柳下毅一郎のおすすめランキング

プロフィール

1963年大阪生まれ。映画評論家・翻訳家。雑誌『宝島』の編集者を経てフリー。
ガース柳下の筆名で『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判』(洋泉社/文春文庫)を町山智浩と共著。
著書『興行師たちの映画史 エクスプロイテーション・フィルム全史』(青土社)、
『新世紀読書大全 書評1990-2010』(洋泉社)など多数。
訳書にR・A・ラファティ『第四の館』(国書刊行会)、監訳書に(東京創元社)など。

「2021年 『皆殺し映画通信 地獄へ行くぞ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳下毅一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

柳下毅一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ベスト・オブ・映画欠席裁判 (文春文庫)』や『フロム・ヘル 上』や『世界の辺境とハードボイルド室町時代 (集英社文庫)』など柳下毅一郎の全139作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ベスト・オブ・映画欠席裁判 (文春文庫)

462
3.86
町山智浩 2012年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「ファビュラス・バーカー・ボーイズ」を名乗ってコンビで活動していた映画評論家2人(本書では「ウェイン町山」と「ガース柳下」)による、掛け合い漫才形式のト... もっと読む

フロム・ヘル 上

397
3.97
アラン・ムーア 2009年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

複数の方面からの賞賛の声を見て、普段は日本以外のマンガは読まないけど、これは試してみることに。意図的にそうしているのかもしれないけど画一的なコマ割、区別の... もっと読む

世界の辺境とハードボイルド室町時代 (集英社文庫)

359
4.27
高野秀行 2019年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「謎の独立国家ソマリランド」で有名な辺境をかけめぐるノンフィクション作家と、日本中世史を専門とする歴史学者の対談。 それだけ聞くと、「何その組み合わせ?... もっと読む

ケルベロス第五の首 (未来の文学)

357
3.61
ジーン・ウルフ 2004年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーんこれは面白かった。穴だらけの土地を石づたいにぐるぐると飛び進むように読んでいくうちに、じわじわと世界が見えてくる/ひっくり返る。ゴシックな異世界で、... もっと読む

デス博士の島その他の物語 (未来の文学)

332
3.71
ジーン・ウルフ 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母と二人暮らしの少年がドラッグストアで買ってもらった小説を読み始めると、物語の登場人物が目の前に現れて…。 子供のころの純粋な読書の高揚感を思い出させて... もっと読む

フロム・ヘル 下

294
4.13
アラン・ムーア 2009年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話題の海外コミックか、くらいの軽い気持ちで読み始めてみたら、何これ! おそろしいほどの情報量に、これはコミックではなく、イラストレイテッド・ノベルなんだな... もっと読む

ジェノサイドの丘〈上〉―ルワンダ虐殺の隠された真実

267
3.63

感想・レビュー

映画「ホテル・ルワンダ」のモデルとなったポール・ルセサバギナの本(「ホテル・ルワンダの男」)以来のルワンダ大虐殺関連本。 あちらはまさに当事者から見た虐... もっと読む

ジェイクをさがして (ハヤカワ文庫SF)

229
3.57

感想・レビュー

訳が悪いのか、ちっとも面白くない。原作が面白くないのか。これ、ローカス賞? もっと読む

ジェノサイドの丘〈下〉―ルワンダ虐殺の隠された真実

187
3.74

感想・レビュー

国連に加盟している主要国はそれぞれの利害に関係する理由からそれぞれの立場を守り結局は何もしていなかった。援助という莫大なお金の流れは誰のためのものだったの... もっと読む

ソフトマシーン (河出文庫)

176
3.39

感想・レビュー

マヤの犯罪がSFっぽくて面白かった〜それ以外は描写だけは激烈に刺激的だけどポルノの意味合いにしてはつまらんかな?でもラストはなんかまたSFな広がりをかんじ... もっと読む

異形の愛

156
3.94
キャサリンダン 2017年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

異形、というと高級感すらあるが、ゲテモノ、見世物芸人、不適応者、エグい、どうしょうもない、といった重層的意味を持たせているはずだ。 (オタク、マニア、と... もっと読む

ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判 (映画秘宝COLLECTION (20))

142
3.55

感想・レビュー

文春文庫に入っている『ベスト・オブ・映画欠席裁判』を読んで、図書館で借りてみる。期待通り悪口ばっかり。『アルマゲドン』や『メン・イン・ブラック』にも結構辛... もっと読む

雑食映画ガイド

142
2.94
町山智浩 2013年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 週刊『漫画アクション』のコラムコーナー「アクション・ジャーナル」で連載されていた、3人持ち回りの映画評コラムの単行本化。  「アクション・ジャーナ... もっと読む

Neverland Diner――二度と行けないあの店で

131
4.00
都築響一 2021年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「二度と行けないあの店」を100組が綴る 都築響一編著『Neverland Diner』 - 書籍ニュース : CINRA.NET https://www... もっと読む

ジェノサイドの丘〈新装版〉―ルワンダ虐殺の隠された真実

130
3.87

感想・レビュー

学校でアフリカゼミに入っていて読んだが最後まで読んでいない。人の名前がなかなか覚えられないし長くて途中で諦めてしまった、、。しかし、事実が多く述べられてい... もっと読む

蒸気駆動の少年 (奇想コレクション)

128
3.42

感想・レビュー

20世紀英国の作家(但し、アメリカ出身)、2000年に病没した ジョン・スラデックの奇天烈な短掌編集、全23編。 SFありミステリありホラーありと盛り... もっと読む

ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判 3 (映画秘宝COLLECTION 37)

126
3.49
町山智浩 2007年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画に詳しい二人の、漫才の台本みたいな感じです。 めちゃめちゃ笑いました。ツッコミが素晴らしかった。 もっと読む

サッカーの敵

125
3.47

感想・レビュー

フットボールの罪、向かうべき敵      著者の衝撃的なデビュー作。サッカーの敵という邦題は原題の一部しか表してない が、内容に触れると意義深さを... もっと読む
全139アイテム中 1 - 20件を表示

柳下毅一郎に関連する談話室の質問

ツイートする
×