柚月裕子のおすすめランキング

プロフィール

柚月裕子

一九六八年、岩手県生まれ。二〇〇八年、『臨床真理』で第七回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。一三年に『検事の本懐』(宝島社)で第一五回大藪春彦賞を、一六年に『孤狼の血』(KADOKAWA)で第六九回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、『慈雨』(集英社)で〈本の雑誌が選ぶ二〇一六年度ベスト一〇〉第一位、一八年に本作『盤上の向日葵』で二〇一八年本屋大賞第二位を獲得。その他の著作に『最後の証人』『検事の死命』(以上、宝島社)『パレートの誤算』(祥伝社)『ウツボカズラの甘い息』(幻冬舎)『あしたの君へ』(文藝春秋)など。

「2020年 『盤上の向日葵(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柚月裕子のおすすめランキングのアイテム一覧

柚月裕子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『盤上の向日葵』や『慈雨 (集英社文庫)』や『孤狼の血 (角川文庫)』など柚月裕子の全150作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

盤上の向日葵

2474
3.89
柚月裕子 2017年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柚月裕子『盤上の向日葵』中央公論新社。 柚月裕子作品は外れが無いので、後でじっくり堪能しようと暫く寝かせていた単行本。 将棋界を舞台にした珍し... もっと読む

慈雨 (集英社文庫)

1896
3.71
柚月裕子 2019年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柚月裕子『慈雨』集英社文庫。 文庫化されたので再読。文庫化で楽しみなのは解説であるが、本作の解説は元さわや書店の松本大介さん。松本さんは夏目漱石の『... もっと読む

孤狼の血 (角川文庫)

1649
4.14
柚月裕子 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.9.24 読了。 ・昭和63年の広島を舞台にした警察対暴力団、暴力団対暴力団を描いたハードボイルド作品。最後まで目が離せない展開、正義とは何... もっと読む

最後の証人 (宝島社文庫)

1456
3.92
柚月裕子 2011年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまで読んだ柚月さんの本の中ではベスト。(4冊だけだけど)やはり人気シリーズなだけある。元検事・現弁護士の佐方のもとに、圧倒的不利の被告人から依頼が入る... もっと読む

孤狼の血

1210
3.91
柚月裕子 2015年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

渋くてカッコいいと言えば聞こえがいいが、任侠の世界を渡るとなると一筋縄ではいかない。 それが警察の立場ならなおさらだ。 新人警察官の日岡は、所轄署の捜査... もっと読む

しあわせなミステリー

1147
3.15
伊坂幸太郎 2012年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集なので、軽いミステリー。 すぐ読了。 久しぶりに伊坂幸太郎が読みたくなりました。 もっと読む

慈雨

1136
3.76
柚月裕子 2016年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警察を定年退職した神場は、妻と四国の八十八ヶ所を巡るお遍路旅に出る。 誰にも明かされない胸中に、16年前に起きた純子ちゃん殺害事件の冤罪に関わる秘密を抱え... もっと読む

検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

1041
4.15
柚月裕子 2012年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柚月さんの本は『最後の証人』に次いで2作目。 ヤメ検弁護士・佐方貞人の検事時代を描いた連作短編。 このシリーズ、面白い! 第3弾を読まなければ~ もっと読む

臨床真理 (このミス大賞受賞作)

998
3.12
柚月裕子 2009年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

弟の死から、精神疾患を抱える患者を救いたいとして、臨床心理士となった佐久間美帆。 勤務先の医療機関で担当となった藤木司は「人の声が色に見える」能力があっ... もっと読む

凶犬の眼

955
3.65
柚月裕子 2018年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柚月裕子『凶犬の眼』角川書店。 『孤狼の血』シリーズ第2作。『慈雨』から『孤狼の血』と今や男性作家よりも男らしい傑作を上梓し続けている柚月裕子がまたも男... もっと読む

最後の証人

920
3.76
柚月裕子 2010年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初と最後では、犯人と思っていた人物がまるっきり逆で驚いた! たしかにどちらとも取れる表現をしていたのは、見事だった。 犯人が姑息に隠蔽した罪も、佐方によ... もっと読む

検事の信義

798
3.66
柚月裕子 2019年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

検事・佐方貞人シリーズ、短編集。 どれも派手さはないけれど。問題判決になろうとも、「罪はまっとうに裁かれなければならない」、「事実と真実は違う」と自... もっと読む

パレートの誤算 (祥伝社文庫)

797
3.47
柚月裕子 2017年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柚月裕子『パレートの誤算』祥伝社文庫。 文庫化されたので再読。 やはり、柚月裕子は期待を裏切らない。何よりもストーリー展開のテンポが良く、ミス... もっと読む

ウツボカズラの甘い息 (幻冬舎文庫)

744
3.72
柚月裕子 2018年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柚月裕子『ウツボカズラの甘い息』幻冬舎文庫。 文庫化されたので、再読。 これまでの柚月裕子の作品には無かった、ラスト3分の1からの物語のテンポの変化に... もっと読む

最後の証人 (角川文庫)

717
4.08
柚月裕子 2018年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとなく気になり買った一冊。 話に引き込まれてほぼ一気に読んだ内容でした。 被告人、被害者の名が途中まで伏せてあり、その名前が、わかった時は驚いた。... もっと読む

臨床真理 (上) (宝島社文庫 C ゆ 1-1)

709
3.16
柚月裕子 2010年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柚木裕子作品をいろいろ読んでみようキャンペーン。「このミス」出身だったって知らなかった! 「これってこれであってる?」という言葉が気になって仕方がない。 ... もっと読む

ウツボカズラの甘い息

681
3.60
柚月裕子 2015年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ウツボカズラの甘い息」に誘惑された虫たちが、自ら中に飛び込み、養分となって死んでいく。 それって宗教やマルチ商法に騙された人間の姿と、どこか似ていないだ... もっと読む

あしたの君へ

676
3.62
柚月裕子 2016年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公は 自分が他人の気持ちに疎かったり 人生経験が少ないこと 特別な能力が ないことに引け目を感じていますが 大変に実直な性格です そういう誠... もっと読む

ほっこりミステリー (宝島社文庫)

670
3.16
伊坂幸太郎 2014年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「心がじんわり温まる、人の死なない物語」との帯文句に惹かれ買ってみた。「ほっこりミステリー」(単行本ではしあわせなミステリー)というタイトルからして、海外... もっと読む

朽ちないサクラ (徳間文庫)

669
3.41
柚月裕子 2018年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーカー被害に悩む女性の家族からの届けを、慰安旅行の為警察が受理しなかった! 警察の怠慢の所為でストーカー被害者は殺された!?  警察不祥事のス... もっと読む
全150アイテム中 1 - 20件を表示

柚月裕子の関連サイト

柚月裕子に関連する談話室の質問

ツイートする
×