2.88
林望 2003年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は作家であるが、文章表現のみならず、声楽、能、絵画、写真など様々な芸術に能動的に親しんでいる。芸術は鑑賞するだけでなく実際に表現することでより理解が増... もっと読む

謹訳 源氏物語 一 改訂新修 (祥伝社文庫)

187
4.09
林望 2017年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「源氏物語」二周目。昨年、読書会の源氏物語を10か月かけて読むイベントに参加した。 誰の訳で読んでもいいということで、その時は橋本治氏の「窯変 源氏物語」... もっと読む

金遣いの王道

183
2.79
林望 2013年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんだか、さりげなくお互いの書いた本を褒めあいながら進んでいくトークに途中から、また始まったのかょ、、、と、つい思ってしまうくらい、おっさん二人が居酒屋で... もっと読む

イギリスはおいしい 2 (文春文庫 は 14-8)

163
3.41
林望 2001年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イギリスはおいしい でも ロンドンはおいしくない、とのこと もっと読む

謹訳 源氏物語 ニ

152
4.03
林望 2010年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

末摘花から花散里まで。 桐壺帝や葵の上がいなくなり下降気味な源氏。 、な中でも色心は旺盛なのがさすが。 やっぱり紫の上との一連の関わりはちょっと引く。 もっと読む

リンボウ先生イギリスへ帰る (文春文庫 は 14-5)

144
3.28
林望 1997年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エッセイストがイギリス滞在で触れた文化や考えたことを徒然と描く。会社勤めにはない視で、よくこんなに話のネタになることを見つけ出し、文章に書けるものだなと思... もっと読む
全562アイテム中 1 - 20件を表示

林望に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×